【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

指数で準OP・OP・重賞の芝レースを予想します

日経賞 回顧

日経賞の回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちら。 

keibashisuu.hateblo.jp

 

予想と結果

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

 

◎エタリオウ

◯メイショウテッコン

▲ルックトゥワイス

△サクラアンプルール

 

馬単  ◎→3頭     3点各100円

三連単 ◎→3頭→3頭 6点各100円

1組を900円として購入

 

最終予想の意図

◎エタリオウ

能力が段違い

 

そして結果が、

1着 メイショウテッコン   ◯

2着 エタリオウ       ◎

3着 サクラアンプルール △

4着 ハッピーグリン   無

5着 ゴーフォザサミット 無

 

ということでハズレです。

 

レース回顧

まず今の馬場状態について。

当日の雨で稍重表記でした。

その結果、先週の高速馬場に比べるとタフな馬場になっていました。

 

レースラップは、

7.0 - 11.8 - 12.5 - 12.3 - 12.6 - 13.1 - 12.9 - 13.1 - 11.9 - 11.6 - 11.8 - 11.6 - 12.0

メイショウテッコンが逃げて、ドスローのラップを刻みました。

残り5Fでエタリオウに突かれたところで、抜かせまいとペースを上げていますので、ラスト5Fのロンスパ戦になっています。

 

これは、完全にキタサンブラックのときのようなレースですね。

 

また、レースレベルはGIIとしては、平均レベル。

勝ち馬のメイショウテッコンの指数は78です。

ただ、上位がバラバラに入線していますので、重賞レベルで戦えるのはせいぜい3着までぐらいですね。

 

このレースで言えることは以下です。

・どスローの5Fロンスパ戦

・上位はGII平均レベル

 

それでは1頭ごとの回顧を行なっていきます。

 

今回、馬券が外れた原因は、

・エタリオウがメイショウテッコンに負けたこと

ですので、この点について詳細に書いていきます。

 

1着 メイショウテッコン ◯

調教がめちゃくちゃよかったことと近2走は敗因がはっきりしていることもあり、指数を伸ばしてくるだろうと判断しました。

ただ、出遅れ癖もありますし、エタリオウとの力関係も考えた結果対抗となりました。

 

レースを振り返ると、スタートが決まり、どスローに落とすことができました。

そして、残り1000mまで誰もつついてくることはなく、つついてきたのはエタリオウとデムーロ騎手だけでした。

他の日本人騎手が武豊騎手の逃げに抵抗しないのはよくある光景ですね。

 

それは置いといて、エタリオウが突いてきた時点で、この馬が勝てる流れでした。

この馬は当然、瞬発力勝負よりスタミナを活かすロンスパ戦の方が向いていますので、エタリオウに突かれなくてもペースを上げたことでしょうが、どちらにせよこの馬のペースになるように武豊騎手がレースを支配していたということです。

 

瞬発力勝負に利があるエタリオウが早めに仕掛けてくれたら、当然抜かせるはずもありません。スタミナ比べならメイショウテッコンに利がありますからね。

そのように、得意のロンスパ戦に持ち込んで、エタリオウ含め後続を完封したということです。

 

結果、調教がよかったことと、レースを支配して最も力を出せるレースになったことで、指数ベストを4ポイント更新して、勝利できました。

 

2着 エタリオウ ◎ 

菊花賞の指数が79、圧倒的でした。

今回は休み明けの前哨戦で、調教もそこまでよかった訳ではないです。

ただ、ベストほど出せなくても、今回は能力が違うと判断し、頭固定の本命にしました。

結果、指数を落としての凡走でしたが、その理由は以下です。

 

・調教が良くはない

稍重のタフな馬場

これまでの好走は高速馬場のみだけだったので、今回はマイナスでした。

・ロンスパ戦

瞬発力勝負が得意な馬にとって、5Fロンスパ戦は向いていませんでした。

しかも、5Fロンスパ戦をこの馬自身が誘発しちゃってますからね。

ちょっとデムーロ騎手がこの馬を過信しすぎたというか、メイショウテッコンのスタミナを舐めすぎていたというか。

ただ、この馬が仕掛けなくてもメイショウテッコンは4Fロンスパ戦ぐらいは刻んだとは思いますが、その展開でキレでぶっさす競馬をした方がまだ分があったかなという印象です。

 

3着 サクラアンプルール △ 

近4走ベストタイの指数。

内枠を引いてロスのない競馬ができれば、近4走ベストタイほどは出せますね。

ただ、ここが限界。

全盛期(2017年札幌記念)ほどの能力はないです。

 

4着 ハッピーグリン 無  

指数の範囲内の走りです。

上位バラバラになっての入線ですので4着という着順に価値はないです。

 

5着 ゴーフォザサミット 無 

近4走ベストタイですがこんなもんです。

明け4歳なのに4走前と指数が変わらず成長は見せていません。

ただ、ハーツクライ産駒なのでまだまだ晩成という可能性もあるでしょう。

 

6着 ルックトゥワイス ▲ 

調教もよかったです。

今回、最後まで伸びていて、上がり2位で6着ですから、位置取りが後ろ過ぎたということです。

ロンスパ戦のスタミナ比べになって後方からでは分がないですね。

 

総括 

メイショウテッコンとエタリオウが逆になってしまって外れたんですけど。

その原因が、メイショウテッコンが好調教かつベストな展開。

エタリオウが調教が平凡かつ最も向かない展開になったということです。

 

調教はもちろん考慮して印を打ってますので、この調教の差でもエタリオウが勝ちきれると判断したのです。

ただ、展開面は、考えうる限り最悪の展開になってしましました。

 

ただ、この最悪の展開は

馬単  ◯→◎

三連単 ◯→◎→2頭

の300円を追加することでカバーできるので、予想できなければダメだったと思います。そこまで難易度の高い展開予想ではないですからね。

 

エタリオウを過信し過ぎてしまった結果、最悪の展開を想定するという考えにも至らなかったことを反省します。

人気馬は疑うことから始めなければいけませんね。

 

ということで、メイショウテッコン×武豊騎手が

キタサンブラックのようなラップを刻み後続を完封したというレースでした。

 

来週の予定

3/30(土)

ダービー卿チャレンジトロフィー 中山 GIII

3/31(日)

御堂筋ステークス 阪神 1600万

船橋ステークス  中山 1600万

大阪杯      阪神 GI

 

です。平日に一次予想を投稿します。 

 

ツイッターはこちらから。

http://twitter.com/K16005、アカウント名K1600

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280