【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

指数で準OP・OP・重賞の芝レースを予想します

六甲ステークス 回顧

六甲ステークスの回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちら。 

keibashisuu.hateblo.jp

 

予想と結果

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

 

◎サトノフェイバー

△ストーミーシー

△プロディガルサン

アップクォーク

△ソーグリッタリング

 

馬連  ◎ー4頭     各100円

馬単  ◎→4頭     各100円

三連複 ◎ー4頭ー4頭 各100円

1組を1400円として購入

 

最終予想の意図

◎サトノフェイバー

1年以上ぶりだが、順調に追い切りを消化してきて上積みを感じた。

他のどの馬よりも能力を出せると判断し本命。

 

そして結果が、

1着 ソーグリッタリング △

2着 プロディガルサン  △

3着 サトノフェイバー  ◎

4着 クリノヤマトノオー 無

5着 ナイトオブナイツ  無

 

ということで三連複があたりです。

73倍だったので、1400円→7300円という結果でした。

 

レース回顧

まず今の馬場状態について。

先週はタフな馬場でしたが、今週は高速馬場に近い軽めの馬場でしたね。

最近は馬場がコロコロ変わるので、当該週のレースで確認しときましょう。

 

レースラップは、

12.6 - 10.9 - 11.8 - 12.1 - 11.8 - 11.1 - 11.7 - 11.9

前半4Fー後半4Fが47.4ー46.5です。

レースは流れていますが、ラップは後傾ですからスローということでいいでしょう。

そして、上がり最速の馬の上がりが33.5秒で1、2着ですから、瞬発力勝負を得意とする馬が好走できるレースだったということです。

 

レースレベルはOP特別としては平均より少し高め。

勝ち馬のソーグリッタリングの指数は74です。

そして、4着以下は離されていますので、上位3頭が高いレベルで走っています。

 

このレースで言えることは以下です。

・スローの瞬発力勝負

・レベルは平均的なOP特別以上

 

それでは1頭ごとの回顧を行なっていきます。

 

今回、馬券は当たりましたが、

サトノフェイバーが2着なら馬連、1着なら馬単も当たっているので、3着に破れた理由についても書いていこうと思います。

 

1着 ソーグリッタリング △

一次予想で書いたと思いますが、3走前の準OPを高い指数で勝ち上がっています。

その後OP2戦は通用しませんでしたが、休み明けは走る馬なので、休みを挟んでリフレッシュした状態なら、3走前よりも指数を上げる可能性があると思い印を打ちました。

結果その見解の通りで、浜中騎手もいい騎乗で見事に勝利しました。

 

◎サトノフェイバーより上位に来た理由

サトノフェイバーは頑張っていますが、この馬がそれ以上に走ったということです。

好走理由は上記に書きましたが、指数を上げるかもしれないというのはあくまで可能性の話でした。

実際、近2走は指数を落としているのが現状ですので、△評価にとどまったということです。

 

2着 プロディガルサン △ 

近4走では最も指数を出しました。

好走理由は、スローの瞬発力勝負が得意だからです。

過去にも、東京新聞杯2着などの好走時は瞬発力勝負でしたからね。

 

◎サトノフェイバーより上位に来た理由

印に関しては、

近走の指数が平凡なプロディガルサンより上昇見込みのあるサトノフェイバーの方を評価したということです。

結果に関しては、展開面で脚を溜めることができたプロディガルサンに利があったということです。

 

3着 サトノフェイバー ◎ 

1年以上ぶりですが、順調に追い切りを消化していて上積みを感じたため本命としました。

実際に上昇分を正確に測れたわけではありませんが、このメンバーのOP特別ぐらいならいきなり通用する仕上がりだと思いました。

 

結果、瞬発力勝負に利があった2頭が指数を上げたため、敗れましたが、この馬もかなり強い内容です。

上位2頭は瞬発力を発揮していますが、この馬は先行して脚を溜めることが出来ない中でスピードで押し切っての3着です。

つまり、展開的には上位2頭ほど向いていないのに、この着差ですから、着差以上に強いです。

同じ位置にいたアップクォークも決して弱い馬ではないですが、脚が溜まらなかったことで大敗していますからね。

 

しかも、休み明けでOP特別をいきなり好走できるのですから、今後が楽しみです。

 

4着 クリノヤマトノオー 無 

一番人気ですが、切って正解だったようです。

やはり、高速馬場よりタフな馬場向きという従来の見解通りでした。

高速馬場では後方から差し届かないですね。

一応キレを発揮できてはいるようですが、他馬が止まるようなタフなレースの方が力を発揮できるでしょう。

 

直線若干詰まっていますが、17頭立てですからそれも想定内です。

詰まるリスクを考えて、期待値的に馬券から外す選択になりました。

まあ、詰まったとは言え少しだけなので、詰まっていなくても3着は無さそうですけどね。

 

5着 ナイトオブナイツ  無

物理的に届かない位置取りから、それなりに追い込んで、ギリギリ掲示板に入る。

これは、この馬にとってはいつも通りのことです。

ここ6走は全て4着か5着ですからね。

そういう競馬しかできないということです。

 

6着 ストーミーシー △ 

やはり高速馬場なら走りますね。

最後すごい追い込みでした。

上がりタイム補正を入れたら、サトノフェイバーと同指数です。

 

後方でレースに参加できず、直線も詰まって追えず、残り100m地点でレース映像に映らなくなってしまいました。

その時点でクリノヤマトノオーとは目算で3〜4馬身差ほどありました。

それが、結局ゴール時は、3/4馬身差です。

クリノヤマトノオーもそれなりの脚で追い込んでいますから、この馬はかなり異常な末脚を発揮したことがわかります。

あまり伝わらないかと思いますが、かなりすごいんですよ。

映像に残しておいて欲しかったです。

 

詰まっていなくて、脚を残さず使い切ったら頭まであったと思います。

ただ、結局はそんな完璧にハマることなんて、なかなか無いんですけどね。

 

とりあえず、直線の長い高速馬場に出てきたら抑えておいた方がいいです。

いつか穴を開けることを期待しています。 

 

11着 アップクォーク △

2走前の準OPが高指数です。

今回それに似た高速馬場ということで抑えましたが、凡走でした。

2走前との違いは、スローの瞬発力勝負とは言え、今回の方が2走前より流れたということです。

今回は、2走前よりはレースが流れたことで、脚が溜まらなかったのが敗因です。

2走前はもっとスローでしたからね。

 

結局、どスローの瞬発力勝負がベストなんでしょう。

あとは、出遅れているので無理に前に行かずに、中段ぐらいでじっとしていれば、まだよかったですけどね。

出遅れたのにジリジリ上げたら当然脚は溜まりません。

 

総括 

上位2頭はスローの瞬発力勝負に利があった。

あとは、展開的には向かないはずのサトノフェイバーが、休みだけであれほど走れたことを評価したい。

 

今週は、このレース含め5レース中1レース的中。

週間では、1組5700円→7300円で、回収率128%

月間では、1組18600円→9820円で、回収率52%

年間では、1組61100円→98710円で、回収率161%

 

今月の14連敗はきつかったがなんとか止めることができてよかった。

ラスト1週で月間100%まで戻したいところ。

 

来週の予定

3/30(土)

ダービー卿チャレンジトロフィー 中山 GIII

3/31(日)

御堂筋ステークス 阪神 1600万

船橋ステークス  中山 1600万

大阪杯      阪神 GI

 

です。平日に一次予想を投稿します。 

 

ツイッターはこちらから。

http://twitter.com/K16005、アカウント名K1600

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280