【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

指数で準OP・OP・重賞の芝レースを予想します

2019六甲ステークス(OP・L)・一次予想(出走馬確定時点)

今回は、3/24(日)に阪神競馬場で行われる、「六甲ステークス(OP・L)」の一次予想を行います。

 

外回り1600mで行われる別定戦です。

現在、出走馬が確定し、17頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/23(土)

日経賞     中山 GII

3/24(日)

淀屋橋ステークス 阪神 1600万

美浦ステークス  中山 1600万

六甲ステークス  阪神 OP・L

高松宮記念    中京 GI

 

基本的に上から順に投稿していきます。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 ストーミーシー   75

1位 クリノヤマトノオー 75

3位 アドマイヤアルバ  74

3位 スピリッツミノル  74

5位 ナイトオブナイツ  73

6位 プロディガルサン  72

6位 ボールライトニング 72

6位 ベルーガ      72

6位 アップクォーク   72

6位 ソーグリッタリング 72

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

11位 コウエイタケル   70

11位 ツーエムマイスター 70

11位 ヴェネト      70

11位 コスモイグナーツ  70

11位 クラウンディバイダ 70

11位 アイトーン     70

17位 サトノフェイバー  65

 

レースレベル

OP特別にしてはメンバーは揃った方。

優勝想定ラインは74としておく。

 

そこから、3ポイント下の71までを当落線としておく。

 

今回は上位混戦タイプと言えるか。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

また、前走大阪城ステークス組が5頭出走しているので参考程度に回顧記事を貼っておく。

keibashisuu.hateblo.jp

 

馬場・展開分析

先週はかなりタフな馬場だった。

今週も木金で雨予報となっていたが、どうやら降らなかったようだ。

馬場は土曜日のレースを見て確認する必要がある。

ひとまず先週に引き続きタフな馬場で想定しておくが、高速馬場に戻っている可能性もあるため、あくまで仮定である。

最終予想では実際の馬場を見て反映させる。

 

展開に関して

逃げそうなのはコスモイグナーツ、ツーエムマイスター、サトノフェイバー。

コスモイグナーツは前走単騎逃げだったがペースは平均的なものだった。

他の馬も平均ペースからややスローぐらいの逃げを打っている。

 

今回もどの馬が逃げようと平均ペースぐらいになるだろう。

 

先行してタフな馬場を長い脚で差して来れる地力のある馬を重視していきたいところ。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

ストーミーシー ベスト指数75

前走がベストも他の3走は70以下の低値。

過去の好走時の馬場を振り返っても、高速馬場での活躍が多いため、前走は高速馬場適性で指数を跳ね上げた。

今回は高速馬場ではないので、凡走時の指数だろう。

消し。

 

クリノヤマトノオー ベスト指数75

近3走は60→75→72

3走前は苦手の高速馬場で惨敗。

2走前はかなりタフな馬場だったので、重馬場適性があるこの馬に最適な馬場だったため好走。

前走も小雨も、レースが流れたこともあって、上がりがかかるレースだったので好走と言える。

今回はというと、タフな馬場になれば、好走条件には当てはまる。

 

前走は、上がりがかかる競馬になったとはいえ本質的には高速馬場だったし、ラスト200mまで前が壁で追えていなかったことを考えると、成長分はあるように感じる。

今回は前走より馬場も合うだろうし、前が壁にならなければ前走より指数を伸ばしてくるだろう。

重視する。

 

アドマイヤアルバ ベスト指数74

ベストは2走前。

ただ、他の3走は71以下の低値である。

2走前はタフな馬場だったので、それが好走条件と考えると、今回は合うだろう。

実際、馬場発表が稍重、重では連対率100%ですね。

 

ただ、3走前のように高速馬場でも上がり最速で走れている。

それを考えると前走は負けすぎ感もあり少し状態落ちかなとも思う。

 

仮に2走前を評価するとしても、2走前はイン突きが綺麗に決まっていたし、今回は2走前から2kg増なので重い印は打てない。

抑えまでか。

 

スピリッツミノル  ベスト指数74

ベストは前走。

前走はベストポジションが取れてかつ54kgという軽斤量だった。

今回は馬場が重くなるのは歓迎だが、3kg増がやはりきついだろう。

頑張っても72ぐらいな気がするし、抑えまで。

 

ナイトオブナイツ  ベスト指数73

ベストは2走前も、他の3走は71以下の低値。

2走前のようにイン突きが決まれば、73ぐらいでは走れる力はある。

 

ただ、近4走の着順が4、4、4、5となっているように、そこそこ追い込んではくるが、差し届かずという競馬が多い。

今回は17頭立ての多頭数で、2走前のようなイン突きを決めるのも難しいだろうし、外を回しても厳しい。

ベスト付近の指数は出ないだろうから消しか。

 

プロディガルサン ベスト指数72

近3走は70→72→71と非常に安定傾向。

特に高指数というわけではないので、人気ほどの評価は打たない

抑えぐらい。

 

ボールライトニング ベスト指数72

ベストは2走前。

他3走は69以下の低値。

2走前は6頭立ての少頭数で追い込みが決まった。

今回は17頭立てて、この頭数をロスなく捌いて上位に来るのは困難だろう。

消し。

 

ベルーガ ベスト指数72

ベストは3走前で斤量は52kg。

その後、2走前53kgで指数69。

前走、54kgで64と、指数を落としている。

 

斤量増で落としたとは限らないが少なくとも成長分は感じられない。

また、ほぼ100%出遅れるので、17頭立てを追い込んで上位に来るのは難しい。

斤量、成長分なし、出遅れを考慮して消し。

 

アップクォーク ベスト指数72

ベストは2走前。

この馬は高速馬場の方がいいのでタフになるのはマイナス。

ただ、距離短縮なのでそこまで気にする必要はないか。

とはいえ、右回りでの勝ちがないので、指数ほどの評価は打たない。

抑えまでか。

 

ソーグリッタリング ベスト指数72

ベストは3走前。

準OPで72は強い勝ち方だったし、しかも最後流していたので、OPに入ってからも期待したものだが、近2走は凡走に終わった。

今回休養を挟んでどうかというところ。

休み明けは走る馬なので抑えぐらいは打っておくか、または、鞍上弱化なので消すか。

 

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

コウエイタケル ベスト指数70

前走がベスト。

そもそもの指数が足りないし、1200mを主戦場としていたこの馬が1600mのタフなレースで指数を上げる要素がない。

消し。

 

ツーエムマイスター ベスト指数70

ベストは2走前だが、斤量52kg。

斤量を考慮すると、56kgで走った前走の指数69がベストか。

普通に足りないので消し。

 

ヴェネト ベスト指数70

2走前がベスト。

指数的には足りない。

また、新人ジョッキーの岩田望来騎手が鞍上。

岩田騎手の力量はまだ分からないが、新人が減量なしで乗るので、指数を落とす確率の方が高いだろう。

消し。

 

コスモイグナーツ  ベスト指数70

前走がベスト。

ただ、前走は平均ペースで単騎逃げと非常に楽な展開だった。

その上3kg増だし、消し。

 

クラウンディバイダ ベスト指数70

ベストは4走前。

近3走は63以下の低値なので消しでいい。

 

アイトーン ベスト指数70

2走前がベスト。

2走前は展開が向いていたし、前走は流れたレースで指数を落としている。

展開が向いて2走前ほど走れても足りないし、成長分はない。

消しでいいか。

 

サトノフェイバー ベスト指数65

前走がベスト。

1年以上前のきさらぎ賞の指数なので、指数は参考外。

指数からは判断できないので、調教が良ければ抑えておきたいところ。

 

総括 

想定通りタフな馬場になればクリノヤマトノオーが本命。

あとは、アドマイヤアルバ、スピリッツミノル 、プロディガルサン、アップクォーク、ソーグリッタリング、サトノフェイバーなどを抑えたい。

 

馬券は現時点では

馬連  ◎ー◯▲△△、、、

三連複 ◎ー◯▲△△ー◯▲△△

などを想定している。

 

クリノヤマトノオーが、馬群を捌くか、外に回すかは枠順次第ではある。

ただ、多頭数なので、詰まるリスクや、外を回すロスを考えると、単系よりは連系で買いたい。

 

馬場状態,オッズ,調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています.

最終予想まで見たいという方はフォローするか,当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

「六甲ステークス」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280