【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

指数で準OP・OP・重賞の芝レースを予想します

2019シルクロードステークス(GIII)・一次予想(枠順確定時点)【指数競馬】

今日は,「シルクロードステークスGIII)」の一次予想を行います.

1/27(日)京都競馬場で行われる芝内回り1200mのハンデ戦になります.

18頭出走のフルゲートとなりました。

 

ハンデ戦のフルゲートということで難しいようですが、昨日予想した早春ステークスに比べればマシに思えます。

  

さて、先週は、対象3レースで的中率1/3、回収率283%という結果でした。

(1月は対象レース14レース中、的中6レース、回収率228%)

的中例:石清水ステークス(馬連40倍を2点で的中)

https://keibashisuu.hateblo.jp/entry/2019/01/20/213258

 

さて,今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)は,

土曜日

中京11R 愛知杯 GIII

https://keibashisuu.hateblo.jp/entry/2019/01/21/194908

東京11R 白富士ステークス OP・L

https://keibashisuu.hateblo.jp/entry/2019/01/22/213355

 

日曜日

京都10R 飛鳥ステークス 1600万

https://keibashisuu.hateblo.jp/entry/2019/01/23/213707

東京10R 早春ステークス 1600万

https://keibashisuu.hateblo.jp/entry/2019/01/24/224645

京都11R シルクロードステークス GIII

 

昨日までに他の4レースの予想記事も書いているので気になるレースがありましたらご覧ください。

 

さて,投稿が遅くなってしまいましたが「シルクロードステークス」の予想を始めていきます.

 

いつも通り,「能力指数をベースに,馬場傾向,コース傾向,調教を含めたすべての要素を加味して,今回どの程度能力が出せるかを考察していきます.」

 

この記事では,

1、全馬指数一覧

2、馬場・コース分析

3、1頭ごとの見解

と書いていきます.

 

指数一覧

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 斤量

1位 ダイメイプリンセス 78  55kg 注意

1位 アレスバローズ   78  57.5kg 注意

3位 ダノンスマッシュ  77  56.5kg

4位 セイウンコウセイ  76  58kg

5位 ラブカンプー    75  54kg

5位 アンヴァル     75  53kg

5位 ペイシャフェリシタ 75  54kg

8位 ラインスピリット  74  56.5kg

9位 ライトフェアリー  73  53kg

9位 ビップライブリー  73  55kg

11位 ナインテイルズ   72  56kg

12位 リョーノテソーロ  71  54kg

12位 エスティタート  71  53kg

12位 ティーハーフ   71  57kg

15位 フミノムーン   70  54kg

15位 キングハート   70  56kg

17位 トウショウピスト 69  55kg

 

指数無し サイタスリーレッド  57kg

近走ダートのため、指数は算出していません。

 

レースレベル

かなり高指数の馬たちが集まりました。ハンデGIIIとしては、かなりレベルの高いレースです。

優勝想定ラインを77と設定しておきます。

ちなみに、レースにもよりますが、指数80超えでだいたいGIレベル、指数77から78程度でGII、指数75程度で75レベルです。

ですから、GIIIですが、GIIクラスのメンバーが集まりましたね。

 

馬場・コース分析

馬場考察については、飛鳥ステークスに書いているのでそちらをご覧下さい。

https://keibashisuu.hateblo.jp/entry/2019/01/23/213707

飛鳥ステークスで言っていることを簡単にいうと

・馬場が軽くなった可能性がある。

ということです。

ですが、雪が降るとの情報もあるので、この点は最終予想まで保留でいきます。

 

また、飛鳥ステークスの記事で書き忘れましたが、京都競馬場の使用コースが先週までのAコースから、Bコースへ変わりますので、内側が回復すると思われます。

 

そして、京都内回り1200mというコースですが、逃げ先行有利です。

ということで、シンプルに内枠・逃げ先行を重視します。

前が残るかどうかは当日の9レース若菜賞が同条件ですので、それを見て判断したいと思いますが、この記事では、逃げ先行有利として予想していきます。

当日に差し有利のようであれば最終予想で対応します。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

ダイメイプリンセス ベスト指数78

ベスト指数は1000直「アイビスSD」で出した指数ですので、実質は前走、前々走と続けて出している指数76がベストです。

前走は時計がかかる馬場、前々走は高速馬場で、どちらもこなしているので、馬場がどうなろうと問題ないでしょう。

ただ、絶望的なデータがあります。

勝っている6勝をしている月を並べると、5,5,7,7,8,9月です。

そして、冬の時期(11月から3月)は(0,1,0,8)と壊滅的です。

2着の1回も斤量53kgでしたし、、

昨年夏に本格化したので、克服していてほしいところですが。

 

アレスバローズ ベスト指数78

この馬も昨年夏に本格化した馬で、3走前北九州記念、4走前CBC賞の連続重賞勝利で指数78を出しています。その後は指数70を切る凡走が2つ続いています。

この馬の好走条件はおそらく高速馬場でしょう。

3走前は1分6秒6、4走前は1分7秒という早い時計が出ています。

今回はさすがにそこまでは速くならないでしょうから、マイナス評価です。

斤量も増えますし、外枠ですから買いたくありませんね。

 

ダノンスマッシュ ベスト指数77

ベスト指数を出したのは2走前です。前走も75と高指数を残しています。2走前が53kg、前走が55kgでしたので、斤量を考慮したら成長はしているでしょう。

ただ、成長分も微増ですし、斤量増からもそこまで指数は伸ばしてこないかなという印象です。

56.5kgを背負って77というベストが出せるとも思いません。

ただ、内枠で先行できるという点はいいでしょうね。

個人的にロードカナロア産駒は早熟な気がしているんですよね。(新馬勝ちも多いですし、アーモンドアイ、ステルヴィオ古馬GIを勝ってるというのもあるので、)

まあ、単純に怪物種牡馬なだけかもしれませんがね。

まだ初年度産駒なので分かりませんので、早熟説はあくまで自分の予想です。

 

セイウンコウセイ ベスト指数76

高松宮記念を制した時は指数81でしたが、その後は微妙な成績が続いています。

近4走で見ると、ベストは3走前の函館スプリントステークスです。

この馬も、時計がかかった方がいい馬ですので重くなる方がいいでしょう。

ただ、ムラがある馬なので軸にはできないですし、14番枠もマイナスです。

 

ラブカンプー ベスト指数75

近3走で73(51kg)、73(52kg)、75(53kg)と順当に成長しています。

ただ、夏の連戦で使ってよくなっているので、休み明けで走るかは分かりません。

調教もいつも動かない馬なので判断のしようがないのですが、、

 

アンヴァル ベスト指数75

ベストは3走前のオパールステークスですが斤量は50kgでした。

その後も斤量を考慮すれば微成長中ですが、まだこの舞台を勝つにはまだ実力が足りないと思います。

16番枠という枠も微妙ですね。スタート決めて、先行してしまえばそこまで問題ではないでしょうが。

 

ペイシャフェリシタ ベスト指数75

ベストは2走前のキーンランドカップで斤量は54kgです。

前走も55kgで73を出しています。

今回も54kgですので、75ほどの指数を出せば穴を開ける可能性はあります。

不安要素としては、この馬の好走コースは札幌、中京、中山なのですが。

札幌は、タフな洋芝、中京、中山はゴール前に急坂のあるコースです。

つまりタフなレース展開で切れ味を発揮するということですので、京都は初参戦ですが馬場が重くなってくれれば穴として面白そうです。

東京競馬場は坂を登ってから平坦な直線が300mもあるので、ゴール前に坂があるという認識ではない)

 

ラインスピリット ベスト指数74

スプリンターズステークス武豊騎手の好騎乗で大穴を開けた時が74ですが、それ以外では70程度と低値です。

内枠の利を活かしてスプリンターズのような競馬をすればまた穴を開ける可能性もあるでしょうが、きたら仕方ないとして軽視ですかね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここら辺から下は、基本的には指数が足りない馬です。

何かプラス要素があれば買いたいところですが、基本的には消しです。

指数下位ですので簡単に買いていきます。

 

ライトフェアリー ベスト指数73

4走前が今回と同コースでベストを出していますが、その後の近3走は71以下の指数しか出ていません。指数からは軽視で。

 

ビップライブリー ベスト指数73

2走前がベストですが、それ以外はボロボロの成績です。

内枠ということで先行して流れが向けば穴を開けるかもという程度ですが、穴頭ではないので買わないでしょう。

 

ナインテイルズ ベスト指数72

前走、前々走と差してきているので、今回のように、Bコース変わり初週で逃げ先行有利コースでは、厳しい気がします。

1枠1番では、差すにしても前々走のように内を神騎乗でついてくる必要があるでしょうから、岩田騎手から福永騎手に乗り替わりは詰まるイメージしか湧きません笑。

 

リョーノテソーロ ベスト指数71

近4走69から71の間に収まっていてもう成長はないのかな、といった感じですね。

消しです。

 

エスティタート ベスト指数71

11月から3月の寒い時期は(2,1,1,4)といいっぽいですが、基本的に指数が低いですからよほどハマらないと厳しいでしょうね。消しです。

 

ティーハーフ ベスト指数71

大外枠ですから差して展開がハマるということしか、チャンスはないですが、そのような展開にはならないと思うので、消しです。

 

フミノムーン ベスト指数70

キングハート ベスト指数70

トウショウピスト ベスト指数69

指数が低いため消しです。

 

サイタスリーレッド 指数無し

ダートを走っていたのでデータはありませんが、過去に芝では500万条件を突破できなかた馬ですし、消しです。

 

総括

なかなかの好メンバーとなりましたね。

フルゲートのハンデ戦ということで難しそうなレースではあります。

絶対的な本命はいませんが、現時点での本命候補はダノンスマッシュです。

やはり、内枠で先行できるというのはいいですね。

ぜひ、僕の早熟予想を覆して欲しいところです。

次点で評価しているのが、セイウンコウセイ、ラブカンプー、アンヴァル、ペイシャフェリシタなどです。

馬券としては、現時点では

三連複 ◎ー◯▲☆△ー◯▲☆△

三連単1着固定 ◎→◯▲☆△→◯▲☆△

などでしょうか。

最終的な印と買い目は、当日の馬場を見て組み立てるので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

ということで「シルクロードステークスGIII」の1次予想は以上です。

これで、今週の対象レースの予想は以上になります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

さて、今後の投稿予定ですが、

土曜日には土曜日のレースの最終予想を、

日曜日には日曜日のレースの最終予想を投稿します。

 

そして、月曜日には、土曜日のレース回顧記事2本、

火曜日には、日曜日のレース回顧記事3本を投稿します。

 

そして、来週の対象レースは

土曜日

節分ステークス 1600万

日曜日

山城ステークス 1600万

東京新聞杯 GIII

 

の3レースですので、これらの一時予想は水木金で投稿する予定です。

夜8時から12時ぐらいが投稿時間になりそうです。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

現在「中央競馬」カテゴリで約370ブログ中、181位→170位

「競馬・指数理論」 カテゴリで約90ブログ中、27位→26位でした。

 

それでは、今週も当てましょう。