【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

指数で準OP・OP・重賞の芝レースを予想します

早春ステークス 回顧

「早春ステークス・1600万」の回顧記事を書いていきます.

 

最終予想記事はこちら

keibashisuu.hateblo.jp

 

まず,最終的な印はこちらでした.

 

◎ヘリファルテ

◯アイスバブル

▲アテンフェスタ

△ララエクラテール

△エクセレントミスズ

 

そして,結果が,

1着 アイスバブル   〇 指数無し

2着 ヘリファルテ   ◎ 指数9位

3着 アテンフェスタ  ▲ 指数2位

4着 コウキチョウサン 無 指数1位

5着 ララエクラテール △ 指数3位

 

でした.◎と〇は事実上のダブル本命(三連単1,2着固定の1,2着を裏表)としたので1,2着の順番は関係ありませんので,ド本線での完全的中となりました.

 

買い目は,

三連複 ◎‐◯‐▲△△ 100円×3点 的中

三連単 ◎→◯→▲△△ 100円×3点 

三連単 ◯→◎→▲△△ 100円×3点 的中

馬連  ◎‐◯ 400円 的中

 

ということで,三連複1440円,三連単8120円,馬連260円×4点=1040円の的中となり,1300円⇒10640円,回収率818%の大的中でした.

1,2着馬が3着以下を離していることからも,ほぼ完璧な買い方だったと言えるでしょう.

さて,回顧を行っていきましょう.

 

馬場・展開

東京開幕週2日目ということで,前日の馬場から,上り34.5秒前後のそこそこ軽い馬場と予想しましたが,本レースは34.8とほぼ予想通りでした.

今回の東京開催は昨年秋ほどの高速馬場ではないもののそこそこ軽いと言う認識でいいでしょう.

展開としては,スローの瞬発力勝負です.

スローですが,馬群はかなり縦長になりましたね.

スローの縦長馬群ということで,後方にいた馬は3,4コーナーでの追走に脚を使わされて,脚がたまりにくかったでしょうから,きつかったと思います.

それに加えて,開幕週ということもあり,前残りでした.

 

レースレベル 

もともとこのクラスにいた馬の指数が低いので,ヘリファルテとアイスバブルが1000万を勝ったばかりであるが,能力上位として,本命対抗としています.(ヘリファルテは2走前が1000万勝利,前走は敗因がはっきりしてるため度外視)

その通りとなり,この2頭がきっちり走りましたので,準OPとしては平凡なレベルに落ち着きました.

そして,3着以下は着差もついてますし,予想通り低レベルだと言うことでいいでしょう.

 

それでは,印を打った馬と掲示板に来た馬について回顧を行います.

 

1着 アイスバブル 〇 指数なし

 能力を出し切っての勝利だと思います.

やはり,このレースでは,この馬とヘリファルテが抜けていました.

ヘリファルテに勝ったことについては,完全に展開利のおかげです.

マーフィー騎手は前につけてくれるから信頼できますよね.

また,日本に来てほしいです.

 

2着 ヘリファルテ ◎ 指数9位

 指数は前走大敗した時の指数しか算出していないので無視でいいです.

それより,指数を出していない1000万条件の勝ちっぷりから当然ここでは通用するはずでした.

また,虚弱な馬ですが,ノーザンファームルメール騎手を乗せてきたことからも状態が悪い訳はないと予想していました.

今日,「ノーザンファーム×ルメール騎手」に関するコラムを書いたので,よかったらそちらも見てみてください.

keibashisuu.hateblo.jp

 

そして,当然,このレースで一番強い競馬をしたのはこの馬です.

スタートは決まったものの最後方に下げ,スローの前残りの中,3,4コーナーで追走に脚も使わされた中,ものすごい脚で追い込んでの2着ですから,アイスバブルより能力は全然上です.

ですから,今回は,展開も含めてアイスバブルに敗れたということです.

とは言え,いつも最後方からでは,取りこぼすのも仕方ないですね.

2度も故障していて大事に使わなければいけないので,1600万条件を取りこぼしたのは痛いですね.

 

3着 アテンフェスタ ▲ 指数2位

 指数2位で,指数1位の馬がベストは軽斤量時に出した指数であるため,この馬が3番手の最上位候補となりました.

輸送も問題なかったみたいで,開幕週の馬場を活かして3着に粘ってくれました.

 

4着 コウキチョウサン 無 指数1位

 近3走の成績から考えると今回は走ったほうだと思います.

ですが,準OPでは足りないですね.

 

5着 ララエクラテール △ 指数3位

  能力では足りないが斤量減と低レベルなレースであるため,一応抑えましたが,後方からということもあって厳しかったですね.

軽斤量もあってほぼベスト指数ぐらいの走りですが,それでも通用していません.

 

8着 エクセレントミスズ △ 指数4位

 この馬も,低レベルなレースということで念のため抑えましたが,普通に通用していないだけですね.

 

総括

 このレースは上位2頭が能力的にも抜けていると予想したので,三連複二頭軸と,三連単の1,2着固定と馬連1点で簡単なレースとなりましたね.(まあ,3着はぎりぎりですが笑)

 

これで,「早春ステークス」の回顧を終わります.

 

ブログランキングはこちら

https://blog.with2.net/link/?1992280

現在「指数理論」カテゴリで8位です.