【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

指数で準OP・OP・重賞の芝レースを予想します

トリトンステークス 回顧

トリトンステークスの回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちらです。 

keibashisuu.hateblo.jp

 

予想と結果

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

 

◎ライトオンキュー

△ダイトウキョウ

△キアロスクーロ

△ラべンダーヴァレイ

△メイショウオーパス

 

馬連  ◎ー印4頭      400円

三連複 ◎ー印4頭ー印4頭 600円

1組を1000円として購入

 

最終予想の意図

◎ライトオンキュー

斤量減かつ指数上昇中

△数頭

ペースが早くなると予想し、差し馬から選択

 

そして結果が、

1着 グランドボヌール   無

2着 タイセイスターリー  無

3着 アダムバローズ    無

4着 ダイトウキョウ    △

5着 ライトオンキュー   ◎

 

ということでハズレです。

 

レース回顧

まず今の馬場状態について。

普通に高速馬場ですね。

 

レースラップは、

12.0 - 11.3 - 11.6 - 11.5 - 11.2 - 10.9 - 11.9

前半3Fー後半3Fが34.9ー34.0です。

距離を考えてもかなりスローであることがわかります。

 

展開予想としては、逃げ馬が多いことからペースが早くなると予想していました。

ですから、これが外れました。

この時点で馬券は外れたも同然です。

 

しかし、指数上は、混戦レースだったので、どちらかに決め打ちするのが得策でした。

そこで、ハイペースに決め打ちした結果、外してしまったということです。

したがって、上位3頭は先行馬ということで無印にしたのに、展開利を受けて馬券圏内独占という結果になったのです。

 

こういう混戦レースでは、決め打ちが必要ですが、2択を間違えたということです。

どちらのペースか予想するのは難しいですが、逃げ馬が多いからハイペースになると判断したのは早計すぎたかなと思います。

結局逃げ馬が多いですけど、

近走スローペースで逃げたのは、アダムバローズ、アナザープラネット、グランドボヌール、メイショウオーパスと結構いますから、これらの馬があまり主張しないからペースが速くはならない。と判断することもできたはず。難しいですけどね。

 

また、勝ち馬のレベルは準OPとしてはやや低め。

さらに、上位は展開利も含めての指数なのでなおさら次走で評価はできない。

 

このレースで言えることは以下です。

・スローの先行有利

・準OP以上としてやや低めのレベル

 

外れた要因を挙げるならば、

・展開予想を間違えた

・ライトオンキューが凡走した

ということです。

 

前者は上で説明したので、後者は下で説明します。

それでは、掲示板に来た馬と印を打った馬1頭ごとの回顧を行います。

 

1着 グランドボヌール 無

指数3位かつベスト時より2kg減だが、先行馬ということで消した。

結局、このスローペースでは好走して当然。

低レベルかつ展開利もあってのOP入りなので、OPでは厳しい。

 

2着 タイセイスターリー 無

指数1位だが、先行馬ということで消した。

結局、このスローペースでは好走して当然。

 

3着 アダムバローズ 無

先行馬ということで消した。

今回はほぼ指数の範囲内の走り。

中団からの競馬になったが、いつも通り、前にいればよかったのにと思う。

 

4着 ダイトウキョウ △  

展開は向かなかったが、指数2位の能力と内をついたことで、何とか4着までという感じ。

基本的にレースに参加できていない。

 

5着 ライトオンキュー  ◎ 

先行したので、展開的には向いているはずなのに、伸びませんでした。

道中スローで折り合っていないことが原因かなと思います。

あとは、今回わかったことですが、あまり速い上がりを使えないようです。

おそらく上がり34秒が限界なのかなと思います。

すなわち、スローの瞬発力勝負より、平均ペースの持続力勝負の方が向いていると思います。

まだ、成長分はあるでしょうし、そのような流れorタフな馬場になったときにもう一度このクラスで狙いたいです。

 

7着 メイショウオーパス △ 

この馬は、近走逃げていますが、能力と成長分を評価して買いました。

しかし、出遅れて後ろからの競馬になり、展開不向きで凡走です。

てか、先週なんかの記事で書いた気もしますが、柴山雄一騎手ってやっぱりスタート下手ですね。

 

8着 キアロスクーロ △

差し馬だったので展開利を考慮して買いましたが、展開不向きでしたね。

 

9着 ラベンダーヴァレイ △

差し馬だったので展開利を考慮して買いましたが、展開不向きでしたね。

このペースで大外ぶん回してたら無理でしょう。

さすがに、新人騎手という感じでした。

岩田望来騎手頑張れ!

 

総括 

展開予想を間違えたこと。

ライトオンキューの折り合いかつ、高速馬場適性がないことを見抜けなかったこと。

が敗因ですね。

 

展開予想は反省です。

ライトオンキューは、折り合い難も適性も、過去のデータから事前に評価するのは難しいことです。

これは、今回で新たにわかったことと割り切るしかないですね。

 

今週は、このレース含め6レース全敗で週間回収率は0%。

今年初の週間0%を喫してしまった。

月間では1組9800円→2520円の回収率25%。

年間では1組52300円→91410円の回収率174%

 

3月はひどい成績で、2月までの貯金を切り崩している状態になっている。

予想はベストを尽くしているつもりだが、ギャンブルには波がある。

しかし、ギャンブルとはそういうもので、それが怖さでもある。

こういう時には、流れが変わるまで待つことも大事である。

状況が好転するまでじっと耐えていく。

 

来週の予定

3/16(土)

なし

3/17(日)

幕張ステークス 中山 1600万

但馬ステークス 阪神 1600万

阪神大賞典   阪神 GII

 

以上の3レースですので、基本的には平日のどこかのタイミングで一次予想を投稿します。

 

ツイッターはこちらから。

http://twitter.com/K16005、アカウント名K1600

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280