【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

指数で準OP・OP・重賞の芝レースを予想します

石清水ステークス 回顧

石清水ステークスの回顧記事を書いていきます。

 

予想はこちらでした。

◎レッドアンシェル

◯タイムトリップ

▲ボンセルヴィーソ

☆レインボーフラッグ

△ジョイフル

アマルフィコースト

△ヤマカツグレース

最終予想はこちら

https://keibashisuu.hateblo.jp/entry/2019/01/20/124245

 

そして結果が

1着 タイムトリップ   ◯  指数1位   7人気

2着 レッドアンシェル  ◎ 指数無し   1人気

3着 ジョイフル     △  指数無し   2人気

4着 レインボーフラッグ ☆  指数2位タイ 5人気

5着 ボンセルヴィーソ  ▲ 指数無し   4人気

でした。

 

掲示板を独占しました。人気馬じゃないかと言われればそうなのですが、タイムトリップを7人気で対抗に置き、三連複の2列目に置けたのは、好プレーだと思います。

レッドアンシェルも最終的に1番人気になったとは言え、抜けた一番人気ではないですから、いい予想ができたと思います。

 

買い目は

三連複 ◎ー◯▲ー◯▲☆△△△ 9点 的中7240円

馬連  ◎ー◯▲ 2点        的中4080円

馬単  ◎→◯▲ 2点        外れ

三連単 ◎→◯→◯ 1点(遊び)   外れ

でしたので、三連複、馬連が的中で100円ずつでも三連複が72.4倍、馬連が40.8倍と10000万円を超える的中となりました!ブログを書いてからの初的中で、普段一人で当てる時よりだいぶ嬉しいです。

 

個人的には、ボンセルヴィーソの馬体重増を見て、印を下げたので三連複は5点で取れました笑。それはどうでもいいことにしましょう。

とは言え、馬体重見る前の最終予想には問題がありそうです。ですが、馬体重を見てからの最終予想では、更新がギリギリになってしまうので、どうしたらいいのかと考え中です。まあ、来週までに考えておきます。

 

さて、レース回顧を行います。

馬場、展開

もともとタフな上に稍重ということもあり、上がり3Fは35.8とかなり時計がかかりましたね。その上、短距離戦らしく淡々とした平均的な流れになったので、地力が要求されるレースとなりなした。地力勝負になれば、指数がハマりやすいですからよかったです。

レースレベル

1600万条件としては、かなりレベルの高いレースになりました。

上位勢が次走好走できるかなどを含めて、印を打った馬と掲示板に来た馬の回顧を行います。

 

1着 タイムトリップ ◯ 指数1位

前走のファイナルステークス(予想記事でもレベルが高いと書きました)を評価しての対抗としました。近走の出馬表の見栄えが悪いからか、人気しませんでしたね。こういう着順では判断できない強い馬を見抜くのが指数予想ですので、今回はハマった形になりました。

おそらく指数ベストを更新していることと思います。(あとで算出します)

ただ、それには馬場の助けもあったでしょうね。タフな馬場があっているということでしょう。次走仮にこのような馬場であれば、OPクラスで通用することと思います。

内枠を引いて先行してほしいと書きましたが、先行とはいかなくても、中段のいい位置でレースを運ぶことができました。

平均的な流れになり、レッドアンシェルと同じ位置にいた時点で、あたりを確信しました笑。

 

2着 レッドアンシェル ◎ 指数無し

勝っていれば馬単も的中だったんですが、最後にタイムトリップが自己ベストの走りで追い込んできました。ただ、この馬も想定通りの走りはしています。

馬体を減らしながら使う馬ですので、10kg以上増えてほしいと最終予想で書きましたが、プラス22kgで見た瞬間に「よし」と思いました。

最後差された分は馬体重増が増えすぎた分ですかね。

プラス15ぐらいだったら直線突き抜けてそうにも思います。

今後は馬体重を減らしながら使っていけば、次走、次々走とパフォーマンスは上げていきそうです。

ただ、減らしすぎてもいけないので、使えるレース数は限られますので、1600万条件で足踏みしてしまったのは痛いですね。

次走も1600万条件ならば、一番人気確実ですが、明らかに能力上位ですので狙いましょう。

 

3着 ジョイフル △ 指数無し

最終予想では、「前走は低レベルだが、デムーロが内でためれば、突き抜けるかも。京都外回りは内が開くから 」と書きました。

突き抜けるまではいかなかったものの、ほぼほぼ想定通りでした。

デムーロ騎手が好騎乗で3着まで持ってきましたね。(昨日のアシュリンでこれをやってくれ笑)

 

4着 レインボーフラッグ ☆ 指数2位

指数通りの走りで、好位も取ってくれましたが、このレースはレベルが高かったですからね。

 

5着 ボンセルヴィーソ ▲ 指数無し

馬体重プラス16kgを見て前走ほどの出来にないと判断し、△まで印を落としました。

上でも書きましたが、最終予想のタイミングはどうにかしたほうがいいですね。

 

さて、以下では印を打った他の馬についも簡単に書いていきます。

 

7着 ヤマカツグレース △ 指数2位タイ

内で競馬してほしい馬だったので、外枠で評価を落とし、指数2位タイほどの実力は出せないと判断し、抑え評価としましたが、その通りでした。道中外を回っていては、ハイレベルの1600万条件ではこんなもんでしょう。

 

8着 アマルフィコースト △ 指数6位タイ

明け4歳馬ですが、成長が見られないこと、タフな馬場適性が不明であることから、人気の割に低めの評価としました。

今回は8着でしたが、タフな馬場な適性はなかった可能性があります。(まあ、このレースだけで決めつけるのもどうかと思うのですが、次走以降も馬場には注目して予想していきたいところです。もちろん、他に敗因があるかもしれません、心当たりのある人は教えてください。)

個人的には、今回の凡走で次走人気を落としてもらい、軽い良馬場でレベルの低い1600万条件に出てきたら狙いたいところです。

 

総括

さて、ほぼほぼ想定通りのレースとなり、馬券を的中させることができました。

いい予想になったのではないでしょうか。

 

さて、これからAJCCの回顧記事も書くのでよかったらそちらも見ていただけると嬉しいです。

 

ブログランキングに登録しているので、以下のリンクから、ランキングに飛んでもらえると嬉しいです。

現在、カテゴリ「中央競馬」で、370ブログ中256位

「指数理論」で92ブログ中30位です。

https://blog.with2.net/link/?1992280