【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

指数で準OP・OP・重賞の芝レースを予想します

2019高松宮記念(GI)・一次予想(枠順確定時点)

今回は、3/24(日)に中京競馬場で行われる、「高松宮記念(GI)」の一次予想を行います。

 

1200mの定量戦です。

現在、枠順が確定し、18頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/23(土)

日経賞     中山 GII

3/24(日)

淀屋橋ステークス 阪神 1600万

美浦ステークス  中山 1600万

六甲ステークス  阪神 OP・L

高松宮記念    中京 GI

 

他の4レースは投稿済みです。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 ロジクライ       80

2位 モズスーパーフレア  78

2位 アレスバローズ    78

2位 ラブカンプー     78

5位 ダノンスマッシュ   77

6位 レッツゴードンキ   76

6位 ナックビーナス    76

6位 ミスターメロディ   76

6位 セイウンコウセイ   76

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

10位 デアレガーロ     75

10位 ペイシャフェシリタ  75

10位 ダイメイプリンセス  75

13位 ティーハーフ     74

13位 ラインスピリット   74

15位 ショウナンアンセム  72

15位 ダイメイフジ     72

15位 スノードラゴン    72

15位 ヒルノデイバロー   72

 

レースレベル

GIとしては物足りないが、今のスプリント界のレベルの低さを考えると、現状考えらえる最強メンツは揃った。

優勝想定ラインは79としておく。

 

そこから、3ポイント下の76までを当落線としておく。

 

GIというだけあって上位は拮抗しているおり、上位拮抗タイプのレースとする。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

また、本レース出走馬の前走は、4つのレースに分類される。

前走オーシャンステークス組が8頭。

前走阪急杯組が5頭。

前走シルクロードステークスが4頭。

前走京都牝馬ステークスが1頭。

参考程度に回顧記事を以下に貼っておく。

前走だけ見るなら、4レースの分析で済むのでそこまで労力を使わないだろう。

keibashisuu.hateblo.jp

keibashisuu.hateblo.jp

keibashisuu.hateblo.jp

keibashisuu.hateblo.jp

 

馬場・展開分析

まずは、コースに関して

今週からAコース→Bコースに変更

→内有利傾向か

 

続いて馬場に関して

19日に芝刈りを行なったとのこと。

→先週よりは高速馬気味になるだろう。

先週までの馬場なら1分7秒台後半ぐらいだろうが、高速化するなら1分7秒ジャストぐらいまではあり得るだろう。これは、土曜日の馬場を見て判断する。

 

展開に関して

1200mで逃げた経験があるのは、モズスーパーフレア、セイウンコウセイ。

基本的にはモズスーパーフレアが逃げてタイムトライアルのような走りをするだろう。

 

ただ、シルクロードステークスでセイウンコウセイが暴走したように、また暴走逃げする可能性もある。

今回セイウンコウセイの鞍上は幸騎手である。

幸騎手とセイウンコウセイのコンビで逃げたことはない。

さらに、今回はブリンカーをつけていない。

これらのことからセイウンコウセイは逃げない可能性が高い。

高松宮記念を制した時のように先行して差す競馬をするのではないだろうか。

 

ということで、モズスーパーフレアが逃げる想定。

となれば、やはりハイペースのタイムトライアル型レースになるだろう。

高速馬場でモズスーパーフレアが止まらなければ、スピードについていける馬が上位独占するだろうし、タフになれば差しが決まる地力勝負だろう。

 

つまり、馬券の組み立て方としては、以下の2択。

①高速馬場のスピード決着と決め打つ

②前が潰れて地力勝負になると決め打つ

 

これは前日の馬場を見ないと決められない。

今回の一次予想に関しては、馬場や展開にこだわらず単純に能力で評価していき、最終予想では当日の馬場に対応させる。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

ロジクライ ベスト指数80

ベストは4走前の富士ステークス

この時の東京は超高速馬場だったので、高速馬場適性があるこの馬には非常に合っていた。

マイルだと超高速馬場でしか走れないが、スプリントなら馬場が多少タフになっても走れるだろうから、タフになる分には気にしなくていいだろう。

 

ただ、スプリントの高速馬場になればスピード負けする可能性はあるので以下でスピード性能を少し検証する。

富士ステークスの1600mの内、最速のラップを踏んだ1200mを抽出すると、1分7秒6となる。

マイルの抽出区間でこれだけのスピードが出せれば、大丈夫ではないだろうかと思う。

 

あとは、能力について。

富士ステークスがベストだが、近3走の指数は75以下で大した指数が出ていなく、前走は74である。

今回はルメールを早め確保していることとGIであることから、メイチだろう。

そして、前走はスタートでぶつけられて位置取りが少し悪くなっている。

これらのことから、前走よりは上げてくると思う。

前走よりは上げてくるとは言っても、富士ステークスの時ほど状態がいいとは思えないし、近3走低値が現実なので抑えまで。

 

モズスーパーフレア ベスト指数78

前走ベスト更新。

近3走は73→75→78と順調に指数を伸ばしており、机上の計算なら80オーバーになる。

ただ、そうはならないだろう。

理由は、

・前走の中山より直線が長く逃げきりは困難なこと。

・前走走りすぎなこと。

2点目に関しては、あれだけのレースをしたら当然反動は残るし、中3週は短すぎる。

反動で指数を落とせば、長い直線で最後垂れて5着ぐらいだろうと思うので、抑えまで。

1分7秒ジャストぐらいが出るような超高速馬場ならばもう少し評価する。

 

アレスバローズ ベスト指数78

ベストは4走前。

この馬のベスト条件は高速馬場。

4走前は高速馬場で好走。

3走前と2走前は時計のかかる馬場で、指数68以下の凡走。

そして、前走は72と少し戻してきました。

前走は高速馬場ではありませんので、今回が高速馬場ならば前走よりは走れるでしょう。

あとは、前走は早じかけで最後垂れていますので、今回最後まで伸びれればベスト時に近い走りができてもおかしくないです。

あと、モズスーパーフレアが速いペースで引っ張れば、もっとも恩恵を受けるのはこの馬でしょう。

近走の凡走を度外視して、抑えぐらいは打っておきたい。

 

ラブカンプー  ベスト指数78

ベストは3走前。

3走前はめちゃくちゃ悪い調教で好走してしまったが、それで馬が終わってしまった印象。

少なくとも近2走を見る限りは買えない。

 

ダノンスマッシュ  ベスト指数77

近3走が75→77→77。

前走は1.5kg増だったし、直線外に切り替えるロスもあったので、実質79ぐらいだろうから、ベスト更新中と言える。

先行して、チョイ差しなので脚質的には最も安定していそう。

ただ、持ち時計が無いので、超高速馬場ならば時計勝負で負ける可能性はある。

スピード勝負に対応できる可能性もあるが、時計の裏付けがないものを1人気で本命にするのは危険だろう。

高速馬場なら抑え、1分8秒ほどかかる馬場ならば本命という感じ。

 

レッツゴードンキ ベスト指数76

前走がベスト。

左回りもいいし、高松宮記念は2年連続2着と好走しているので、その点からは前走より指数を伸ばすと判断できる。

1分8秒ぐらいの時計のかかる馬場なら、普通に重視したい。

あまりに高速馬場ならばスピード負けするだろうから、抑えぐらいにしたい。

 

ナックビーナス ベスト指数76

ベストは前走。

前走の高速馬場のスピード勝負に対応していることからも高速になる分には問題ないし、5走前のキーンランドカップのように時計のかかる馬場でも好走できるため、タフになっても問題ない。

ただ、スピード勝負になったときにモズスーパーフレアには及ばないのでタフになってくれた方がいいだろう。

逆に、タフになったらダノンスマッシュが決め手を発揮しそうでどちらにせよ頭は厳しいか。

指数的には買い目には入ってくる。

 

ミスターメロディ ベスト指数76

ベストは2走前だが、前が止まらない特殊馬場で展開が向いての指数。

前走は73と落としているが、展開の味方なしの地力勝負である前走が実力である

この程度であれば消しか。

 

セイウンコウセイ  ベスト指数76

ベストは4走前。

ただ、近3走は69以下の低値。

安定感もないので消しでいいか。

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

デアレガーロ ベスト指数75

前走がベスト。

この指数では足りない上に、1kg増もあるので、前走以上はないだろう。

消し。 

 

ペイシャフェシリタ ベスト指数75

ベストは4走前。

75でも足りないが、近2走は70以下の低値だし消し。

 

ダイメイプリンセス ベスト指数75

ベストは3走前と4走前。

やはり、11月から3月の冬場は、(0、1、0、10)と全く走らないので消し。

位置を取れないのもマイナス。

 

ティーハーフ ベスト指数74

前走がベスト。

展開が向いた前走でこの指数。

足りないので消し。

 

ラインスピリット ベスト指数74

ベストは4走前。

近3走は72以下の低値。

指数が足りないので消し。

 

ショウナンアンセム  ベスト指数72

ベストは4走前。

指数が足りないので消し。

 

ダイメイフジ ベスト指数72

前走がベスト。

指数が足りないので消し。

 

スノードラゴン ベスト指数72

ベストは3走前。

指数が足りないので消し。

 

ヒルノデイバロー ベスト指数72

ベストは4走前。

指数が足りないので消し。

 

総括 

Bコースへのコース替わりと、芝刈りの影響で馬場がどうなるかは、土曜日の馬場を見るまでわからない。

 

高速馬場になった場合は、現時点で本命を打ちたい馬がいないので調教を見てからの判断か。

タフな馬場であれば、ダノンスマッシュから買いたい。

 

あとは、ロジクライ、モズスーパーフレア、アレスバローズ(高速馬場の場合のみ)、レッツゴードンキ(高速馬場で若干割引)、ナックビーナスなどから馬券を組み立てる感じか。

 

馬券は現時点では

馬連  ◎ー◯▲△△

馬単  ◎→◯▲△△

三連複 ◎ー◯▲△△ー◯▲△△

三連単 ◎→◯▲→◯▲△△

などを想定している。

 

高速馬場なら絶対的な本命不在のため連系。

時計がかかればダノンスマッシュの頭固定の単系も買いたい。

 

馬場状態,オッズ,調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています.

最終予想まで見たいという方はフォローするか,当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

高松宮記念」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

2019六甲ステークス(OP・L)・一次予想(出走馬確定時点)

今回は、3/24(日)に阪神競馬場で行われる、「六甲ステークス(OP・L)」の一次予想を行います。

 

外回り1600mで行われる別定戦です。

現在、出走馬が確定し、17頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/23(土)

日経賞     中山 GII

3/24(日)

淀屋橋ステークス 阪神 1600万

美浦ステークス  中山 1600万

六甲ステークス  阪神 OP・L

高松宮記念    中京 GI

 

基本的に上から順に投稿していきます。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 ストーミーシー   75

1位 クリノヤマトノオー 75

3位 アドマイヤアルバ  74

3位 スピリッツミノル  74

5位 ナイトオブナイツ  73

6位 プロディガルサン  72

6位 ボールライトニング 72

6位 ベルーガ      72

6位 アップクォーク   72

6位 ソーグリッタリング 72

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

11位 コウエイタケル   70

11位 ツーエムマイスター 70

11位 ヴェネト      70

11位 コスモイグナーツ  70

11位 クラウンディバイダ 70

11位 アイトーン     70

17位 サトノフェイバー  65

 

レースレベル

OP特別にしてはメンバーは揃った方。

優勝想定ラインは74としておく。

 

そこから、3ポイント下の71までを当落線としておく。

 

今回は上位混戦タイプと言えるか。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

また、前走大阪城ステークス組が5頭出走しているので参考程度に回顧記事を貼っておく。

keibashisuu.hateblo.jp

 

馬場・展開分析

先週はかなりタフな馬場だった。

今週も木金で雨予報となっていたが、どうやら降らなかったようだ。

馬場は土曜日のレースを見て確認する必要がある。

ひとまず先週に引き続きタフな馬場で想定しておくが、高速馬場に戻っている可能性もあるため、あくまで仮定である。

最終予想では実際の馬場を見て反映させる。

 

展開に関して

逃げそうなのはコスモイグナーツ、ツーエムマイスター、サトノフェイバー。

コスモイグナーツは前走単騎逃げだったがペースは平均的なものだった。

他の馬も平均ペースからややスローぐらいの逃げを打っている。

 

今回もどの馬が逃げようと平均ペースぐらいになるだろう。

 

先行してタフな馬場を長い脚で差して来れる地力のある馬を重視していきたいところ。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

ストーミーシー ベスト指数75

前走がベストも他の3走は70以下の低値。

過去の好走時の馬場を振り返っても、高速馬場での活躍が多いため、前走は高速馬場適性で指数を跳ね上げた。

今回は高速馬場ではないので、凡走時の指数だろう。

消し。

 

クリノヤマトノオー ベスト指数75

近3走は60→75→72

3走前は苦手の高速馬場で惨敗。

2走前はかなりタフな馬場だったので、重馬場適性があるこの馬に最適な馬場だったため好走。

前走も小雨も、レースが流れたこともあって、上がりがかかるレースだったので好走と言える。

今回はというと、タフな馬場になれば、好走条件には当てはまる。

 

前走は、上がりがかかる競馬になったとはいえ本質的には高速馬場だったし、ラスト200mまで前が壁で追えていなかったことを考えると、成長分はあるように感じる。

今回は前走より馬場も合うだろうし、前が壁にならなければ前走より指数を伸ばしてくるだろう。

重視する。

 

アドマイヤアルバ ベスト指数74

ベストは2走前。

ただ、他の3走は71以下の低値である。

2走前はタフな馬場だったので、それが好走条件と考えると、今回は合うだろう。

実際、馬場発表が稍重、重では連対率100%ですね。

 

ただ、3走前のように高速馬場でも上がり最速で走れている。

それを考えると前走は負けすぎ感もあり少し状態落ちかなとも思う。

 

仮に2走前を評価するとしても、2走前はイン突きが綺麗に決まっていたし、今回は2走前から2kg増なので重い印は打てない。

抑えまでか。

 

スピリッツミノル  ベスト指数74

ベストは前走。

前走はベストポジションが取れてかつ54kgという軽斤量だった。

今回は馬場が重くなるのは歓迎だが、3kg増がやはりきついだろう。

頑張っても72ぐらいな気がするし、抑えまで。

 

ナイトオブナイツ  ベスト指数73

ベストは2走前も、他の3走は71以下の低値。

2走前のようにイン突きが決まれば、73ぐらいでは走れる力はある。

 

ただ、近4走の着順が4、4、4、5となっているように、そこそこ追い込んではくるが、差し届かずという競馬が多い。

今回は17頭立ての多頭数で、2走前のようなイン突きを決めるのも難しいだろうし、外を回しても厳しい。

ベスト付近の指数は出ないだろうから消しか。

 

プロディガルサン ベスト指数72

近3走は70→72→71と非常に安定傾向。

特に高指数というわけではないので、人気ほどの評価は打たない

抑えぐらい。

 

ボールライトニング ベスト指数72

ベストは2走前。

他3走は69以下の低値。

2走前は6頭立ての少頭数で追い込みが決まった。

今回は17頭立てて、この頭数をロスなく捌いて上位に来るのは困難だろう。

消し。

 

ベルーガ ベスト指数72

ベストは3走前で斤量は52kg。

その後、2走前53kgで指数69。

前走、54kgで64と、指数を落としている。

 

斤量増で落としたとは限らないが少なくとも成長分は感じられない。

また、ほぼ100%出遅れるので、17頭立てを追い込んで上位に来るのは難しい。

斤量、成長分なし、出遅れを考慮して消し。

 

アップクォーク ベスト指数72

ベストは2走前。

この馬は高速馬場の方がいいのでタフになるのはマイナス。

ただ、距離短縮なのでそこまで気にする必要はないか。

とはいえ、右回りでの勝ちがないので、指数ほどの評価は打たない。

抑えまでか。

 

ソーグリッタリング ベスト指数72

ベストは3走前。

準OPで72は強い勝ち方だったし、しかも最後流していたので、OPに入ってからも期待したものだが、近2走は凡走に終わった。

今回休養を挟んでどうかというところ。

休み明けは走る馬なので抑えぐらいは打っておくか、または、鞍上弱化なので消すか。

 

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

コウエイタケル ベスト指数70

前走がベスト。

そもそもの指数が足りないし、1200mを主戦場としていたこの馬が1600mのタフなレースで指数を上げる要素がない。

消し。

 

ツーエムマイスター ベスト指数70

ベストは2走前だが、斤量52kg。

斤量を考慮すると、56kgで走った前走の指数69がベストか。

普通に足りないので消し。

 

ヴェネト ベスト指数70

2走前がベスト。

指数的には足りない。

また、新人ジョッキーの岩田望来騎手が鞍上。

岩田騎手の力量はまだ分からないが、新人が減量なしで乗るので、指数を落とす確率の方が高いだろう。

消し。

 

コスモイグナーツ  ベスト指数70

前走がベスト。

ただ、前走は平均ペースで単騎逃げと非常に楽な展開だった。

その上3kg増だし、消し。

 

クラウンディバイダ ベスト指数70

ベストは4走前。

近3走は63以下の低値なので消しでいい。

 

アイトーン ベスト指数70

2走前がベスト。

2走前は展開が向いていたし、前走は流れたレースで指数を落としている。

展開が向いて2走前ほど走れても足りないし、成長分はない。

消しでいいか。

 

サトノフェイバー ベスト指数65

前走がベスト。

1年以上前のきさらぎ賞の指数なので、指数は参考外。

指数からは判断できないので、調教が良ければ抑えておきたいところ。

 

総括 

想定通りタフな馬場になればクリノヤマトノオーが本命。

あとは、アドマイヤアルバ、スピリッツミノル 、プロディガルサン、アップクォーク、ソーグリッタリング、サトノフェイバーなどを抑えたい。

 

馬券は現時点では

馬連  ◎ー◯▲△△、、、

三連複 ◎ー◯▲△△ー◯▲△△

などを想定している。

 

クリノヤマトノオーが、馬群を捌くか、外に回すかは枠順次第ではある。

ただ、多頭数なので、詰まるリスクや、外を回すロスを考えると、単系よりは連系で買いたい。

 

馬場状態,オッズ,調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています.

最終予想まで見たいという方はフォローするか,当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

「六甲ステークス」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

2019美浦ステークス(1600万)・一次予想(特別登録時点)

今回は、3/23(土)に中山競馬場で行われる、「美浦ステークス(1600万)」の一次予想を行います。

 

内回り2000mで行われる別定戦です。

現在、特別登録段階で、10頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/23(土)

日経賞     中山 GII

3/24(日)

淀屋橋ステークス 阪神 1600万

美浦ステークス  中山 1600万

六甲ステークス  阪神 OP・L

高松宮記念    中京 GI

 

基本的に上から順に投稿していきます。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 ジェシー      71

2位 サンティール    70

3位 ショウナンマルシェ 68

3位 ケンホファバルト  68

3位 クレッシェンドラヴ 68

6位 シンギュラリティ  67

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

7位 ギブアンドテイク  65

7位 レーツェル     65

9位 ルーカス      62

10位 オウケンブラック   59

 

レースレベル

準OPとしては高いレベル。

優勝想定ラインを72としておく。

そこから、5ポイント下の67までを当落線としておく。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

馬場・展開分析

3/12に芝刈りをしたらしく、3/16、17は高速馬場であった。

週間も雨が降る予定はなく、高速馬場のままだろう。

また、基本的には前が残りやすいだろう。

 

展開に関して

逃げる可能性があるのは、ケンホファバルト、ジェシー

ケンホファバルトはスローで逃げる。

ジェシーは平均からスロー気味。

まあ、どちらが逃げるにせよ早くなることはないだろう。

そして、コース的にはスタートしてすぐ坂を登るのでペースは上がりにくい。

ということで、スローの瞬発力勝負想定でいいだろう。

 

高速馬場のスロー想定なので、先行馬を重視。

後方馬は軽視する。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

ジェシー ベスト指数71

近4走63→64→67→71と指数上昇中。

上昇中なのでまだ伸ばしてくるだろう。

71で既に準OPを勝てる指数だし、上昇分を最も低く見積もっても72以上。

普通に本命。

 

サンティール ベスト指数70

ベストは3走前。

前走や4走前でも68とそこそこの指数を出している。

指数的には買い目に入るが、差し馬なので展開が向かないため抑えまでか。

 

ショウナンマルシェ  ベスト指数68

ベストは前走。

ただ、前走は展開が向いていたし、そこから2kg増なので指数を落とす。

良くて66ぐらいだろう。

消しか。

 

ケンホファヴァルト ベスト指数68

ベストは3走前。

ただ、3走前はかなり展開が向いていたし、そこから1kg増もあるので指数を落とす。

良くて66とか。

消し。

 

クレッシェンドラヴ ベスト指数68

ベストは前走。2走前も67ポイント。

指数的には抑えぐらいか。

ただ、高速馬場適性は無い。

実際レース上がりが34.9秒以下のレースでは、(0、0、2、3)。

さらにこの馬が勝ったレースのレース上がりは35.5, 35.8, 36,5, 35,6と上がりのかかるレースばかり。

ということで、「高速馬場適性無し」という理由で指数的な抑え圏内から脱落する。

消しか。

 

シンギュラリティ ベスト指数67

ベストは前走。

近4走は64ー67と安定傾向。

指数的にはギリギリだが抑えておいた方がいい。

その理由を書く。

この馬は、キャリア20戦中、新馬戦6着以降で19戦連続で掲示板を外していない。

また、20戦のキャリアで3着を外したのはたったの3度のみである。

勝ちきれない詰めの甘さこそ見せるが、相手なりに走る馬である。

したがって、今回は昇級戦になるが、相手強化に伴いパフォーマンスを上げてくる可能性が高い。

 

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

ギブアンドテイク ベスト指数65

ベストは2走前。

普通に足りないので消し。

 

レーツェル ベスト指数65

前走がベスト。

キャリア3戦だが、この3走はほぼ10ポイントぐらいずつ上昇している。

今回2kg増だし、10ポイントも上げてくるとは思わないが、順調に成長すれば勝ち負けだろう。

ただ、脚元に不安を抱えているこの馬の上昇分は不透明であるため、既に指数71を出しているジェシーの方を評価したい。

対抗までか。

 

ルーカス  ベスト指数62

ベストは3走前。

この指数では当然足りないが、NHKマイルからの休み明けで、成長分がどこまであるかを見極める必要がある。

モーリスの全弟ということで、古馬になってから本格化してもおかしく無い。

実際、2歳で活躍して、3歳ではだめ、というとこまではモーリスと同じである。

ここからモーリスと同じ成長曲線を描くかは分からないが、調教次第では印を打つ必要があるだろう。

 

オウケンブラック ベスト指数59

ベスト2走前、消し。

 

総括 

本命はジェシー

現時点での指数も成長見込みも十分本命に値する。

 

あとは、レーツェル、ルーカス。

これらの馬は、レースをあまり使ってないので、実際どれぐらい上げてくるかは不透明。

 

現級馬からはサンティール、

あとは「The相手なり」の昇級馬、シンギュラリティも抑える。

 

馬券的には、 

三連複 ◎ー◯▲△△ー◯▲△△(本線)

三連単 ◎→◯▲△△→◯▲△△(期待値込み)

ぐらいを想定している。

 

レーツェル、ルーカスがどれほどの走りをするかは不明で、これらの馬の素質しだいでは普通に勝ちまでありえるので、三連複を本線とする。

ただ、ジェシーも相当強いので、期待値込みで1着固定の馬券も買っておきたい。

おそらく、良血ルーカスと無敗のレーツェルが人気を吸うだろうから、ジェシー頭固定馬券は期待値は高い。

 

現状での評価はこんな感じで終わり。

馬場状態,オッズ,調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています.

最終予想まで見たいという方はフォローするか,当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

美浦ステークス」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

2019淀屋橋ステークス(1600万)・一次予想(特別登録時点)

今回は、3/24(日)に阪神競馬場で行われる、「淀屋橋ステークス(1600万)」の一次予想を行います。

 

内回り1200mで行われる定量戦です。

現在、特別登録段階で、15頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/23(土)

日経賞     中山 GII

3/24(日)

淀屋橋ステークス 阪神 1600万

美浦ステークス  中山 1600万

六甲ステークス  阪神 OP・L

高松宮記念    中京 GI

 

基本的に上から順に投稿していきます。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 ブライティアレディ 70

1位 メイショウカリン  70

3位 アッラサルーテ   68

3位 ワンアフター    68

3位 アイファープリティ 68

6位 ミラアイトーン   67

6位 キアロスクーロ   67

6位 ラベンダーヴァレイ 67

6位 ブラッククローバー 67

6位 タイセイスターリー 67

6位 イサチルホープ   67

6位 ミトノレインボー  67

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

13位 パーリオミノル   66

14位 エリーティアラ   63

指数無し チェイスダウン 近4走芝レースでない

 

レースレベル

前走トリトンステークス組が3頭。

前走下関ステークス組が5頭。

前走アクアマリンステークス組が2頭。

 

しかし、どれも低レベルなレース。

ということで今回もレベルは低い。

優勝想定ラインは69としておく。

 

そこから、2ポイント下の67までを当落線としておく。

今回、指数1位から3ポイント下の67までが12頭もおり、指数からは混戦タイプのレースと言える。

ただ、短距離では着差がつきにくいため、この程度の混戦は仕方ないか。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

上記3レースの回顧を貼っておく。

keibashisuu.hateblo.jp

keibashisuu.hateblo.jp 

keibashisuu.hateblo.jp

 

馬場・展開分析

先週はかなりタフな馬場だった。

今週も木金で雨予報となっているので、先週と同じくらいだろう。

 

展開に関して

逃げそうなのはイサチルホープブラッククローバー、ミトノレインボー。

下関ステークスをハイペースで引っ張ったブラッククローバーとミトノレインボーが逃げればハイペースになるだろう。

逆にそれらが控えたら、イサチルホープが平均ペースで逃げるだろう。

 

ただ、ハイペースの場合でも、

短距離戦かつ馬場的にも先行有利なのでだ、先行馬がベストポジションになるだろう。

ということで、普通に先行有利想定でよい。

後方馬は軽視する。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

ブライティアレディ ベスト指数70

2走前がベストも斤量は51kg

他の3走は、54kgまたは55kgを背負って指数66ー67と安定傾向。

今回も55kgなので、おそらく66ー67ぐらい。

3着が限界か。

抑え〜消し。

 

メイショウカリン  ベスト指数68

近3走は70→68→68。

3走前は54kg、2走前は54kg、前走は55kgだった。

2走前は若干の騎乗ミスがあったので、実質69から70ぐらいだろう。

となると、55kgの今回は前走と同様の68ぐらいだろう。

先行できて大きく崩れることはないだろうし、馬券には入ってくる。

 

アッラサルーテ ベスト指数68 

近4走は66ー68と安定傾向。

この馬も先行できるので、大きく崩れずにこのぐらいの指数で走るだろう。

馬券には入ってくる。

 

ワンアフター ベスト指数68

ベストは4走前。

前走も67で走っている。

指数的には馬券圏内だが、休み明けなので抑えぐらいまでか。

 

アイファープリティ ベスト指数68

前走がベストも52kgだった。

今回と同じ55kgを背負った2走前は60と指数を落としている。

ということで、斤量で指数を落とすため消し。

 

ミラアイトーン ベスト指数67

ベストは2走前だが、1年8ヶ月前のレースなので全く参考にできない。

そして、前走は今回と同斤量で65。

この指数では足りないが、キャリア7戦と浅いことと、長期休養明けを1度叩いた上積みを考慮して抑えぐらいは打っておくか。

 

キアロスクーロ ベスト指数67

ベストは3走前。

しかし、近2走は展開不向きで指数を落としている。

今回も後方からになるだろうし、展開が向くとは思えないので、指数は足りないだろう。

消し。

 

ラべンダーヴァレイ ベスト指数67

ベストは2走前で53kg。

2kg増と、後方からで展開が向かないことを考慮すると、指数を落として当落線を下回るだろう。

消し。

 

ブラッククローバー ベスト指数67

ベストは3走前。

阪神1200mは得意なようで、(2、0、3、4)、3着以下の内3走は4着である。

しかも、2勝は稍重と重馬場である。

時計がかかる今の馬場は合うだろうし、雨が降ればなおさら狙える。

馬券には入れておきたいと起ころ。

 

タイセイスターリー ベスト指数67

前走がベスト指数。

前走は展開が向いていてのこの当落線ギリギリの指数。

そこから1kg増。

また、前走は折り合ったが、マーフィー騎手ですら折り合わせられないこともあった気性難がある。

指数を落とすと判断して消しても良いだろう。

現時点では抑え〜消しぐらい。

 

イサチルホープ ベスト指数67

前走がベスト。

そこから2kg増では厳しいだろう。

ただ、先行して展開利を受ければ3着まで粘る可能性もあるので、

抑え〜消しぐらい。

 

ミトノレインボー ベスト指数67

ベストは2走前。

そこから4kg増では無理だろう。

消し。

 

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

パーリオミノル ベスト指数66

前走がベスト。

物理的に届かない位置からよく追い込んで4着まで来たという印象で指数以上に評価できる。

ただ、今回も似たような展開になるだろうし、結局は前走ほどが限界か。

相当展開が向けば3着までくる可能性はあるだろうが、そうなる期待値は薄いので消しで良いか。

 

エリーティアラ  ベスト指数63

前走がベスト。

指数的に足りないし5kg増なので普通に消し。

 

チェイスダウン 指数無し 近走芝を使っていないため

芝で走ったこともあるが、未勝利を突破できていない。

消し。

 

総括 

指数67以上が12頭ということで混戦レース。

ただ、定量戦ということもありそこそこ絞ることができた。

 

今のところ、印を打ちたい馬は、

メイショウカリン、アッラサルーテブラッククローバー

 

抑えようと思うのは、ワンアフター、ミラアイトーン

 

抑えか消しかの当落線上にいるのは、ブライティアレディ、タイセイスターリー、イサチルホープ

この中から馬券を組み立てる感じ。

 

現時点では

馬連 ◎◯▲BOX

三連複F ◎◯▲ー◎◯▲ー◎◯▲△△、、、

などを想定している。

 

馬場状態,オッズ,調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています.

最終予想まで見たいという方はフォローするか,当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

淀屋橋ステークス」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

2019日経賞(GII)・一次予想(特別登録時点)

今回は、3/23(土)に中山競馬場で行われる、「日経賞(GII)」の一次予想を行います。

 

内回り2500mで行われる別定戦です。

現在、特別登録段階で、13頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/23(土)

日経賞     中山 GII

3/24(日)

淀屋橋ステークス 阪神 1600万

美浦ステークス  中山 1600万

六甲ステークス  阪神 OP・L

高松宮記念    中京 GI

 

基本的に上から順に投稿していきます。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 エタリオウ     79

2位 ルックトゥワイス  78

3位 クリンチャー    77

4位 チェスナットコート 75

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

5位 サクラアンプルール 74

5位 メイショウテッコン 74

7位 カフェブリッツ   73

7位 ブラックバゴ    73

9位 ハッピーグリン   72

10位 ゴーフォザサミット 71

11位 サトノティターン    70

12位 アクションスター    65

13位 グランアルマダ   55

 

レースレベル

優勝想定ラインを78としておく。

これは、ほぼ平均的なGIIレベル。

そこから、3ポイント下の75までを当落線としておく。

今回、指数1位から4ポイント以内まで4頭しかいないので、指数的には上位がはっきりしているレース。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

馬場・展開分析

3/12に芝刈りをしたらしく、3/16、17は高速馬場であった。

週間も雨が降る予定はなく、高速馬場のままだろう。

また、基本的には前が残りやすいだろう。

 

展開に関して

逃げる可能性があるのは、グランアルマダ、メイショウテッコン。

まあ、どちらが逃げるにせよスロー想定でいいだろう。

(特にグランアルマダはノーザンF生産馬なので、エタリオウを勝たせたいならスローの瞬発力勝負のペースメーカーになるでしょうね。)

 

ということで、スローの瞬発力勝負を想定。

位置取りは基本的に前がいいが、キレがあれば少頭数なので後方からも差し届くだろう。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

エタリオウ ベスト指数79

前走菊花賞でベスト更新。

指数上昇中かつ2kg減なので能力的には圧勝するレベル。

あとは、どこまで仕上げてくるか次第。

追い切りを見て判断するが、本命にするだろう。

 

ルックトゥワイス ベスト指数78

前走ベスト更新。

ただ、斤量負けする馬であるから2kg増はマイナス。

そして、高速馬場で走れない訳ではないが、どちらかというとタフな馬場の方がベスト。

ということで、指数を落としてきて75ポイントよりは下ぐらいだろう。

ほぼ当落線なので抑え〜消しぐらい。

 

クリンチャー ベスト指数77

海外の指数は出していないので、この77という指数は4走前。

そして海外帰りの前走が凡走。

もう、馬が終わっている可能性もある。

少なくとも77を超えることはないし、終わっていれば普通に当落線を下回る。

追い切りを見てから最終判断するが、抑え〜消しか。

 

チェスナットコート ベスト指数75

ベストは4走前。

そして、今回が海外帰り初戦。

ベストを出しても当落線な上に、海外で凡走してからのレース。

追い切りがすごく良いとかでなければ、消すだろう。

 

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

サクラアンプルール ベスト指数74

近4走が74→73→73→71

と安定傾向。

まあ、上積みもないので足りないだろう。

消し。

 

メイショウテッコン ベスト指数74

ベストは4走前。

3走前もベストに匹敵する指数で73。

2走前の菊花賞は距離が長かったのもあるし、瞬発力勝負が向かなかったのもあるだろう。

前走は出遅れてまくったが、まくり失敗だろう。

ということで、近2走の敗因は説明がつく。

ただ、「敗因に隠れたところで実は上積みがありました」となる可能性は低い。

出遅れる可能性もあり、凡走に終わる確率の方が大きいだろうし、消しか。

 

カフェブリッツ  ベスト指数73

3走前がベスト。

高速馬場はあうと思うが、指数が足りない。

消しか。

 

ブラックバゴ ベスト指数73

前走がベスト。

指数は足りないし、高速馬場よりもタフな馬場向き。

消し。

 

ハッピーグリン ベスト指数72

2走前がベスト。

足りないので消し。

 

ゴーフォザサミット ベスト指数71

2走前と4走前がベスト。

休みを挟んで成長しているかはわからないが、近4走の指数からは上昇中ということはない。

追い切りがすごく良いとかでない限り消し。

 

サトノティターン ベスト指数67

ダートの指数は出していないので、この指数は4走前のもの。

足りないので消し。

 

アクションスター ベスト指数65

ベストは3走前。

出走奨励金目当てでGIIに出走しているだけなので、適当に回ってくるだけ。

消し。

 

グランアルマダ ベスト指数55

ベストは2走前。

足りないので消し。

やはり、エタリオウのペースを作るために送り込まれた?

 

総括 

本命はエタリオウ。

指数は圧倒的で他に匹敵する馬がいない。

 

そして、いつも4ポイントぐらい下に当落線を設けているが、それを軽くクリアできそうな馬が他に1頭もいない。

当落線を2,3ポイント下げれば該当馬が出てくるだろうが、そこまで低レベルになると、凡走なのに2、3着とかになる。

凡走界での上位を探すとなると難しく、相手探しは混迷を極めている。

 

ということで、印は

◎エタリオウ

ぐらいか。

 

ただ、馬券的には単勝1倍台だろうし、何も面白みがない。

しかも、前哨戦仕上げで勝ちに来ないとかもありえるので、1倍台で買うには期待値が薄い。

 

となると、やはり調教などを見て相手探しをする必要があるだろうか。

なんとか相手を見つけて、

馬単  ◎→◯▲△

三連単 ◎→◯▲→◯▲△

ぐらいにはしたいところ。

ただ、相手探しが難しく、エタリオウの調教が良くて勝ちに来てるようだったら、単勝だけで確実に回収してもいいか。

 

とりあえず、エタリオウが勝ちに来なければ、カオスなレースになるのでしっかり仕上げて欲しい。

 

馬場状態,オッズ,調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています.

最終予想まで見たいという方はフォローするか,当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

日経賞」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

阪神大賞典 回顧

阪神大賞典の回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちら。 

keibashisuu.hateblo.jp

 

予想と結果

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

 

◎シャケトラ

◯ケントオー

△リッジマン

コルコバード

 

馬連  ◎ー◯

馬単  ◎→◯

三連複 ◎ー◯△△ー◯△△

三連単 ◎→◯△△→◯△△ 

1組を1100円として購入

 

最終予想の意図

◎シャケトラ

圧倒的能力上位

 

そして結果が、

1着 シャケトラ     ◎

2着 カフジプリンス   無

3着 ロードヴァンドール 無

4着 ソールインパクト  無

5着 アドマイヤエイカン 無

 

ということでハズレです。

 

レース回顧

まず今の馬場状態について。

 

そもそも高速馬場ではなくなっているのに加え、やや重ということもあってかなりタフな馬場になっています。

 

レースラップは、

12.7 - 10.8 - 11.4 - 12.1 - 12.3 - 12.9 - 12.0 - 13.0 - 12.7 - 13.0 - 13.0 - 12.6 - 12.5 - 12.1 - 13.4

前半5Fー中盤5Fー後半5Fが59.3ー63.6ー63.6です。

前半はかなりのハイペースで飛ばして、中盤から落ち着いて平均ペースって感じ。

中盤で緩むと、最後は早くなるのが普通だが、今回は中盤と後半のラップに差がない。

これは、中盤が実は緩んでいなかったということを表す。

つまりは、ハイペースで入り、中盤が緩み切らずかなり淡々としたペースになったということ。

 

3000mでどこも緩まなければ全馬潰れて当然で、レース上りが38秒もかかり、位置取りに関係なく長距離適性のある馬ですらほぼ全馬潰れている。

多分、この馬場で、入りの1000mが59.3秒であれば仮に2000mでも全馬潰れるだろう。そこから1000mも残っていたはなおさらである。

 

結局シャケトラとカフジプリンス以外はこの馬場と展開に潰れてしまった。

全馬潰れるなら位置取りは関係なく、むしろ追走に脚を使わされた後方馬の方がきつかっただろう。

 

また、勝ち馬の指数はGIIとしては、高め。

というか、勝ち馬以外は軒並み凡走で、高指数を出したのは勝ち馬だけ。

その指数も特殊レースすぎて測定不能レベルだが、一応78になった。

 

このレースで言えることは以下です。

・馬場も展開もタフな特殊レース

・シャケトラとカフジプリンス以外は最後完全に止まっている

 

ということで、長距離適性が問われたレースでした。

長距離適性とは言っても、もはや3000mを走る適性というより、5000mぐらいのレースに必要な超長距離適性です。

 

それでは1頭ごとの回顧を行なっていきます。

まず、馬券が外れた原因は、

・カフジプリンスの2着

・印を打った馬の凡走。

です。

 

前者はカフジプリンスのところに記すが、後者は総括で記す。

 

1着 シャケトラ ◎

今回のメンバーで唯一の好走。

圧倒的能力上位と長距離適性を示した。

 

2着 カフジプリンス 無

シャケトラに5馬身0.8秒差では評価できるものではなく、このレースを見てカフジプリンスが復活したというのは違うが、長距離適性は示せた。

こんな感じの全馬潰れるような展開になれば好走できるがそのような想定ではいなかったので買い目には入らなかった。

今回、この距離でもズブさを見せており、適性はもっと長い距離(国内にはない距離)だろう。

 

3着 ロードヴァンドール 無

凡走。

後方にいる馬も全馬潰れたので、前にいたまま3着になだれ込んだという感じ。

 

4着 ソールインパクト 無

凡走。

潰れている。

 

5着 アドマイヤエイカン 無

凡走。

潰れている。

 

6着 リッジマン △

凡走。

潰れている。

 

7着 ケントオー ◯

凡走。

近走の好走時は残り300mぐらいでムチを入れているが、今回は600m地点から入っており、手応えがなかったと言える。

 

11着 コルコバード △

凡走。

潰れている。

 

総括  

結局、長距離適性を示した上位2頭以外は、全部脚がとまっていて3着以下の着順は意味がない。

 

3着以下は何が着順に影響したかというと、まずは、

・脚が止まった状態でどれだけ走れるかという適性

である。

つまり、脚が止まった状態で出せるスピード。

こんなのは、サラブレッドのレースでは基本的に問われない適性であるから、今回の着順が次に繋がることがなければ、これまでの指数も今回のレースに全く関係ない。

 

また

・全馬潰れるなら前にいて潰れた方がいい

ということも着順に影響した。

 

結局◯ケントオー、△リッジマン、△コルコバードは、脚が止まったときにスピードを出す適性はなく位置取りも後ろだったことで着順を落としただけ。

このような全馬潰れる特殊レースを想定していないことが、外した原因となった。

この展開を予想するのは難しいし、予想できてもその状態でどの馬が走れるかはわからないので、予想難易度の高いレースとなった。

唯一勝つ道はシャケトラ単勝1点勝負だったか。

 

今週は、このレース含め3レース全敗で2週続けての週間回収率は0%。

月間では1組12900円→2520円の回収率19%。

年間では1組55400円→91410円の回収率165%

 

現在11連敗中で3月は壊滅的。

残り2週で月間100%が現実的な目標か。

 

来週の予定

3/23(土)

日経賞     中山 GII

3/24(日)

淀屋橋ステークス 阪神 1600万

美浦ステークス  中山 1600万

六甲ステークス  阪神 OP・L

高松宮記念    中京 GI

 

今年最初の芝GIも開幕ですね。

ついでに大阪杯の特別登録も出て今から楽しみです。

 

ツイッターはこちらから。

http://twitter.com/K16005、アカウント名K1600

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

但馬ステークス 回顧

但馬ステークスの回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちら。 

keibashisuu.hateblo.jp

 

予想と結果

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

 

アルメリアブルーム

◯モーヴサファイア

▲レイズアベール

 

単勝  ◎  100円

馬単  ◎→◯▲ 100円ずつ

三連複 1点   300円

三連単 ◎→◯▲→◯▲  100円ずつ

1組を800円として購入

 

最終予想の意図

◎イレイション

指数ダントツ1位

 

そして結果が、

1着 モーヴサファイア ◯

2着 フランツ     無

3着 テリトーリアル  無

4着 メイショウキトラ 無

5着 マイネルファンロン 無

 

ということでハズレです。

 

レース回顧

まず今の馬場状態について。

 

そもそも高速馬場ではなくなっているのに加え、やや重ということもあってかなりタフな馬場になっています。

 

レースラップは、

12.8 - 11.6 - 12.3 - 12.4 - 12.1 - 12.5 - 12.0 - 11.6 - 12.0 - 12.8

前半5Fー後半5Fが61.2ー60.9です。

ほぼ平均ペースです。

ベストポジションは中団より前ぐらいだが、それは重要でない。

結局はどの位置からでも、タフな馬場で最後まで伸びれる地力のある馬が好走できるレース。

 

また、レースレベルは準OPとしては、かなり高め。

勝ち馬の指数は74で、OP特別で通用するレベル。

 

このレースで言えることは以下です。

・タフな馬場の地力勝負

 

 

それでは1頭ごとの回顧を行なっていきます。

まず、馬券が外れた原因は、

・◎アルメリアブルームが6着に凡走

・▲レイズアベールが7着に凡走

です。

2,3,4,5着が無印に関しては、◎、▲が凡走したために繰り上がったと判断。

 

あとは、◎がそこそこ走れても圧勝している◯には及ばないでしょう。

すなわち、馬単三連単が当たっていませんから、

・◎モーヴサファイアが圧勝。

というのも敗因の一つです。

これら3点の理由を中心に回顧を書いていきます。

 

1着 モーヴサファイア ◯

指数大幅上昇で自己ベストをマーク。

これで、近3走は68→69→74。

前走が伸ばせなかったのは瞬発力勝負が向かなかったことですから、今回のように地力勝負になれば大幅上昇も納得がいきます。

また、シュタルケ騎手のイン突きのロスないコース選択もあってでしょう。

ただ、シュタルケ騎手は斜行で危険な騎乗ですから、アウトです。

 

2着 フランツ 無

今回は、馬体重を減らしてきた。

軽量馬にとってマイナス8kgは大きく、そこまで伸びしろはないのではないかと思って消した。

その見解の通りで、伸びしろはこれまでより小さいものだった。

ただ、素質は十分で、今後の成長に期待できる。

準OPは軽く突破できるし、重賞でも将来的には勝負になるだろう。

 

3着 テリトーリアル 無

指数ベストを2ポイント更新してきたが、3kg減を考えれば妥当か。

 

4着 メイショウキトラ 無

持ち指数の範囲内の走りで妥当な着順。

 

5着 マイネルファンロン 無

持ち指数の範囲内の走りで妥当。

指数も安定して伸びしろがないので、4歳馬だがもう頭打ちで、このクラスでは勝てない。

 

6着 アルメリアブルーム ◎ 

浜中騎手の騎乗ミスで凡走。

浜中騎手「前走かかってたので、折り合いに重視したいから、後方から」

みたいな意図が見えるレースでした。

まあ、後ろから切れる脚を使える馬ではないので、いくら折り合いがついたとしてもあの位置からでは無理でしょう。

結局、最後は一番伸びていますから完全に脚を余してしまいました。

一流騎手ならば、前に行ってかつ折り合わせるでしょうね。

この辺がトップ騎手との差か。

 

加筆

4コーナーでつまずいて加速が遅れてました。

それがなければ2着まではあったかなという感じ。

しかし、勝ち切るならもっと前のポジションが必要だったという考えに変更は無し。

 

7着 レイズアベール ▲

4コーナーで不利を受けて減速していますね。

内回りの4コーナーで減速しては致命的でしょう。

仮に不利がなくても厳しかったとは思いますけどね。

結局は、スムーズに外に出せないと厳しいということで、内枠なのに印を打ったのがミスだったと言わざるを得ません。

 

総括  

上記理由で的中ならず。

 

今週は、このレース含め3レース全敗で2週続けての週間回収率は0%。

月間では1組12900円→2520円の回収率19%。

年間では1組55400円→91410円の回収率165%

 

現在11連敗中で3月は壊滅的。

残り2週で月間100%が現実的な目標か。

 

来週の予定

3/23(土)

日経賞     中山 GII

3/24(日)

淀屋橋ステークス 阪神 1600万

美浦ステークス  中山 1600万

六甲ステークス  阪神 OP・L

高松宮記念    中京 GI

 

今年最初の芝GIも開幕ですね。

ついでに大阪杯の特別登録も出て今から楽しみです。

 

ツイッターはこちらから。

http://twitter.com/K16005、アカウント名K1600

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

幕張ステークス 回顧

幕張ステークスの回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちら。 

keibashisuu.hateblo.jp

 

予想と結果

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

 

◎イレイション

◯オメガラヴィサン

▲レジーナドーロ

 

三連複 1点   1000円

三連単 ◎→◯▲→◯▲  100円ずつ

1組を1200円として購入

 

最終予想の意図

◎イレイション

指数1位かつ状態もいい

 

そして結果が、

1着 ショウナンライズ 無

2着 イレイション   ◎

3着 トーセンブレス  無

4着 クライムメジャー 無

5着 レジーナドーロ  ▲

 

ということでハズレです。

 

レース回顧

まず今の馬場状態について。

 

先週までと一変して高速馬場になってました。

そして、前が残りやすい馬場でした。

 

レースラップは、

12.6 - 11.5 - 11.8 - 11.4 - 11.5 - 11.6 - 11.3 - 11.9

前半4Fー後半4Fが47.3ー46.3です。

数字的にも、先行馬が残っていることからもスローでいいでしょう。

ベストポジションは最前列ですね。

 

また、レースレベルは準OPとしては、やや低め。

 

勝ち馬の指数は69。

 

このレースで言えることは以下です。

・高速馬場の前残り

・スローで先行有利

・やや低レベル

 

それでは1頭ごとの回顧を行なっていきます。

まず、馬券が外れた原因は、

・◯オメガラヴィサンが6着に凡走

・▲レジーナドーロが5着に凡走

 

仮にこれら2頭が好走していてもショウナンライズが当たっていませんから、

・無印ショウナンライズが1着

 

として、これら3点の理由を中心に回顧を書いていきます。

 

1着 ショウナンライズ 無

この馬の評価は4、5番手ほどで無印。

評価を下げた理由が、

・ゴール前に急坂があるコース(阪神、中山、中京)の成績が(0、0、1、8)と振るわなかったこと。

・ベストは1400mであること。

以上より、ゴール前に坂もある中山マイルでは距離が持たないと考えた。

 

ただ、高速馬場の前残りとスローペースの前残りで指数ベストタイをマークしての1着。

馬場と展開を考えたら馬券には入れるべきであった。

 

2着 イレイション ◎

前走が指数70、今回が指数69と、

ほぼ変わらない指数で好走した。

この年齢で上積みがないことを考えると、準OPを勝つのが精一杯か。

 

3着 トーセンブレス 無

昨年秋以降は、

ローズS秋華賞で通用せずに低指数。

雲雀Sは、後方からでレースに参加できずに低指数。

ということで、現状の正確な能力がわからなかったので、消しとした。

 

今回を見て、準OPで通用するだけの能力はあるかなといった感じ。

ただし、今回の様に少頭数で前との距離が近いことや、スローで脚が溜まることも必要で、展開を選ぶ馬である。

 

4着 クライムメジャー 無

展開利で指数ベストを1ポイントだけ更新してきたが、4着までという感じ。

このクラスでは足りない。

 

5着 レジーナドーロ ▲ 

前走と同指数で67→67。

ただ2kg増を考慮したら成長している。

状態は良さそうで、もっと伸ばすかなと思っていた。

今回はその伸び代を見誤った。

 

6着 オメガラヴィサン ◯

2走前が66、前走が65、そして今回が66。

前走は手応え抜群でムチを3発しか入れずに勝ちきっているので、実質67ぐらいあると仮定した。

そして、そのままの伸び代で68、69ほどまで伸ばして馬券に絡むと思った。

 

ただ、結局指数は現状維持で伸びなかった。

その敗因が過去のレースを見ていてわかった。

「軽くうながすだけで加速できるけど、ムチを入れても大して伸びる馬ではない」

ということ。

すなわち、前走の65は余力があったわけではなく、実力だったということ。

今回は、手応え詐欺にひっかかって印を打ってしまったということです。

これは、一次予想の時点でレース映像をチェックして気づいておくべきでした。

 

総括  

上記の理由で馬券はカスリもせず。

ただ、敗因が分かりやすいのが救いか。

ただ、馬券の買い方にも少し反省が。

ショウナンライズ4、5番手評価なら、◎イレイションから馬連で4点ほどに流せばよかったじゃないかと思いました。馬連52.9倍もついてるし。

 

今週は、このレース含め3レース全敗で2週続けての週間回収率は0%。

月間では1組12900円→2520円の回収率19%。

年間では1組55400円→91410円の回収率165%

 

現在11連敗中で3月は壊滅的。

残り2週で月間100%が現実的な目標か。

 

来週の予定

3/23(土)

日経賞     中山 GII

3/24(日)

淀屋橋ステークス 阪神 1600万

美浦ステークス  中山 1600万

六甲ステークス  阪神 OP・L

高松宮記念    中京 GI

 

今年最初の芝GIも開幕ですね。

ついでに大阪杯の特別登録も出て今から楽しみです。

 

ツイッターはこちらから。

http://twitter.com/K16005、アカウント名K1600

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

2019但馬ステークス(1600万)・一次予想(出走馬確定時点)

今回は、3/17(日)に阪神競馬場で行われる、「但馬ステークス(1600万)」の一次予想を行います。

 

内回り2000mで行われるハンデ戦です。

現在、出走馬が確定し、13頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/16(土)

なし

3/17(日)

幕張ステークス 中山 1600万

但馬ステークス 阪神 1600万

阪神大賞典   阪神 GII

 

他の2レースは投稿済みです。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 アルメリアブルーム 74

2位 レイズアベール   70

2位 オブリゲーション  70

4位 シャルルマーニュ  69

4位 モーヴサファイア  69

6位 マイネルファンロン 68

7位 メイショウキトラ  67

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

8位 テリトーリアル   66

8位 ミスディレクション 66

8位 フランツ      66

8位 トレクァルティスタ 66

12位 バイオレントブロー 65

13位 アポロテキサス   57

 

レースレベル

優勝想定ラインを70としておく。

平均的な準OPレベル。

67までを当落線としておく。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

馬場・展開分析

阪神の今開催は高速馬場で始まったが、徐々に時計がかかるようになってきている。

先週の雨の影響もあり、もはや高速馬場ではないだろう。

土曜日の馬場を詳しく確認する必要あり。

 

展開に関して

逃げそうなのはミスディレクション、テリトーリアル。

どちらも飛ばして逃げるタイプではない。

そして、スタートしてすぐ上り坂があるため、ペースは上がりにくいコース。

 

以上より、スローペース想定。

先行馬重視、後方馬軽視とする。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

アルメリアブルーム ベスト指数74

2走前が74でベスト。

前走が68と落としている。

前走は折り合いがつかない、早め先頭に抜け出してしまう、伸びない最内を通らされるなど、ちぐはぐな競馬。

ただ、前走の悪い内容で68が出せていれば、今回は能力上位だろう。

普通に走れば70は出す。

2走前好走した阪神コースになるのもいいし、先行できるのもいい。

重視。

 

レイズアベール ベスト指数70

ベストは2走前。

追い込み馬だから、今回スロー想定の展開は合わないだろう。

ただ、能力的には上位だし、ベスト時から3kg減るので抑えぐらいは打つか。

あとは、馬場次第。

タフになって差しが決まりやすい馬場であれば、対抗ぐらいまではある。

 

オブリゲーション ベスト指数70

ベストは3走前で展開が向いたもの。

展開が向かない近2走は64→59の低値。

そして、今回はというと、展開は向かない。

消し。

 

シャルルマーニュ ベスト指数69

ベストは4走前。

近4走の指数が69→63→63→64。

近3走が低値。

ただ、3走前はハイペースで潰れた。

2走前は、馬体重大幅増。

前走は前が止まらない特殊馬場で後方からの無理ゲー。

ということで、それなりの敗因がある。

問題なく走れれば、4走前ほどの走りができる可能性もあるため、抑えるかもしれない。

 

モーヴサファイア ベスト指数69

前走ベスト更新。

この馬はロンスパ戦の方がいい。

前走は、2Fの超瞬発力勝負だったがそれでも69を出している。

今回はそこまではならないだろうし、前走よりは向くだろう。

また、先行できる、1kg減、指数上昇中ということで、重視する。

 

マイネルファンロン ベスト指数68

近4走は、68→66→67→66の低値の安定傾向。

4歳馬だがもう成長力はない。

展開が向いて3着まで粘れるか、といったところ。

抑え〜消し。

 

メイショウキトラ ベスト指数67

3走前4走前が67でベスト。

しかし、近2走は、64以下の低値。

さらに、今回、後方からでは、スロー想定の内回りでは展開的に厳しいため消し。

 

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

テリトーリアル ベスト指数66

ベストは前走。

近4走は64〜66で安定傾向。

今回、3kg減と展開利でどこまで上昇させられるかといったところ。

抑え〜消し。

 

ミスディレクション  ベスト指数66

ベストが2走前。

指数は足りないが、2kg減と展開利でどこまで上昇させられるか。

抑え〜消し。

 

フランツ ベスト指数66

前走ベスト更新。

今回も成長分でどれだけ上げてくるかといったところ。

順調にいけば、このクラスも突破するだろう。

今回は、馬体重が減っていないかに注目する。

重視。

 

トレクァルティスタ ベスト指数66

ベストは2走前。

年齢的にも展開的にも斤量的にもなにも上積みはない。

消し。

 

バイオレントブロー ベスト指数65

前走ベスト更新。

ただ、前走は特殊馬場で前が残っただけで、評価できない。

しかし、2kg減だし、先行できるというのはいい。

抑え〜消し。

 

アポロテキサス ベスト指数57

近4走で芝は3走前だけで、その指数しかない。

ただ、普通に低いので消し。

 

総括 

重視したいのは、アルメリアブルーム、モーヴサファイア、フランツ。

この中から本命を打つ。

 

あとは、抑える可能性があるのは、レイズアベール、シャルルマーニュマイネルファンロン、テリトーリアル、ミスディレクション、バイオレントブローなど。

抑えはこの中から3〜4頭に絞るだろう。

 

馬券的には現時点ではこんな感じを想定している。

馬連  ◎ー◯▲

馬単  ◎→◯▲

三連複 ◎ー◯▲ー◯▲△△△

三連単 ◎→◯▲→◯▲△△△

 

馬場状態,オッズ,調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています.

最終予想まで見たいという方はフォローするか,当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

「但馬ステークス」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

2019阪神大賞典(GII)・一次予想(出走馬確定時点)

今回は、3/17(日)に阪神競馬場で行われる、「阪神大賞典(GII)」の一次予想を行います。

 

内回り1周半の3000mで行われる別定戦です。

現在、出走馬が確定し、11頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/16(土)

なし

3/17(日)

幕張ステークス 中山 1600万

但馬ステークス 阪神 1600万

阪神大賞典   阪神 GII

 

幕張S(投稿済み)→阪神大賞典(now)→但馬の順に投稿します。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 ロードヴァンドール 79

2位 ステイインシアトル 77

3位 シャケトラ     76

4位 カフジプリンス   75

4位 リッジマン     75

6位 コルコバード    74

6位 ケントオー     74

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

8位 ソールインパクト   73

8位 サイモンラムセス   73

10位 ヴォージュ     72

11位 アドマイヤエイカン 70

 

レースレベル

優勝想定ラインを76としておく。

GIIとしては少し低いが、長距離界のレベルを考えるとこんなもの。

そこから、2ポイント下の74までを当落線としておく。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

馬場・展開分析

阪神の今開催は高速馬場で始まったが、徐々に時計がかかるようになってきている。

先週の雨の影響もあり、もはや高速馬場ではないだろう。

土曜日の馬場を詳しく確認する必要あり。

 

展開に関して

逃げそうなのはヴォージュ、サイモンラムセス 、ステイインシアトル。

3000mなので逃げ馬に関係なく、スローになる。

そして、残り800mの坂の下りあたりからペースが上がる。

というのも、アドマイヤエイカン、ヴォージュ、ソールインパクト、シャケトラなど早めに先頭に立ちたそうな馬も多いからである。

以上より、スローの800mロンスパ戦になる。

 

そのため、残り800mでの位置取りが大事。

残り800mで後方だとロンスパで差を詰めるのに脚が削がれる。

したがって、先行して持続力を発揮できる馬がベスト。

しかし、早仕掛け気味の馬が多いようだと、多くの馬が先行して潰れる可能性もある。

そうなったときに、ロンスパに付き合わず、後方でじっと脚を溜めた馬にチャンスが出てくる。

 

今回は、先行して強い馬が押し切るパターンと、早めに仕掛けあって前が潰れ後方馬がバテ差しを決めるパターン両方を想定しておく。

ただ、後方馬は展開待ちなので、抑えぐらいにしておいて、強い先行馬に本命を打ちたいところ。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

ロードヴァンドール ベスト指数79

ベストは4走前だが、それは1年以上前。

79という指数を見るに、走る能力はある。

しかし、今もこの能力で走れるかは分からない。

休み明けの近2走は大敗だが、2走前は最後方から回ってきただけだし、前走はハイペースで潰れている。

したがって、近2走からこの馬の状態を測ることはできない。

今回どの程度能力を発揮できるかは、不明。

不明なので買うとしても抑えだが、消してもいいか。

 

ステイインシアトル ベスト指数77

ベストは4走前。

この指数を見るに能力はある。

ただ、前走は休み明けで大敗している。

これを、休み明けだからと判断するか、馬が終わったと見るか。

私は、前走は、休み明けだったが好仕上がりだったと思う。

ということは、ひと叩きしての変わり身はないと判断し、消し。

 

シャケトラ ベスト指数76

休み明けの前走が76、休みに入る前の2走前が76。

休みを挟んでも、出来落ちはないということ。

先行して、好意差しできそうで、洗濯したい条件にもマッチするので普通に重視する。

 

カフジプリンス ベスト指数75

ベストは4走前で2017年のレース。

休み明けの近2走は69→67の低値。

前走まだ太目な気もした。

絞れてくれば上昇見込みはあるとは思うが、2走も続けて70以下の指数では消しでいいか。

 

リッジマン ベスト指数75

2走前と3走前がベストで75。

前走は、有馬記念で68だが、ペースが流れてきつかったし、位置取り的にも不可能だった。

スローから、好意差しが出来そうな今回なら、ベストほどの走りができてもおかしくはない。

買い。

 

コルコバード ベスト指数74

近3走は、73→73→74と安定傾向。

ただ、前が潰れるような早仕掛けになれば、漁夫の利を受けるのはこの馬だろう。

展開次第なところもあるので、抑えぐらいか。

 

ケントオー ベスト指数74

近2走が73→74とタフな馬場で力を発揮している。

今回は、近2走よりは軽いので指数は落とすだろう。

ただ、前が潰れるタフな展開になれば、突っ込んでくる可能性はなくはない。

抑えから消しぐらい。

 

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

ソールインパクト ベスト指数73

ベストは4走前。

それでも足りないだろうが、前走が69と低値だし、そこから2kg増だし、消し。

 

サイモンラムセス  ベスト指数73

ベストが2走前。

それは、53kgだったし、展開も向いての指数。

他の3走は68以下の低値だし、消し。

 

ヴォージュ ベスト指数72

前走がベスト。

前走は、スローで離した逃げ、からの後続を完封する完璧なラップ。

前走ほど完璧に乗って72なので、足りないだろう。

ただ、今回少頭数でメンバーレベルが低いことを考えると、先行馬ではシャケトラ、リッジマンの次ぐらいに評価している。

前残り展開になった場合の3番手として買っておくべきだろう。

 

アドマイヤエイカン ベスト指数70

ベストは2走前。

ステーヤーズステークス2着だが、レベルの低いレースだから評価しない。

消し。

 

総括 

基本的には先行馬から。

シャケトラ、リッジマン、ヴォージュの順に評価している。

ロンスパで前が潰れた時に差してくるだろう馬は、コルコバード、ケントオー。

 

現時点では、シャケトラが本命。

馬券的には現時点では、

馬連  ◎ー◯▲△△

馬単  ◎→◯▲△△

三連複 ◎ー◯▲△△ー◯▲△△

三連単 ◎→◯▲→◯▲△△

 

馬場状態,オッズ,調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています.

最終予想まで見たいという方はフォローするか,当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

阪神大賞典」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280