【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

指数で準OP・OP・重賞の芝レースを予想します

ダイヤモンドステークス 回顧

ダイヤモンドステークスの回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちらです。 

keibashisuu.hateblo.jp

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

◎ユーキャンスマイル 

◯ソールインパク

▲カフェブリッツ

△グローブシアター

  

馬単  ◎→◯▲                          100円×2点

三連単 ◎→◯▲ー◯▲△            100円×4点

1組を600円として購入

 

そして結果が、

1着 ユーキャンスマイル ◎

2着 サンデームーティエ 無

3着 カフェブリッツ   ▲

4着 ソールインパクト  ◯

5着 ララエクラテール  無

 

ということで、外れですね。

 

レース回顧を行なっていきます。

まずはレースについて

 

レースラップは、

13.3 - 11.6 - 11.9 - 12.3 - 13.0 - 12.4 - 12.7 - 13.8 - 13.3 - 13.1 - 13.0 - 12.6 - 12.1 - 12.0 - 11.3 - 11.4 - 11.7 

長距離戦ですから、スローになるのは確実で、あとはどこからペースが上がり始めるかという話でした。

本レースは、ラストから5F目と4F目で12.1−12.0と少しペースが上がり、最後の3Fは11.3 - 11.4 - 11.7 とさらにペースが上がりました。

また、5F目と4F目のペースが若干上がったところでは、馬群が詰まって来ているので、後続の馬12.1−12.0の数字以上のラップを踏んでいることでしょう。

 

ということで、5Fロンスパ戦と3F瞬発力勝負を併せ持つレースだったと言えるでしょう。

私は瞬発力勝負と予想していたので、5Fロンスパ戦に関しては展開予想を外しました。

 

 

 

馬場は内外フラットの高速馬場で前有利です。

 

また、レースレベルは勝ち馬だけはGIIIとしての平均以上のレベル、2着以下は離されており、重賞レベルには及ばないといった感じ

 

というわけでこのレースで言えることは以下です。

・5Fロンスパ戦と3F瞬発力勝負を併せ持つレース

・内外フラットの高速馬場で先行有利

・勝ち馬は重賞クラス

 

さて、5着までと印を打った馬の回顧を行なっていきましょう。

 

1着 ユーキャンスマイル  ◎ 

菊花賞は高指数、前走は低指数です。

菊花賞は高速馬場の瞬発力勝負、前走はタフな馬場の4Fロンスパ持続力勝負です。

これらから、高速馬場の瞬発力勝負がベストではと考え、前走よりは指数を上げてくると考えました。

実際に、今回は指数を前走より上げて来ての圧勝となり、「高速、瞬発力勝負がいい」というのはあっていたのだと思います。

まあ、前走時点の指数で勝ち負けできるレベルでしたから、そこから上げて来てはここでは楽勝でしたね。

今後はタフな馬場なら割引、ってことでいいと思います。

 

2着 サンデームーティエ  無

指数最下位ですので買えませんでした。

今回は50kgという軽ハンデで大幅に上げて来ての2着ということです。

ですが、斤量が軽くなったからといって好走するかどうかは走ってみなければわからないので、印は打てませんでした。

実際に何kg減で指数何ポイント増とかいう定量的な評価は、その馬によるところが多い(斤量を減らして指数を上げる馬もいれば、斤量を減らしても指数が変わらない馬もいる)ので、50kgという斤量で走ったことのないこの馬がどこまで上げてくるかは未知でした。

 

この馬のレースぶりについても振り返ります。

今回は、江田照男騎手の好騎乗だと思います。

出遅れさえしましたが、先頭に立ち5Fロンスパ戦を仕掛けました。

この馬は3走前と4走前に5Fロンスパ戦で好走しており、しぶとく伸びるタイプでした。

ということで、江田照男騎手がこの馬の得意パターンに持ち込み、後続を完封した(ユーキャンスマイルは除く(格が違うので))という完璧な乗り回しでした。

 

3着 カフェブリッツ ▲

前走はペースが上がったところで位置を上げる無茶なレースでしたので、前走よりはいいだろうと思い、▲としました。

グローブシアターが指数を落とす理由もあって逆転可能だと考えたということです。

まあ、前走よりは指数を出しましたが、大きく上げてくることもなく3着という結果でした。

 

4着 ソールインパクト ◯

過去には長距離実績のある馬で、海外帰りですが、調教を見る限りでは仕上がっていると判断できたので◯としました。

サンデームーティエの激走がなければ普通に3着内なので、普通に頑張ったと思います。

いつもの指数の範囲内の走りです。

 

5着 ララエクラテール  無

この馬にとってはいつも通りの走りですね。

 

6着 グローブシアター △

指数を落として来ましたね。

左回りも、高速馬場も苦手説があり、斤量も1kg増えますから、人気ほどの評価は打てませんでした。

まあ、やはり得意条件ではなかったということでしょう。

ということで、ここまで着順を落としても不思議ではありません。

 

総括 

サーデームーティエがノーマークでした。

まあ、50kgという軽斤量と江田照男騎手の好騎乗で、2着に来たということです。

軽斤量でどこまで伸ばすかは、走ってみなければわからないですから、仕方ないかなと思います。

とはいえ、過去のレースをしっかり見ていれば、長距離適性はありそうでしたから抑えるぐらいは出来たかもしれません。

人気薄の低指数ですが、ハンデ戦ですので、もう少しこの馬の分析を詳しくすればよかったかなと思います。

 

ブログランキングはこちら。

<a href="https://blog.with2.net/link/?1992280">人気ブログランキングへ</a>

現在13位です。