【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

指数で準OP・OP・重賞の芝レースを予想します

2019高松宮記念(GI)・一次予想(枠順確定時点)

今回は、3/24(日)に中京競馬場で行われる、「高松宮記念(GI)」の一次予想を行います。

 

1200mの定量戦です。

現在、枠順が確定し、18頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/23(土)

日経賞     中山 GII

3/24(日)

淀屋橋ステークス 阪神 1600万

美浦ステークス  中山 1600万

六甲ステークス  阪神 OP・L

高松宮記念    中京 GI

 

他の4レースは投稿済みです。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 ロジクライ       80

2位 モズスーパーフレア  78

2位 アレスバローズ    78

2位 ラブカンプー     78

5位 ダノンスマッシュ   77

6位 レッツゴードンキ   76

6位 ナックビーナス    76

6位 ミスターメロディ   76

6位 セイウンコウセイ   76

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

10位 デアレガーロ     75

10位 ペイシャフェシリタ  75

10位 ダイメイプリンセス  75

13位 ティーハーフ     74

13位 ラインスピリット   74

15位 ショウナンアンセム  72

15位 ダイメイフジ     72

15位 スノードラゴン    72

15位 ヒルノデイバロー   72

 

レースレベル

GIとしては物足りないが、今のスプリント界のレベルの低さを考えると、現状考えらえる最強メンツは揃った。

優勝想定ラインは79としておく。

 

そこから、3ポイント下の76までを当落線としておく。

 

GIというだけあって上位は拮抗しているおり、上位拮抗タイプのレースとする。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

また、本レース出走馬の前走は、4つのレースに分類される。

前走オーシャンステークス組が8頭。

前走阪急杯組が5頭。

前走シルクロードステークスが4頭。

前走京都牝馬ステークスが1頭。

参考程度に回顧記事を以下に貼っておく。

前走だけ見るなら、4レースの分析で済むのでそこまで労力を使わないだろう。

keibashisuu.hateblo.jp

keibashisuu.hateblo.jp

keibashisuu.hateblo.jp

keibashisuu.hateblo.jp

 

馬場・展開分析

まずは、コースに関して

今週からAコース→Bコースに変更

→内有利傾向か

 

続いて馬場に関して

19日に芝刈りを行なったとのこと。

→先週よりは高速馬気味になるだろう。

先週までの馬場なら1分7秒台後半ぐらいだろうが、高速化するなら1分7秒ジャストぐらいまではあり得るだろう。これは、土曜日の馬場を見て判断する。

 

展開に関して

1200mで逃げた経験があるのは、モズスーパーフレア、セイウンコウセイ。

基本的にはモズスーパーフレアが逃げてタイムトライアルのような走りをするだろう。

 

ただ、シルクロードステークスでセイウンコウセイが暴走したように、また暴走逃げする可能性もある。

今回セイウンコウセイの鞍上は幸騎手である。

幸騎手とセイウンコウセイのコンビで逃げたことはない。

さらに、今回はブリンカーをつけていない。

これらのことからセイウンコウセイは逃げない可能性が高い。

高松宮記念を制した時のように先行して差す競馬をするのではないだろうか。

 

ということで、モズスーパーフレアが逃げる想定。

となれば、やはりハイペースのタイムトライアル型レースになるだろう。

高速馬場でモズスーパーフレアが止まらなければ、スピードについていける馬が上位独占するだろうし、タフになれば差しが決まる地力勝負だろう。

 

つまり、馬券の組み立て方としては、以下の2択。

①高速馬場のスピード決着と決め打つ

②前が潰れて地力勝負になると決め打つ

 

これは前日の馬場を見ないと決められない。

今回の一次予想に関しては、馬場や展開にこだわらず単純に能力で評価していき、最終予想では当日の馬場に対応させる。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

ロジクライ ベスト指数80

ベストは4走前の富士ステークス

この時の東京は超高速馬場だったので、高速馬場適性があるこの馬には非常に合っていた。

マイルだと超高速馬場でしか走れないが、スプリントなら馬場が多少タフになっても走れるだろうから、タフになる分には気にしなくていいだろう。

 

ただ、スプリントの高速馬場になればスピード負けする可能性はあるので以下でスピード性能を少し検証する。

富士ステークスの1600mの内、最速のラップを踏んだ1200mを抽出すると、1分7秒6となる。

マイルの抽出区間でこれだけのスピードが出せれば、大丈夫ではないだろうかと思う。

 

あとは、能力について。

富士ステークスがベストだが、近3走の指数は75以下で大した指数が出ていなく、前走は74である。

今回はルメールを早め確保していることとGIであることから、メイチだろう。

そして、前走はスタートでぶつけられて位置取りが少し悪くなっている。

これらのことから、前走よりは上げてくると思う。

前走よりは上げてくるとは言っても、富士ステークスの時ほど状態がいいとは思えないし、近3走低値が現実なので抑えまで。

 

モズスーパーフレア ベスト指数78

前走ベスト更新。

近3走は73→75→78と順調に指数を伸ばしており、机上の計算なら80オーバーになる。

ただ、そうはならないだろう。

理由は、

・前走の中山より直線が長く逃げきりは困難なこと。

・前走走りすぎなこと。

2点目に関しては、あれだけのレースをしたら当然反動は残るし、中3週は短すぎる。

反動で指数を落とせば、長い直線で最後垂れて5着ぐらいだろうと思うので、抑えまで。

1分7秒ジャストぐらいが出るような超高速馬場ならばもう少し評価する。

 

アレスバローズ ベスト指数78

ベストは4走前。

この馬のベスト条件は高速馬場。

4走前は高速馬場で好走。

3走前と2走前は時計のかかる馬場で、指数68以下の凡走。

そして、前走は72と少し戻してきました。

前走は高速馬場ではありませんので、今回が高速馬場ならば前走よりは走れるでしょう。

あとは、前走は早じかけで最後垂れていますので、今回最後まで伸びれればベスト時に近い走りができてもおかしくないです。

あと、モズスーパーフレアが速いペースで引っ張れば、もっとも恩恵を受けるのはこの馬でしょう。

近走の凡走を度外視して、抑えぐらいは打っておきたい。

 

ラブカンプー  ベスト指数78

ベストは3走前。

3走前はめちゃくちゃ悪い調教で好走してしまったが、それで馬が終わってしまった印象。

少なくとも近2走を見る限りは買えない。

 

ダノンスマッシュ  ベスト指数77

近3走が75→77→77。

前走は1.5kg増だったし、直線外に切り替えるロスもあったので、実質79ぐらいだろうから、ベスト更新中と言える。

先行して、チョイ差しなので脚質的には最も安定していそう。

ただ、持ち時計が無いので、超高速馬場ならば時計勝負で負ける可能性はある。

スピード勝負に対応できる可能性もあるが、時計の裏付けがないものを1人気で本命にするのは危険だろう。

高速馬場なら抑え、1分8秒ほどかかる馬場ならば本命という感じ。

 

レッツゴードンキ ベスト指数76

前走がベスト。

左回りもいいし、高松宮記念は2年連続2着と好走しているので、その点からは前走より指数を伸ばすと判断できる。

1分8秒ぐらいの時計のかかる馬場なら、普通に重視したい。

あまりに高速馬場ならばスピード負けするだろうから、抑えぐらいにしたい。

 

ナックビーナス ベスト指数76

ベストは前走。

前走の高速馬場のスピード勝負に対応していることからも高速になる分には問題ないし、5走前のキーンランドカップのように時計のかかる馬場でも好走できるため、タフになっても問題ない。

ただ、スピード勝負になったときにモズスーパーフレアには及ばないのでタフになってくれた方がいいだろう。

逆に、タフになったらダノンスマッシュが決め手を発揮しそうでどちらにせよ頭は厳しいか。

指数的には買い目には入ってくる。

 

ミスターメロディ ベスト指数76

ベストは2走前だが、前が止まらない特殊馬場で展開が向いての指数。

前走は73と落としているが、展開の味方なしの地力勝負である前走が実力である

この程度であれば消しか。

 

セイウンコウセイ  ベスト指数76

ベストは4走前。

ただ、近3走は69以下の低値。

安定感もないので消しでいいか。

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

デアレガーロ ベスト指数75

前走がベスト。

この指数では足りない上に、1kg増もあるので、前走以上はないだろう。

消し。 

 

ペイシャフェシリタ ベスト指数75

ベストは4走前。

75でも足りないが、近2走は70以下の低値だし消し。

 

ダイメイプリンセス ベスト指数75

ベストは3走前と4走前。

やはり、11月から3月の冬場は、(0、1、0、10)と全く走らないので消し。

位置を取れないのもマイナス。

 

ティーハーフ ベスト指数74

前走がベスト。

展開が向いた前走でこの指数。

足りないので消し。

 

ラインスピリット ベスト指数74

ベストは4走前。

近3走は72以下の低値。

指数が足りないので消し。

 

ショウナンアンセム  ベスト指数72

ベストは4走前。

指数が足りないので消し。

 

ダイメイフジ ベスト指数72

前走がベスト。

指数が足りないので消し。

 

スノードラゴン ベスト指数72

ベストは3走前。

指数が足りないので消し。

 

ヒルノデイバロー ベスト指数72

ベストは4走前。

指数が足りないので消し。

 

総括 

Bコースへのコース替わりと、芝刈りの影響で馬場がどうなるかは、土曜日の馬場を見るまでわからない。

 

高速馬場になった場合は、現時点で本命を打ちたい馬がいないので調教を見てからの判断か。

タフな馬場であれば、ダノンスマッシュから買いたい。

 

あとは、ロジクライ、モズスーパーフレア、アレスバローズ(高速馬場の場合のみ)、レッツゴードンキ(高速馬場で若干割引)、ナックビーナスなどから馬券を組み立てる感じか。

 

馬券は現時点では

馬連  ◎ー◯▲△△

馬単  ◎→◯▲△△

三連複 ◎ー◯▲△△ー◯▲△△

三連単 ◎→◯▲→◯▲△△

などを想定している。

 

高速馬場なら絶対的な本命不在のため連系。

時計がかかればダノンスマッシュの頭固定の単系も買いたい。

 

馬場状態,オッズ,調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています.

最終予想まで見たいという方はフォローするか,当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

高松宮記念」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280