自分のブログ名

【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2021富士ステークスG2 全馬指数

今週は富士Sを予想する。

東京1600mで行われる別定G2だ。

 

指数一覧

  • 出走馬17頭の指数を算出した。近4走指数1位はザダルで78。
  • 優勝想定ラインは77と設定する。別定G2としてはやや低いレベル。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 ザダル        78

2位 ラウダシオン     77

3位 ロータスランド    76

3位 ワグネリアン     76

5位 アルジャンナ     75

5位 ソングライン     75

5位 バスラットレオン   75

8位 ボンセルヴィーソ   74

9位 サトノウィザード   73

9位 ソーグリッタリング  73

11位 マイラプソディ     72

12位 ダノンザキッド     71

13位 フォルコメン      70

14位 サンライズオネスト   69

15位 ハッピーアワー     68

15位 タイムトゥヘブン    68

15位 ダーリントンホール   68

 

f:id:keibashisuu:20211022232803p:plain

 

ザダル78

近4走指数ベストは3走前の関越Sと前走のエプソムCで78。

近4走指数は78→76→78→67。

4走前の関越ステークスでも指数78とベスト更新。

3走前の毎日王冠でも指数76と好走。

2走前のエプソムCでは8ヵ月の休み明けで9割程度の仕上がりではあったが、得意の高速馬場であったこともあり指数78のベストタイと好走。

前走の新潟記念は、道中前目で馬場の悪いインコースを走ったとはいえ、直線では全く伸びなかった。状態は良好だったが、斤量57.5kgの影響もあったし、そもそも荒れた馬場は苦手なタイプである。指数67と低値だが度外視とする。

さて今回だが、斤量は56kgに戻るし、馬場も前走よりはかなり綺麗。金曜日は雨だったが、土曜日は晴れそうなので良馬場で開催できそう。前走の凡走で人気を落としておりオッズ的にも狙い目である。指数77程度を想定し本命とする。

 

ラウダシオン77

近4走指数ベストは2走前の京王杯SCで77。

近4走指数は71→77→52→69。

4走前の高松宮記念は指数71と凡走。

3走前の京王杯SCでは指数77と好走。指数ベストを更新した。

2走前の安田記念では指数52と大敗した。

前走のセントウルSは完調手前で指数69と低値。

さて今回だが、前走を叩いた上積みはある。まだ余力残しであるが、前走以上には仕上がったと言える。最大で指数75程度を想定し抑え評価とする。

 

ロータスランド76

近4走指数ベストは前走の関屋記念で76。

近4走指数は66→74→72→76。

4走前の2勝クラスでは指数66で勝利。

3勝クラスを飛ばして出走した3走前の米子Sでは指数74とベストを更新した。

2走前の中京記念では指数72とやや落とした。

前走の関屋記念では指数76とベストを更新した。

さて今回だが、前哨戦ではあるが十分仕上がっており能力は発揮できるだろう。前走並の指数76程度を想定し対抗評価とする。

 

ワグネリアン76

近4走指数ベストは4走前の大阪杯で76。

近4走指数は76→57→71→40。

生涯ベストは6走前の天皇賞秋で指数81。

4走前の大阪杯では、先行有利レースで後方からレースに参加できなかったことと、仕上がり微妙だったことで指数を76と落とした。度外視で良い。

3走前の宝塚記念では異常に時計のかかる特殊馬場だった。また、喉なりの影響もあったとのことだった。指数は57の低値だが度外視で良い。

2走前の京都記念は指数71の低値。休み明け走らない馬なので度外視で良い。

前走の大阪杯では指数40と低値も、極めて時計のかかる重馬場を苦にしたためであり度外視で良い。

さて今回だが、近4走はいずれも敗因明確のため、参考にできない。能力的には最大で6走前の81程度までは想定可能だが、当時から2年経っておりピークを維持できているとは考えにくい。そもそも今回は休み明けで完調ではないし、今回は叩き台ということで馬券としてはスルー。最大で74程度までを想定し消しとする。

 

アルジャンナ75

近4走指数ベストは2走前のマイラーズCで75。

近4走指数は57→71→75→65。

4走前のダービーまでは指数70以下の低値続きだった。

そこから8ヵ月の長期休養で成長を促し、3走前の洛陽Sで指数71とベストを更新した。

そして、叩き2戦目の2走前のマイラーズCでは指数75と再度ベストを更新。ここで本格化したと言える。

前走のエプソムCでは指数65と大きく落とした。

さて今回だが、休み明けで完調手前。能力を発揮できる状態にない。指数73程度までを想定し消しとする。

 

ソングライン75

近4走指数ベストは2走前のNHKマイルで75。

近4走指数は70→55→75→74。

4走前の紅梅Sで指数70とベスト更新。

3走前の桜花賞は指数55と大きく落としたが、不利を受けたためであり度外視で良い。

2走前のNHKマイルでは指数75と再びベスト更新だ。

前走の関屋記念は斤量51kgと恵まれたが、指数は74と伸ばせず。

さて今回だが、状態は前走並で特に変わり身はない。前走から1kg増の52kgとなるので、指数を伸ばすのは難しいか。1番人気ということを考えても、狙う利は少ないか。最大で指数75程度を想定して抑え評価とする。

 

バスラットレオン75

近4走指数ベストは4走前のニュージーランドTで75。

近4走指数は75→中止→49→63。

4走前のニュージーランドTで指数75と好走。3歳4月にしては高値だ。

3走前のNHKマイルは落馬で競走中止

2走前のダービーは指数49と低値も、距離が長かったためで度外視でいい。

前走の京成杯AHは指数63と低値も休み明けのため度外視で良い。

さて今回だが、前走を叩いてそれなりに状態は良さそう。とは言え、指数ベストの75を出したのは一度だけで、そのニュージーランドTは展開的にも単騎の楽逃げでありまだフロック視せざるを得ないか。最大で4走前並の指数75程度を想定し抑え評価とする。

 

ボンセルヴィーソ74

近4走指数ベストは5走前のダービー卿CTで74。

近4走指数は65→65→72→ダート。

4走前のマイラーズCと3走前の安土城Sでは指数65と凡走した。

2走前の北九州記念では指数72と平凡。

このように近走は低値続きで既にピークを過ぎている可能性が高い。最大で指数72程度を想定し消しとする。

 

サトノウィザード73

近4走指数ベストは3走前のニューイヤーSと前走の関越Sで73。

近4走指数は72→73→69→73。

近4走は指数69〜73と安定傾向かつ微増中である。

今回も特に変わり身はなく、最大で近走並の指数73程度までを想定し消しとする。

 

ソーグリッタリング73

近4走指数ベストは4走前のメイSと3走前のエプソムCで73。

近4走指数は73→73→63→64。

4走前のメイステークスは先行粘り込みで能力を出し切って73を出した。

3走前のエプソムカップは先行有利レースの恩恵も受けることができて73だ。

2走前のキャピタルSは指数63と力負けだ。

前走のダービー卿CTでは指数64と力負け。

さて今回だが、現状の能力73ではオープン特別レベルで重賞では足りない。今回も最大で指数73程度を想定して消しとする。

 

マイラプソディ72

近4走指数ベストは前走の都大路Sで72。

近4走指数は71→72→64→70。

4走前の大阪城Sで71、前走の都大路Sで72と2走続けてベスト更新。

ただし、その後は指数を伸ばせず能力的には一度頭打ち。今回も特に上積みはなさそうで指数72程度までを想定して消しとする。

 

ダノンザキッド71

近4走指数ベストは2走前のディープインパクト記念で71。

近4走指数は68→70→71→53。

4走前の東スポ杯で指数68、3走前のホープフルSで指数70と2歳重賞連勝。時期を考えたら高値だ。

2走前のディープインパクト記念では指数71とベスト更新。

前走の皐月賞は指数53と大きく落とした。

そもそも持ち指数71は低いし、2歳時からあまり指数を伸ばせていない。G1馬ということで人気してはいるが、古馬混合戦ではまだ能力不足。夏を越えて成長している可能性はあるが、人気を加味したら狙う利はない。最大で指数73程度までを想定し消しとする。

 

フォルコメン70

近4走指数ベストは2走前の桑名Sと前走の納屋橋Sで70。

近4走指数は60→66→70→70。

前走の納屋橋Sを勝利しOP入りを決めた。

近2走は安定傾向で指数70は3勝クラスレベル。

古馬G2では能力的に足りない。今回も指数70程度を想定し消しとする。

 

サンライズオネスト69

近4走指数ベストは前走の水無月Sで69。

近4走指数は66→66→65→69。

前走の水無月Sを勝利しOP入りを決めた。

近4走は指数65〜70と安定傾向で、2勝クラス〜3勝クラスレベル。

古馬G2では能力的に足りない。今回も指数70程度を想定し消しとする。

 

ハッピーアワー68

近4走指数ベストは2走前の関屋記念と前走のポートアイランドSで68。

近4走指数は62→64→68→68。

指数ベストの近2走で3勝クラスで馬券内レベル。

今回も近走並みの指数68までと想定し消しとする。

 

タイムトゥヘブン68

近4走指数ベストは3走前のNHKマイルで68。

近4走指数は66→68→65→57。

指数ベストの3走前のNHKマイルで指数68。

その後の2戦は距離も長かったか指数を落とした。

今回は好走しているマイルに戻るし、斤量も当時から3kg減の54kgとなる。また、当時から成長分もありそうなので、指数ベスト更新はあるだろうが、いきなり古馬G2クラスと戦えるまで伸ばすのは難しいか。最大で指数73程度までを想定し消しとする。

 

ダーリントンホール68

近4走指数ベストは4走前の共同通信杯で68。

近4走指数は68→67→64→48。

3走前の共同通信杯では3歳2月で指数68と時期を考えたら高値である。

ただその後は成長が見られず指数ベストを更新できていない。

今回も追い切りから成長分は感じられないし古馬重賞で好走するのは難しい。指数70以下を想定し消しとする。

 

まとめ

◎ザダル 想定指数77

ロータスランド 想定指数76

△ラウダシオン 想定指数75

△ソングライン 想定指数75

△バスラットレオン 想定指数75

 

本命はザダル。前走は荒れ馬場もマイナス、斤量57.5kgもマイナスであり凡走を度外視とする。敗因明確の凡走で人気を落としており妙味ありだ。

対抗はロータスランド。今年指数を伸ばし本格化している馬であり、今回も引き続き状態は良さそうで安定して計算が立つか。

抑え評価は3頭。ラウダシオンは前走以上には仕上がった。ソングラインは近2走指数74〜75にしては人気が先行している。バスラットレオンは4走前のニュージーランドTが指数75と高値であり、今回は状態は良さそうで再現できるか。

印を打たなかったが、ダノンザキッドは前日2番人気。実績と成長期待で買われているのだろうが、これまでに出した指数から考えたら、過剰人気。

2021府中牝馬ステークスG2 全馬指数

今週は府中牝馬Sを予想する。

東京1800mで行われる牝馬限定の別定G2だ。

 

指数一覧

  • 出走馬18頭の指数を算出した。近4走指数1位はマジックキャッスルで78。
  • 優勝想定ラインは77と設定する。牝馬限定の別定G2としては平均レベル。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 マジックキャッスル  78

2位 デゼル        77

3位 アンドラステ     76

3位 マルターズディオサ  76

3位 シゲルピンクダイヤ  76

6位 スマートリアン    75

7位 シャドウディーヴァ  74

7位 ドナアトラエンテ   74

9位 サトノダムセル    73

9位 ミスニューヨーク   73

9位 アブレイズ      73

9位 フィリアプーラ    73

9位 サンクテュエール   73

14位 ローザノワール     72

15位 アカイイト       71

15位 リアアメリア      71

17位 レッドベルディエス   70

18位 セラピア        68

 

f:id:keibashisuu:20211015204933p:plain

 

マジックキャッスル78

近4走指数ベストは4走前の愛知杯で78。

近4走指数は78→77→77→75。

4走前の愛知杯でも指数78とベストを更新した。

3走前の阪神牝馬Sでは直線やや詰まり気味ながら上手く間を縫って指数77と好走した。

2走前のヴィクトリアマイルでも指数77と好走した。

前走のクイーンSは斤量56kgもあって指数75とやや落とした。

ここまで指数は安定して75オーバーで計算はしやすい馬であるが、今回は休み明けで次走に向けてお釣りを残した仕上げとなっている。それでも今回のメンバーでは能力上位である。斤量も前走から2kg減るし、指数77程度を想定し対抗とする。後述する本命馬よりこちらの方が安定感はあるが、配当妙味を考え対抗とした。

 

デゼル77

近4走指数ベストは2走前の阪神牝馬Sで77。

近4走指数は69→71→77→75。

3走前にかけて指数は緩やかに上昇傾向。3走前の初音SでOP入りを決めた。

2走前の阪神牝馬Sでは追い切り抜群で、指数77と大幅上昇となった。

前走のヴィクトリアMでも引き続き状態は良好で、指数75と引き続き好走した。

さて今回だが、休み明けの余力残しで完調手前である。最大で指数75程度までを想定し抑え評価とする。

 

アンドラステ76

近4走指数ベストは2走前の中京記念で76。

近4走指数は75→71→76→71。

4走前のターコイズSでは指数75と当時のベストタイ。マイルにしては時計も上がりもかかった得意条件で能力を発揮できたと言える。

3走前のマーメイドSは指数71と落とした。2000mへの距離延長で折り合いを欠いたためで度外視で良い。

2走前の中京記念では、距離短縮×豪腕川田騎手への乗り替わりで折り合いはバッチリ。指数76とベストを更新した。

前走の関屋記念はそこそこ時計の出る馬場だったこと、斤量55kgを背負ったこともあり指数71と平凡だ。

さて今回だが、状態は良さそうで斤量も54kgに戻る。指数75程度までを想定して抑え評価とする。

 

マルターズディオサ76

近4走指数ベストは3走前の高松宮記念で76。

近4走指数は75→76→72→71。

4走前の阪神Cでは成長分ありで指数75とベストを更新した。

3走前の高松宮記念でも指数76とベスト更新。

2走前のヴィクトリアMでは指数72と落とした。

前走の京成杯AHでは指数71と平凡。ただ全く仕上がっていない割には最後まで伸びており叩き台としては十分な指数と言える。

さて今回だが、前走を叩いて上積み十分である。ベスト時から斤量も1kg減となるし、指数77程度までを想定し本命とする。

 

シゲルピンクダイヤ76

近4走指数ベストは2走前のヴィクトリアマイルで76。

近4走指数は65→72→76→67。

生涯ベストは8走前のVMで77。高速マイルでの指数ということで適性は高速馬場。

4走前の愛知杯ではそこそこ時計のかかる2000mで前付けして息が続かず、指数は65の低値。

3走前の福島牝馬Sは平均時計の距離1800mで指数72と平凡。

2走前のヴィクトリアマイルでは高速馬場で指数76と好走した。

前走のクイーンSでは時計のかかる1800mで指数67と落とした。

さて今回だが、状態は近走と比べても良い。現状の東京は高速馬場であり、ベストはマイルだが今の馬場なら1800mにも対応できるだろう。当日入れ込みなどがなければそれなりに評価したい。現時点では指数76程度を想定し3番手評価とする。

 

スマートリアン75

近4走指数ベストは前走の京成杯AHで75。

近4走指数は70→73→71→75。

2走前までは指数70〜73と安定傾向。

前走の京成杯AHでは追い切り抜群で上積みがあり、指数75とベストを更新した。

さて今回だが、引き続き状態は良好で前走並みの指数75程度を想定し抑え評価とする。

今回上積みはないが、斤量はベスト時から1kg減であり、斤量分の上昇は可能。最大で指数74程度までを想定し抑え評価とする。とは言え、前走が人気薄で狙い目だったことを考えたら、今回の人気では妙味はない。

 

シャドウディーヴァ74

近4走指数ベストは2走前のマーメイドSで74

近4走指数は73→72→74→71。

生涯ベストは11走前の東京新聞杯で指数76。ただし、岩田騎手のイン突き好騎乗がはまったのが大きい。実質的には73程度と見積もっている。 

近4走ではいずれも能力を発揮して指数71〜74と非常に安定傾向である。

さて今回だが、状態は安定しており能力は発揮できるだろうが1枚足りないか。近走並みの指数74程度までを想定し消しとする。

 

ドナアトラエンテ74

近4走指数ベストは2走前の福島牝馬Sで74。

近4走指数は70→66→74→66。

3走前までは指数70以下の程度も、2走前の福島牝馬Sで指数74とベストを更新した。

前走のクイーンSは力負けで指数66と落とした。洋芝や休み明け、初の北海道遠征などの敗因もありそうか。

さて今回だが、状態は良好で現状の能力は発揮できるだろう。上積みもありそうで指数75程度を想定し抑え評価とする。

 

サトノダムセル73

近4走指数ベストは4走前の新潟記念と3走前のディセンバーSで73。

近4走指数は73→73→69→66。

4走前の新潟記念では斤量53kgと休み明けを叩いたことで指数73とベスト更新。

3走前のディセンバーSでも斤量54kgで指数73と実質的にはベスト更新である。微増だが着実に力をつけているようだ。

2走前の愛知杯では指数69と落とした。

前走の中山牝馬Sでも指数66と低値。

さて今回だが、休み明けにしてはそこそこ仕上がっておりいきなり好走可能か。とは言え、能力的に足りず、近走並みの指数73程度までを想定し消しとする。

 

ミスニューヨーク73

近4走指数ベストは2走前の中京記念で73。

近4走指数は69→60→73→71。

7走前のエリザベス女王杯で当時の自己ベストとなる指数71を出した。

その後、大きな上積みはなく、2走前の中京記念で斤量52kgの恩恵を受けて、指数73と2ポイント更新した。これは能力的な上積みではないと判断する。

今回も上積みはなく指数71程度を想定して消しとする。

 

アブレイズ73

近4走指数ベストは4走前の愛知杯と前走のメイSで73。

近4走指数は59→72→73→68。

4走前の中山牝馬Sでは指数59と大敗したが、ドロドロの不良馬場であり度外視でいい。

3走前の福島牝馬Sで72、前走のメイSで73と良馬場ならば安定している。

前走のマーメイドSは指数68と落としたが、斤量は56kgのトップハンデが厳しく度外視で良い。

さて今回だが、斤量54kgに戻るので2走前並みの指数73程度までを想定し、能力的に足りないので消しとする。

 

フィリアプーラ73

近4走指数ベストは3走前の福島牝馬Sで73。

近4走指数は50→73→62→68。

生涯ベストは9走前のターコイズSで74。

ターコイズSでは出脚が鈍く、差し遅れてはいるが異次元の末脚で4着まで突っ込んできている。勝ち時計1分32秒2と高速馬場であり、馬場は軽ければ軽いほうが良い。

近走では3走前の福島牝馬Sでは久しぶりに、時計の出る馬場となり指数73と能力を発揮できた。

2走前のマーメイドSでは時計のかかる馬場で指数62と落とした。

前走の関越Sでは時計の出る得意条件ではあったが、指数は68と平凡。

さて今回だが、高速馬場で能力を発揮できる舞台ではあるが、単純に能力が足りない。最大で3走前並みの指数73程度を想定し消しとする。

 

サンクテュエール73

近4走指数ベストは2走前の福島牝馬Sで73。

近4走指数は50→63→73→64。

4走前の秋華賞では指数50と大敗。

3走前のターコイズSでも指数63と大敗。

そこから4ヶ月の休養を挟んで成長を促し、2走前の福島牝馬Sで指数73とベストを更新した。

前走のマーメイドSは斤量増と距離延長かつ雨で時計のかかる馬場になったこともマイナスで指数64と落とした。

さて今回だが、斤量54kgに戻り高速馬場になることで2走前並の能力は発揮できるだろうが、能力的に足りないので消しとする。

 

ローザノワール72

近4走指数ベストは前走のクイーンSで72。

近4走指数は57→ダート→ダート→72。

3走ぶりに芝レースを使った前走のクイーンSで指数72と平凡。

他に参考にできるレースはないが、現状この程度の能力ではOP特別レベルであり、G2では通用しないか。前走並みの指数72程度を想定し消しとする。

 

アカイイト71

近4走指数ベストは前走の垂水Sで71。

近4走指数は70→68→69→71。

前走の垂水Sで指数ベストを更新しOP入りを決めた。

近走は指数68〜71と安定傾向。

今回も特に上積みはなく、最大で前走並の指数71程度を想定し消しとする。

 

リアアメリア71

近4走指数ベストは前走の新潟記念で71

近4走指数は67→70→70→71。

生涯ベストは5走前のエリザベス女王杯で指数74。綺麗な良馬場の瞬発力勝負であり得意条件だった。

4走前の中山牝馬Sでは指数67と落としたが、不良馬場で度外視で良い。

3走前の阪神牝馬Sでは指数70と平凡。阪神開催終盤で馬場が荒れており、得意条件とは言えない馬場だった。

2走前のヴィクトリアマイルでは指数70と平凡。

前走の新潟記念は開催最終日の荒れ馬場で指数は71と平凡。

さて今回だが、割と綺麗な良馬場の瞬発力勝負で能力を発揮できる舞台だろう。とは言え能力的には足りず、最大でエリザベス女王杯並の指数74程度を想定し消しとする。

 

レッドベルディエス70

近4走指数ベストは4走前の逆瀬川Sと3走前の飛鳥Sと2走前のヴィクトリアMで70。

近4走指数は70→70→70→64。

前走は落としたが、4走前〜2走前は指数70で安定傾向。これは3勝クラスレベルであり重賞では能力的に足りない。今回も指数70程度を想定して消しとする。

 

セラピア68

近4走指数ベストは前走のニューイヤーSで68。

近4走指数は取消→58→66→68。

指数68では3勝クラスでも足りない。現状重賞では通用しないだろう。今回も指数70以下を想定し消しとする。

 

まとめ

◎マルターズディオサ 想定指数77

○マジックキャッスル 想定指数77

▲シゲルピンクダイヤ 想定指数76

△デゼル 想定指数75

アンドラステ 想定指数75

△スマートリアン 想定指数75

△ドナアトラエンテ 想定指数75

 

マジックキャッスルは能力上位で安定感もあるが、今回完調手前で人気的にも妙味ない。マルターズディオサは前走は完全なる叩きで上積み十分だし、追い切りの動きも良い。人気もほどほどで今回狙ってみたい1頭。以下、混戦であまり絞りきれず。あとは、当日の馬場状態、オッズ、パドックなどをみて判断する。シゲルピンクダイヤは入れ込みが大きくならなければ狙いたい。

2021毎日王冠G2 全馬指数

今週は毎日王冠を予想する。

東京1800mで行われる別定G2だ。

 

指数一覧

  • 出走馬13頭の指数を算出した。近4走指数1位はダノンキングリーで81。
  • 優勝想定ラインは79と設定する。別定G2としては平均〜やや高いレベル。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 ダノンキングリー   81

2位 ヴァンドギャルド   79

2位 シュネルマイスター  79

4位 ケイデンスコール   77

4位 マイネルファンロン  77

6位 トーラスジェミニ   76

6位 ラストドラフト    76

8位 ポタジェ       75

8位 カイザーミノル    75

8位 カデナ        75

8位 サンレイポケット   75

8位 ヴェロックス     75

8位 ダイワキャグニー   75

f:id:keibashisuu:20211009140743p:plain

 

ダノンキングリー81

近4走指数ベストは前走の安田記念で81。

近4走指数は79→77→55→81。

生涯ベストは7走前の毎日王冠で指数82。ただし54kgの軽斤量だった。

4走前の大阪杯では57kgを背負って79と指数を落とした。逃げてスローの瞬発力勝負に持ち込んで展開的には恵まれたが、上位2頭には力負けだった。2000mは長かったと言えるし、斤量増にも対応できなかった。

3走前の安田記念では斤量58kgに対応できずに、指数を77と落とした。

2走前の天皇賞・秋では斤量58kgかつ距離も適正より長い2000mということで、指数55と惨敗した。

前走の安田記念では距離1600mの高速馬場も合い、折り合い難のこの馬を川田騎手がきっちり操縦し、指数81と好走した。斤量58kgにもようやく対応できた。

さて今回だが、基本的に休み明けからきっちり走るタイプであり、今回は追い切りも圧巻の動きで絶好調。斤量58kgも前走で問題なかったし、前走並みの指数81程度を想定して本命とする。あとは距離延長で折り合いをつけられるかどうか。

 

ヴァンドギャルド79

近4走指数ベストは4走前の富士Sで79。

近4走指数は79→77→73→海外。

4走前の富士Sでは成長分と斤量56kgに恵まれたこと、さらに差し優勢レースとなり展開が向いたことで指数79とベストを更新した。

3走前のマイルCSでは好調持続で順当に能力を発揮でき、指数は77と高値だ。

2走前の東京新聞杯は指数73と落としたが、ドバイターフへの叩き台のため、完調手前であり度外視で良い。

前走のドバイターフは指数はないが、G1で2着ということで、80近くは出ているのではないか。

さて今回だが、おそらく米BCマイルへの叩き台だろう、メイチではない。東京新聞杯よりは仕上がっているが、それでも指数76程度を想定し消しとする。

 

シュネルマイスター79

近4走指数ベストは前走の安田記念で79。

近4走指数は56→68→76→79。

3走前のディープインパクト記念で指数68、2走前のNHKマイルで指数76と順当に指数を伸ばしている。

前走の安田記念では斤量54kgではあったが、指数79とベストを更新し、古馬相手に能力を示した。

さて今回だが、休み明けだが仕上がり良好でいきなり好走可能。斤量は前走から2kg増の56kgとなるがこれは成長分で対応できるだろう。前走並みの指数79程度を想定し対抗評価とする。

 

ケイデンスコール77

近4走指数ベストは2走前のマイラーズCで77。

近4走指数は75→76→77→71。

4走前の京都金杯では指数75、3走前の中山記念では指数76と好走した。

2走前のマイラーズCも指数77と好走した。ここ3走は全て斤量56kgで指数も非常に安定傾向である。

前走の安田記念は斤量58kgに対応できず指数を71と落とした。

さて今回だが、休み明けだが仕上がりは十分。斤量57kgということで指数76程度までを想定するが、今回のメンバー相手ではやや能力的に足りないため消しとする。

 

マイネルファンロン77

近4走指数ベストは前走の新潟記念で77。

近4走指数は64→72→59→77。

4走前〜2走前までは指数72以下と低値続きだった。

前走の新潟記念では状態絶好調かつ差し優勢レースで展開がハマったこともあり、指数77とベストを更新した。

さて今回だが、状態は抜群の前走と比べると見劣りするし、斤量1kg増もある。前走は展開利込みであり再現性も薄いことから、指数74程度までを想定し消しとする。

 

トーラスジェミニ76

近4走指数ベストは3走前の安田記念と2走前の七夕賞で76。

近4走指数は69→76→76→64。

4走前のダービー卿CTは先行馬が揃い先行争いが激化したことでハイペースになり、最後まで脚を持たせることができなかった。指数は69の低値だ。

3走前の安田記念ではスロー気味を2番手追走で能力を発揮でき指数76とベスト更新だ。

2走前の七夕賞も先行有利レースを2番手追走でそのまま押し切り指数76と好走した。

前走の札幌記念は完調手前で指数64と落とした。

さて今回だが、前走に引き続き完調手前。好走時と比べると状態面で見劣りする。指数73程度までを想定し消しとする。

 

ラストドラフト76

近4走指数ベストは3走前のアルゼンチン共和国杯と2走前のAJCCで76。

近4走指数は61→76→76→70。

4走前のケフェウスステークスは指数61の低値。川田騎手が前に位置取ったが差し優勢レースな上に、休み明けの完調手前で息が続かずに失速した。トップハンデでもあったため度外視で良い。

3走前のアルゼンチン共和国杯では叩いた上積みもあり、指数76とベストを更新した。

2走前のAJCCでは指数76と引き続き好走した。

前走の日経賞は追い切りから動いておらず、完調手前で度外視で良い。

さて今回だが、休み明けだが追い切りはよく動いている。基本的に叩き良化型だが、今回はそこそこ走れるのではないか。直近高値のAJCCは不良馬場であり、不良よりは良馬場の方が良いので、良馬場だったら指数78程度は出ていただろうか。今回、良馬場濃厚で指数77程度を想定し抑え評価とする。

 

ポタジェ75

近4走指数ベストは2走前の金鯱賞と前走の新潟大賞典で75。

近4走指数は73→73→75→75。

6走前〜3走前までは1勝クラス〜OP特別まで4連勝中で指数も上昇傾向。

2走前の金鯱賞では相手強化で連勝は止まったが、指数75はベスト更新。斤量増と馬場悪化でのレースと考えたら価値ある3着だ。

前走の新潟大賞典でも指数75と引き続き好走した。

さて今回だが、状態は近走並みであり、近走並みの指数75程度を想定して消しとする。

 

カイザーミノル75

近4走指数ベストは3走前のマイラーズCと2走前の京王杯SCで75。

近4走指数は73→75→75→73。

4走前のオーシャンSでは指数73とベストを更新した。

3走前のマイラーズCでも指数75とベストを更新。

2走前の京王杯SCも指数75と引き続き好走した。

前走の朱鷺Sでは指数73と平凡。

ここのところ、指数73〜75と安定傾向であり、今回も特に上積みはなし。近走並みの指数75程度を想定し消しとする。

 

カデナ75

近4走指数ベストは2走前の安田記念で75。

近4走指数は70→72→75→71。

生涯指数1位は9走前の大阪杯で79、2位は9走前の小倉大賞典で78。ちょうど1年半前にピークを迎えていた。

ただそこから急激に下降傾向に入り、近4走は75以下の低値続き。直近高値の前走も武豊騎手の好騎乗によるものだ。現状の能力で重賞では通用しなく、指数72程度を想定して消しとする。

 

サンレイポケット75

近4走指数ベストは2走前の新潟大賞典で75。

近4走指数は73→74→75→69。

生涯ベストは7走前の毎日王冠で77。当時は状態抜群かつ綺麗な良馬場という得意条件だった。

4走前の白富士Sでは完調手前で指数73と低値だ。

3走前の金鯱賞は状態は良化したが、荒れ馬場が合わず指数は74と低値だ。

2走前の新潟大賞典では、良馬場でこそあったが、馬場自体は荒れていてベストな舞台とは言えなかった。ただ、状態が良化したこともあって指数75と伸ばした。

前走の鳴尾記念は先行有利レースを後方から差し遅れ指数69と落とした。

さて今回だが、近走から特に変わり身はなく、最大で指数76程度までを想定し消しとする。

 

ヴェロックス75

近4走指数ベストは2走前のエプソムCで75。

近4走指数は74→67→75→63。

生涯ベストは10走前の皐月賞で指数78。結果的にここがピークでその後は指数ベストを更新できていない。

直近高値は4走前の中日新聞杯の74と2走前のエプソムC。これらはいずれも上がりの速いレースであり、時計が出れば現状は指数75程度のパフォーマンスということになる。

今回は開幕週の東京競馬場ということで高速馬場になるだろうから、現状の能力は発揮できるだろう。今回は追い切りの動きもよく、斤量が1kg減もあるため、指数77程度まで伸ばすと想定し抑え評価とする。

 

ダイワキャグニー75

近4走指数ベストは2走前のマイラーズCで75。

近4走指数は62→63→75→70。

生涯ベストは6走前の毎日王冠で指数76。斤量56kgではあったが、6歳にして本格化したようだ。

4走前の日経新春杯は斤量57.5kgを背負い指数62と落とした。

3走前の東京新聞杯も斤量58kgを背負い指数63の低値。

2走前のマイラーズCでは斤量56kgで指数75と能力を発揮できた。

前走の安田記念は斤量58kgを背負い指数70と落とした。

ここまでを振り返ると、この馬は斤量敏感傾向でベスト時は軽斤量である。今回、斤量56kgであり2走前並みの指数75程度を想定し消しとする。

 

まとめ

◎ダノンキングリー  想定指数81

○シュネルマイスター 想定指数79

△ラストドラフト   想定指数77

△ヴェロックス    想定指数77

 

能力最上位で絶好調のダノンキングリーから入る。続いても順当に能力上位のシュネルマイスター。上位人気2頭ということもあり、馬連より馬単で勝負したい。3着候補にラストドラフト、ヴェロックスを挙げた。あとは、当日の馬場、オッズ、馬体重を見て結論を出す。

2021京都大賞典G2 全馬指数

今週は京都大賞典を予想する。

阪神2400mで行われる別定G2だ。

 

指数一覧

  • 出走馬14頭の指数を算出した。近4走指数1位はモズベッロで79。
  • 優勝想定ラインは77と設定する。別定G2としては平均〜やや低レベルか。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 モズベッロ      79

2位 アリストテレス    77

2位 オセアグレイト    77

4位 ステイフーリッシュ  76

4位 ヒートオンビート   76

4位 ヒュミドール     76

4位 マカヒキ       76

8位 ダンビュライト    75

9位 キセキ        74

9位 ディアマンミノル   74

11位 ベレヌス        72

12位 ムイトオブリガード   71

12位 アイアンバローズ    71

12位 ロードマイウェイ    71

 

f:id:keibashisuu:20211009120811p:plain

 

モズベッロ79

近4走指数ベストは2走前の大阪杯で79。

近4走指数は73→70→79→71。

4走前のAJCCでは得意の不良馬場になったが完調手前で指数は73と平凡。

3走前の京都記念では仕上がりは良かったが良馬場で指数70と低値。

2走前の大阪杯では得意条件の極悪馬場となり、他馬が脚を削がれる中で、末脚を伸ばし指数79とベスト更新。

前走の宝塚記念では状態は良かったが、良馬場では指数71まで。

このように極悪馬場では指数を伸ばす傾向にある。

さて今回だが、まず休み明けで完調手前。さらに今週は晴れ続きで良馬場濃厚である。状態面、馬場面から今回は走れないだろう。指数70程度を想定して消しとする。

 

アリストテレス77

近4走最大指数は4走前のAJCCと2走前の天皇賞・春で77。

近4走指数は77→60→77→69。

生涯ベストは4走前の菊花賞で指数80。世代最強馬コントレイルと併せ馬になったことで、最大限のパフォーマンスを発揮して指数80と跳ね上げた。指数的には菊花賞で跳ねあげているが、ここで急成長したわけでは無い。菊花賞以前からこの程度の力は持っていたが、相手に恵まれず低値が続いていたということだ。

4走前のAJCCでは指数77。菊花賞からは若干下げているが、条件最悪の不良馬場かつ相手弱化の中、勝ちきっているので問題はない。

3走前の阪神大賞典では重馬場の3000mで最後まで脚が続かず指数60と大幅に落とした。重馬場の3000mでは能力を発揮できる馬の方が少ないし、ここは度外視で良い。

2走前の天皇賞・春は距離は伸びたが、良馬場になったことで最後までスタミナが持った。それでも、時計のかかる阪神3200mではやや力不足で指数は77と平凡。

前走の宝塚記念は指数69と大きく落とした。

さてここのところは指数を伸ばせていないが、早熟でピークを過ぎた可能性もある。菊花賞以降は不良馬場やタフな長距離戦であり、時計のかかるレースを苦にしていた可能性もあり、今回は久しぶりの高速馬場で条件がガラッと変わるため上昇余地はある。ただし、人気していて妙味はないため、早熟説を支持して指数74程度までを想定して抑え評価とする。

 

オセアグレイト77

近4走指数ベストは4走前のステイヤーズSで77。

近4走指数は77→74→73→54。

4走前のステイヤーズSで指数77と跳ね上げたが、ドスローで展開に恵まれたためであり再現性は薄い。

3走前の有馬記念は指数74。フラットな展開であることを考慮したら、能力的にはピークと考えて良い。

2走前の日経賞でも指数73とこの馬なりに好走している。

前走の天皇賞・春は指数54と落とした。

さて今回だが、特に変わり身はなく現状の能力である近走並みの73程度を想定し消しとする。

 

ステイフーリッシュ76

近4走指数ベストは3走前の京都記念と前走のオールカマーで76。

近5走指数は73→76→中止→76。

生涯ベストは2019年の京都記念で77。

この馬の得意条件はタフな馬場でのスタミナ勝負である。

4走前のAJCCも時計のかかる中山競馬場で指数73とそこそこ能力を発揮できた。

3走前の京都記念でも時計のかかるタフなレースで指数76と好走した。

2走前の札幌記念では心房細動で競走中止

前走のオールカマーもそこそこ上がりのかかるレースとなり指数76と好走した。

さて今回だが、阪神競馬場の開幕週で高速馬場が想定される。現状能力を発揮できる馬場状態ではなく、指数73程度までを想定し消しとする。

 

ヒートオンビート76

近4走最大指数は前走の目黒記念で76。

近4走指数は69→71→73→76。

デビューから大崩れすることなく順当に指数を伸ばし続け、近4走でみてもきっちり2〜3ポイントずつ上昇している。

3走前の美濃SでOP入りを決め、2走前の大阪ーハンブルクCでは指数73と好走。

前走の目黒記念で重賞挑戦となり指数76で2着と好走した。

さて今回だが、休み明けで完調手前。成長分はあったとしても一度使ってからだろう。指数75程度までを想定して対抗評価とする。1番人気であることも考えたら妙味はないか。

 

ヒュミドール76

近4走指数ベストは前走の小倉記念で76。

近4走指数は73→64→73→76。

3走前の新潟大賞典は指数64と落としたが、完調手前であり度外視でいい。

他の3戦は指数73〜76と安定傾向。前走の小倉記念では差し優勢レースが展開的にはまり指数76とベスト更新だ。

前走は展開利もあるため再現性は薄く、今回は指数75程度までを想定し本命とする。想定指数75では心許ないが、人気上位に不安要素も多く消去法的に本命となった。人気的に配当妙味はあるか。

 

マカヒキ76

近4走指数ベストは4走前のJCで76。

近4走指数は76→68→73→64。

生涯ベストは2016年日本ダービーで80。

4走前のJC(2019)では末脚勝負に決め打った武豊騎手の好判断で、能力を出し切って76だ。これが2019年時点のピークだ。

3走前の大阪杯では後方から差し遅れたこともあるが、能力的にも足りず指数68と力負け。

2走前のJCでは指数73と平凡、前走の天皇賞・春でも指数64と力負けだ。

さて今回だが、能力は下降線だし今回も特に変わり身はない。最大で近走並みの73程度を想定し消しとする。

 

ダンビュライト75

近4走指数ベストは2走前の京都記念で75。

近4走指数は59→74→75→63。

生涯ベストは17走前のAJCC(2018)で78。

4走前の宝塚記念も指数59の低値だが、かなり重たい特殊馬場だったので度外視で良い。

3走前の京都大賞典は指数74、2走前の京都記念は指数75とここ2走は安定傾向である。

前走の日経賞は指数63と落とした。

さて今回だが、状態面は平凡。年齢的に上積みもなく、近走並みの指数75程度を想定して3番手評価とする。

 

キセキ74

近4走指数ベストは3走前の金鯱賞で74。

近4走指数は68→74→海外→72。

生涯ベストは2018年JCで指数84。

4走前の有馬記念は指数68と低値。捲ったクロノジェネシスについて行って脚が無くなってしまった。クロノジェネシスは最後まで持っているので度外視は不可でここは力負け。

3走前の金鯱賞は指数は74と平凡だが、スローの前残りレースを最後方から運び脚を余しており度外視でいい。

2走前のQE2Cで4着と好走した。海外レースなので指数はない。

前走の宝塚記念は指数72と平凡。

さて2018年はベストで指数84とG1級だったが、ここのところは年齢を重ねて確実に指数を下げてきている。度外視可能なレースが多いとは言っても、平凡な指数続きだ。今回も追い切りの動きも平凡で特に変わり身はなく、近走並みの指数73程度を想定して評価とする。

 

ディアマンミノル74

近4走指数ベストは2走前の函館記念で74。

近4走指数は72→61→74→67。

4走前のメトロポリタンSでは指数72とベスト更新だ。

3走前の目黒記念は状態抜群だったが指数61の低値に終わった。ドスローの瞬発力勝負でのトップスピード戦に対応できなかったためであり度外視で良い。

2走前の函館記念では指数74と好走した。斤量は54kgだった。

前走の札幌記念は斤量3kg増の57kgを背負い指数67と落とした。

さて今回だが、斤量56kgで2走前の指数は出ない。状態も完調手前だし指数70程度を想定し消しとする。目黒記念の凡走からおそらく高速馬場も合わない。

 

ベレヌス72

近4走指数ベストは前走の博多Sで72。

近4走指数は51→59→68→72。

近走上昇傾向で前走の博多Sを指数72で勝利しOP入りを決めた。

さて今回だが、状態は良好で上積みはあり、指数を74程度まで伸ばすと想定し抑え評価とする。

 

ムイトオブリガード71

近4走指数ベストは2走前の新潟大賞典で71。

近4走指数はダート→70→71→66。

生涯ベストは12走前のアルゼンチン共和国杯で77だが3年前のレースである。

4走前はダートを使い、3走前の日経賞では指数70、2走前の新潟大賞典では指数71と平凡。前走の目黒記念は指数66と落とした。

さて今回だが、指数は下降傾向だし、現状の能力で重賞は難しいだろう。指数は近走並みの71程度を想定して消しとする。

 

アイアンバローズ71

近4走指数ベストは2走前の白鷺特別で71。

近4走指数は64→65→71→70。

2走前の2勝クラス白鷺Sで指数71とベスト更新。3勝クラス並みの指数である。

前走の3勝クラス緑風Sを指数70で勝利しOP入りを決めた。

夏を挟んでさらに成長しているようで、斤量1kg減も考慮して指数74程度まで伸ばすと想定して抑え評価とする。

 

ロードマイウェイ71

近4走指数ベストは4走前の大阪城Sで71。

近4走指数は71→48→60→68。

生涯ベストは2019年のチャレンジCで指数75。

それ以来指数は下降傾向で、近走は70以下の低値続き。今回も特に上積みはなく指数70程度を想定し消しとする。

 

まとめ

ヒュミドール 想定指数75

○ヒートオンビート 想定指数75

▲ダンビュライト 想定指数75

アリストテレス 想定指数74

ベレヌス 想定指数74

△アイアンバローズ 想定指数74

 

上位混戦で掴みどころの無いレースとなった。ヒュミドールはベストの前走が展開利込みの

指数であること、ヒートオンビートは休み明けで完調手前であること、ダンビュライトは年齢的に上積みはなく前走大敗していることなど、これと言った存在がいない。当日の馬場、馬体重、オッズなどを見ながら妙味ありそうなところを買うことにする。

2021スプリンターズステークスG1 全馬指数

今週はスプリンターズSを予想する。

中山1200mで行われる別定G2だ。

 

指数一覧

  • 出走馬16頭の指数を算出した。近4走最大指数1位はダノンスマッシュとレシステンシアで80。
  • 優勝想定ラインは80と設定する。G1としては平均レベルか。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 ダノンスマッシュ   80

1位 レシステンシア    80

3位 シヴァージ      78

3位 ピクシーナイト    78

5位 モズスーパーフレア  77

6位 ジャンダルム     76

6位 エイティーンガール  76

8位 クリノガウディー   75

8位 ミッキーブリランテ  75

8位 ファストフォース   75

8位 ビアンフェ      75

12位 ラヴィングアンサー   74

12位 アウィルアウェイ    74

14位 タイセイビジョン    73

14位 ロードアクア      73

14位 メイケイエール     73

 

f:id:keibashisuu:20211002123459p:plain

 

ダノンスマッシュ80

近4走指数ベストは2走前の高松宮記念で80。

近4走指数は79→海外→80→海外。

生涯ベストは9走前のオーシャンSで指数82。高速馬場の1200mの得意条件かつ究極仕上げであった。

4走前のスプリンターズSでは指数79と好走した。

3走前の香港Sで勝利。海外G1で指数は無いが80は出ているだろう。

2走前の高松宮記念では指数80と好走した。

前走のチェアマンズSでは6着と破れた。高松宮記念で仕上げてしまいお釣りがなかったため度外視で良い。この馬は休み明けから一戦必勝で仕上げて好走できるタイプであり、連戦でパフォーマンスを上げるタイプではない。

さてここまでを振り返ると、近走ではきっちり仕上げていれば指数79〜80と高値安定傾向。今回も追い切りを見る限り順調に仕上がっており、現状の能力は出せるだろう。指数80程度を想定し本命とする。

 

レシステンシア80

近4走指数ベストは4走前の阪急杯と3走前の高松宮記念で80。

近4走指数は80→80→75→77。

4走前の阪急杯で指数80と完全に本格化した。追い切りの動きが抜群だった。

3走前の高松宮記念でも指数80と据え置きでG1、2着と能力を示した。

2走前のヴィクトリアマイルは距離1600mに対応できず指数75と落とした。現状は1200〜1400mがベストと言って良い。

前走のセントウルSでは完調手前で指数77と叩き台としては上々のパフォーマンス。

さて今回だが、前走を叩いて上積みあり。ベストパフォーマンスの指数80程度を想定して対抗評価とする。

 

シヴァージ78

近4走指数ベストは3走前のシルクロードSで78。

近4走指数は75→78→73→67。

4走前の京阪杯でも後方から差し遅れて指数75。

3走前のシルクロードSでは差し優勢レースとなり展開が合い、末脚を余すことなく発揮し指数78と自己ベスト更新。

2走前の安土城Sでは指数73と平凡。

前走のパラダイスSでは指数67と落としたが前残りレースを差し遅れており度外視で良い。

さて今回だが、休み明けで完調手前。差しが決まって脚を余すことなく使えてもシルクロードS並みの指数はない。最大で指数75程度までを想定し消しとする。

 

ピクシーナイト78

近4走指数ベストは前走のセントウルSで78。

近4走指数は68→62→74→78。

4走前のアーリントンCで指数68と当時のベストを更新。

3走前のNHKマイルでは指数62と落とした。

2走前のCBC賞で指数74とベスト更新。斤量53kgで軽斤量の恩恵もあった。

前走のセントウルSでは上積みありで指数78とベスト更新。やや折り合いは怪しかったがそれで指数78は上々。

さて今回だが、前走から斤量は1kg増だが、成長分もあるし斤量増には対応できるだろう。また、内枠で前に壁を作って折り合いがつけば、更なる上昇余地はある。上手く乗れれば指数79程度に伸ばすと想定し3番手評価とする。

 

モズスーパーフレア77

近4走指数ベストは2走前の高松宮記念で77。

近4走指数はダート→64→77→74。

生涯ベストは10走前のスプリンターズSで80。

3走前のシルクロードSでは指数64と大敗。前が残れないような馬場であり度外視で良い。

2走前の高松宮記念は指数77と好走した。

前走の北九州記念は指数74と平凡だが、斤量56.5kgを背負った休み明けにしては上々である。

さて今回だが、前走を叩いて状態は良好で現状の能力は出せるだろうがG1では足りない。最大で2走前の指数77程度までを想定し消しとする。ファストフォース、メイケイエール、ビアンフェら逃げ馬も多く展開的にも厳しいだろう。

 

ジャンダルム76

近4走指数ベストは4走前の阪急杯と前走のセントウルSで76。

近4走指数は76→75→72→76。

4走前の阪急杯で指数76と跳ね上げベストを更新した。

3走前の春雷Sでも指数75と好走した。

2走前の北九州記念では指数72と落とした。斤量57.5kgを背負い、さらに後方から差し遅れてレースに参加できておらず、度外視で良い。

前走のセントウルSは出遅れて後方からとなりレースに参加できていなかったが、それでも指数76と力は示せた。中段で競馬できていたら指数78程度まではあっただろう。

さて今回だが、近2走とも後方からレースに参加できていないので確実性はないが、前走の上がりを見る限り能力は上位に匹敵する。中段で競馬できれば指数78程度までは伸ばせると想定し4番手評価とする。

 

エイティーンガール76

近4走指数ベストは3走前の高松宮記念と前走のキーンランドCで76。

近4走指数は67→76→67→76。

生涯ベストは7走前のキーンランドCで指数79。得意の極悪馬場や差し有利展開も味方した。勝ち時計は1分10秒6と極めて時計のかかる馬場だった。

4走前のオーシャンSでは力負けで指数67の低値。

3走前の高松宮記念は勝ち時計1分9秒2と時計のかかる重馬場で指数76と好走した。

2走前のUHB賞では指数67と凡走した。

前走のキーンランドCでは勝ち時計1分9秒1と時計のかかるレースとなり指数76と好走した。

このように好走したキーンランドC高松宮記念では勝ち時計で1分9秒以上かかるレースだった。それ以前にに遡っても、2020年シルクロードS2着で指数77と好走した時で勝ち時計は1分9秒と時計のかかるレースだった。

さて今回だが、時計は1分8秒程度を想定しており、この馬が能力を発揮できる馬場では無い。指数74程度を想定して消しとする。仮に時計がかかっても現状の能力で足りないのもある。

 

クリノガウディー75

近4走指数ベストは3走前の鞍馬Sと前走のセントウルSで75。

近4走指数はダート→75→74→75。

生涯ベストは12走前の高松宮記念で78。これ以降のベストは指数75であり、高松宮記念1度きりの高値だ。

3走前の鞍馬Sでは指数75と好走。

2走前の安土城Sでも斤量57.5kgを背負い指数74と好走した。

前走のセントウルSでも指数75と近走は非常に安定傾向である。

さて今回だが、引き続き状態は良好で近走通りのパフォーマンスは出せるだろうがG1ではたりいない。指数75程度を想定し消しとする。

 

ミッキーブリランテ75

近4走指数ベストは3走前の京王杯SCと2走前の函館SSで75。

近4走指数は74→75→75→72。

生涯ベストは5走前の阪急杯でも指数77。

4走前の高松宮記念では指数74と若干落とした。重馬場かつ出遅れと差し遅れもあり度外視で良い。

3走前の京王杯SC、2走前の函館SSでは指数75と好走。

前走のキーンランドCでは指数72と落としたが、休み明けは走らない馬であり度外視で良い。

さて今回、休み明けを叩いたがそこまで大きな上昇はない。最大で近走並みの指数75程度までを想定し消しとする。

 

ファストフォース75

近4走指数ベストは2走前のCBC賞で75。

近4走指数は65→61→75→74。

3走前までは低値続きで2勝クラスレベル。

2走前のCBC賞では斤量52kgと先行有利レースに恵まれた。さらに1分6秒0のレコードレースに適性もあったのだろう。指数75とベストを大幅更新。

前走の北九州記念では斤量3kg増の55kgを背負ったが、成長分で対応し指数74と好走した。

さて今回だが、状態は前走並みで特に上積みなし。最大で指数75程度を想定し消しとする。

 

ビアンフェ75

近4走指数ベストは前走の函館SSで75。

近4走指数は74→61→74→75。

4走前のセントウルSでは斤量54kgの軽斤量で指数74とベストを更新した。

3走前のスプリンターズSでは指数61と落としたが超ハイペースのためであり度外視しで良い。

2走前のオーシャンSでは成長分と展開利で斤量2kg増に対応して指数74とベストタイ。

前走の函館SSでは指数75と再び自己ベスト更新。

さて今回だが、状態は近走並み。展開的には近走以上に厳しい流れになるし、更に指数を上げるのは難しい。近走並みの数75程度を想定して消しとする。

 

ラヴィングアンサー74

近4走指数ベストは3走前の北九州短距離Sで74。

近4走指数は71→74→71→71。

近4走は指数71〜74と安定傾向。基本的に差し馬で、差しが決まれば3走前並みの指数は出るが、後方からレースに参加できないことが多い。

今回も特に上積みはなさそうで、差しが決まったとしても3走前並みの指数74程度を想定し消しとする。

 

アウィルアウェイ74

近4走指数ベストは2走前のCBC賞で74。

近4走指数は70→68→74→68。

生涯ベストは6走前のスプリンターズSで指数80。超ハイペースの差し優勢レースとなり、展開利で実力以上の指数が出た。

4走前のオーシャンSでは先行有利レースを後方から差し遅れて指数70の低値。

3走前の高松宮記念でも最後方から差し遅れており指数68の低値。

2走前のCBC賞も先行有利レースではあり展開は向いておらず、指数74と平凡。

前走の北九州記念も先行有利レースを後方から差し遅れて指数68と低値。

このように、常に後方からの競馬となり、展開が合えば好走、合わなければ凡走という馬である。ここ4戦はほとんどレースに参加できていないようなもので度外視で良い。

近走は展開が向かず能力を測れていないので、現状の能力は不明だが、ここ4戦全て取り零しとなると、好走できる可能性は低い。展開が向いたとしても最大で指数78程度までを想定し消しとする。

 

タイセイビジョン73

近4走指数ベストは2走前のCBC賞で73。

近4走指数は72→70→73→72。

近走は指数70〜73で安定傾向。2走前のCBC賞も前走のセントウルSも後方から差し遅れているので、展開次第では上げる可能性はあるが、それでも今回のメンバーでは能力的に足りない。指数は最大で74程度を想定し消しとする。

 

ロードアクア73

近4走指数ベストは3走前のTVh賞で73。

近4走指数は70→73→70→68。

近4戦は指数68〜73と安定傾向。この指数で重賞では足りないか。

今回も最大で指数73程度を想定して消しとする。

 

メイケイエール73

近4走指数ベストは前走のキーンランドCで73。

近4走指数は68→69→46→73。

指数は4走前の阪神JFで68、3走前のチューリップ賞で69と安定傾向。

2走前の桜花賞は指数46と大きく落とした。

前走のキーンランドCでは軽斤量の恩恵もあり指数73と伸ばした。

さて今回だが、特に上積みはなく最大で前走並みの指数73程度を想定し消しとする。

 

まとめ

◎ダノンスマッシュ 想定指数80

○レシステンシア  想定指数80

▲ピクシーナイト  想定指数79

△ジャンダルム   想定指数78

 

ほぼ人気通りの印となったが、G1ということで能力上位から順当に入りたい。上位4頭は能力的に抜けているし、5番人気以下からの逆転は能力的に難しいだろう。

本命はダノンスマッシュ。今回のメンバーで能力最上位で追い切りからも状態は良好そうで特に嫌う理由はない。対抗のレシステンシアも休み明けの前走を叩いて順当に能力を発揮できるだろう。続いてピクシーナイトだが、前走は折り合いを欠きながら非常に強いパフォーマンスだった。完成はまだ先だろうが、今回うまく内枠で折り合えればパフォーマンスを伸ばして上位を逆転する可能性もある。4番手評価も順当に能力上位のジャンダルムとした。

あとは、当日の馬場、オッズ、馬体重を見て結論を出す。

2021年9月レース後短評

2021年8月予想レース

 

新潟記念

  • 新潟開催最終日で馬場は全体的に荒れている
  • 60.0-58.4と後傾ラップにも関わらず、内側の馬場が死んでいることにより完全に外差し優勢レースに。

1着マイネルファンロン

状態抜群。ほぼ最後方でマイペースを刻み、外差し優勢レースの流れに乗って直線は大外ラチ沿いを差し切り。状態面、レース展開ともに完璧な立ち回りで指数自己ベスト更新。能力以上のパフォーマンスが出た一戦で次走同様のパフォーマンスを期待するのは、さらに状態を上げないと難しい。

2着トーセンスーリヤ

好スタートから中段に控えた。中段外目を進み直線では大外に進出。完璧な騎乗で能力を発揮できた。状態良好かつ展開利もあるので能力以上の走りではあるが、近走の指数が安定しているおり、そこまで条件を選ばないとも言えるか。

3着クラヴェル

後方で脚を溜め直線では大外へ。このレースの勝ちパターンで能力以上の走りではあるが、ここ3戦は条件を選ばず安定して差しを決めていることからも、そこまで条件を選ばない。

4着ヤシャマル

中段で競馬し直線は馬場の中央へ。状態絶好調で大きくパフォーマンスを上げ、現状の能力を発揮。上位との差は直線コース取りの差である。重賞でそこそこやれそうで今後のパフォーマンスに期待。

5着ラインベック

先行し直線は馬場の中央やや内寄りを選択。展開的に厳しい位置取りではあったが、5着と粘る当たり能力はある。次走フラットな展開であればまだパフォーマンスは上がる。

6着プレシャスブルー

最後方で競馬し直線は大外へ持ち出した。やや進路が狭くはあったが、空いてからの伸び平凡で、能力的に足りなかったか。現状の能力はほぼ発揮できている。

7着サトノアーサー

中段で競馬し直線は中央やや内寄りへ。道中馬場の悪いインコースを通っていたこと、直線も馬場の中央やや内寄りということで、伸びきれず。展開次第ではまだ上がある。

8着エフェクトオン

後方で競馬し直線はコースロスを抑えて内寄りを選択。最後まで伸びほぼ現状の能力を発揮できたのでは。

9着リアアメリ

先行し直線では馬群の外側へ進出。最後は苦しくなったが、現状の能力は発揮できている。綺麗な良馬場で上昇余地はある。

10着レッドサイオン

中段前寄りで競馬し、直線はインコースを選択。展開的に厳しい位置取りであり、能力を出しきれたとは言えないか。同斤量で展開利があればまだ上はあるか。

11着パルティアーモ

道中は中段前目で直線は外へ進出。最後は伸びを欠いており、現状の能力は出し切ったと言える。

12着ラーゴム

最後方で競馬し直線は最内を選択。直線で最内は当然伸びず、能力を発揮できてはいない。次走以降再び試金石。

13着ザダル

道中前目で馬場の悪いインコースを走ったとはいえ、直線では全く伸びなかった。状態は良好だったが、斤量57.5kgの影響もあったし、そもそも荒れた馬場は苦手なタイプである。この凡走で人気を落として、綺麗な開幕週レベルの良馬場でもう一度。

14着ショウナンバルディ

逃げて直線も内寄りを選択。今回のレースで残れる位置ではなく、完全に度外視で良い。

15着アドマイヤポラリス

先行し直線は外へ進出。早々に脚がなくなった。ここ2戦凡走続きで、大きくパフォーマンスを落としている。ここが現状の能力か。

16着マイネルサーパス

常に馬場の悪い内側を通り、直線も内へ。伸びる位置ではないので、度外視でも良いがそれでも失速しすぎで、現状の能力では重賞では足りないか。

17着ギベオン

常に馬場の悪い内側を通り、直線は中央へ。早々に失速したが、斤量57.5kgと休み明け完調手前のためで度外視で良い。

 

セントウルS

  • 開幕週の良馬場で時計は1分7秒2と高速。
  • 32.9-34.3と前傾ラップも、レシステンシアが粘りタイムトライアルレースになったため、中団以降からの差しは決まらない。

1着レシステンシア

2番手で競馬し直線は早め先頭に立ちタイムトライアルレースへ。最後は詰められたところでゴール板を迎え、後続を完封。ここは仕上がり的にもたたき台であるが、上々のパフォーマンス。叩いて上はある。

2着ピクシーナイト

先行し外枠だったこともあり壁を作れず折り合いには苦労していた。それでも直線はギア全開で前を捉えに行き、タイム差なしの2着と好走。今回の時計で折り合いに苦労するようでは、今後も折り合いは難しそうだが、折り合わずこれだけのパフォーマンスが出せるあたり能力は相当。現状の能力は発揮できたが、折り合い面でまだ上はある。

3着クリノガウディー

状態良好。前目インコースで競馬し直線も順当に伸び、現状の能力は発揮できた。

4着ジャンダルム

ゲートが合わず後方から。直線はほぼ最後方からで物理的に届くレースではなく度外視で良い。とは言え、鋭い伸びで4着まで来ており、上位3頭とはほぼ差のない競馬と言って良いのでは。

5着カレンモエ

先行し伸び平凡で5着まで。能力通り走ったがG2レベルではやや足りない。

6着シャインガーネット 

中段で競馬し直線も緩やかながら最後まで伸びた。現状の能力は発揮できた。

7着タイセイビジョン

最後方から競馬。直線ではレースが終わってから突っ込んできており度外視で良い。近走はこのようなレースで取り零すことが多い。

8着ラヴィングアンサー

後方で競馬。物理的に届く位置ではなく度外視で良いが、脚色は他馬と同じであり前で競馬できていても足りないか。

9着ベストアクター

後方で競馬。物理的に届く位置ではなく度外視で良いが、脚色は他馬と同じであり前で競馬できていても足りないか。

10着ナランフレグ

後方で競馬。物理的に届く位置ではなく度外視で良いが、脚色は他馬と同じであり前で競馬できていても足りないか。

11着シゲルピンクルビー

後方で競馬。物理的に届く位置ではなく度外視で良いが、脚色は他馬と同じであり前で競馬できていても足りないか。

12着ボンボヤージ

後方で競馬。物理的に届く位置ではなく度外視で良いが、脚色は他馬と同じであり前で競馬できていても足りないか。

13着ラウダシオン

先行し直線は余力なく失速。休み明けで仕上がっておりず度外視で良い。

14着レッドアンシェル

後方で競馬。物理的に届く位置ではなく度外視で良いが、脚色は他馬と同じであり前で競馬できていても足りないか。

15着メイショウチタン

中段で競馬し伸びを欠き早々に失速。能力通り走り足りなかった。

16着ジャスティ

先行し早々に失速。芝レースに対応できないよう。

17着シャンデリアムーン

推して無理やり逃げたが、能力的に足りず早々に失速。このメンバーで逃げ切れたのは収穫か。

2021産経賞オールカマーG2 全馬指数

今週は産経省オールカマーを予想する。

中山2200mで行われる別定G2だ。

 

指数一覧

  • 出走馬16頭の指数を算出した。近4走最大指数1位はレイパパレで86。
  • 優勝想定ラインは80と設定する。G2としては高いレベルか。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 レイパパレ      86

2位 グローリーヴェイズ  80

3位 ウインマリリン    79

3位 ウインキートス    79

5位 ランブリングアレー  78

6位 キングオブコージ   77

7位 ステイフーリッシュ  76

7位 ロザムール      76

9位 サトノソルタス    75

10位 マウントゴールド    74

10位 セダブリランテス    74

12位 アドマイヤアルバ    73

12位 ゴールドギア      73

14位 アールスター      72

14位 ソッサスブレイ     72

16位 ブレステイキング    70

 

f:id:keibashisuu:20210924202132p:plain

 

レイパパレ86

近4走指数ベストは2走前の大阪杯で86。

近4走指数は73→77→86→79。

4走前の3勝クラスを指数73で突破しOP入り。

3走前のチャレンジCでは指数77とベスト更新。ここで無敗の重賞勝利となったが、斤量53kgとスローペースで先行し展開的には非常に恵まれていたことを考えると、まだそこまで評価は高くなかった。

2走前の大阪杯では指数86とベストを大幅更新。斤量2kg増の55kgに対応して破格の指数を叩き出し無敗の大阪杯馬となった。59.8-61.8の前傾ラップを逃げきっており、マイペースを刻んだとは言え強い内容だった。とは言え、大阪杯は全馬の末脚が削がれる極悪馬場×マイペースの単騎逃げということでどこまで再現性があるかは疑問が残る。

前走の宝塚記念では指数79と落とした。やはり大阪杯は特殊馬場×マイペースの恩恵で高指数となったということだ。

このように、特殊馬場の大阪杯を除けば順調に上昇傾向。今回休み明けだが状態は良好でいきなり好走可能である。宝塚記念から成長分を考慮し指数80程度を想定し本命とする。おそらく単勝1倍台で妙味はないが、レイパパレを負かせる馬は存在しない。

 

グローリーヴェイズ80

近4走指数ベストは3走前のJCで80。

近4走指数は79→80→75→海外。

生涯ベストは8走前の天皇賞・春。斤量58kgを背負いながら84と破格の指数。フィエールマンとの叩き合いには敗れたが超G1級の指数だ。このレースの好走からも綺麗な良馬場での瞬発力勝負を好む馬ということがわかる。

6走前の海外G1香港ヴァースではラッキーライラック、ディアドラらG1級の馬に勝っていおり、2着には0.6秒差の完勝。海外なので指数は算出していないが、推定でベストの84ほどは出ているだろう。

4走前の京都大賞典ではやや荒れた馬場ではあったが指数79とそこそこ好走した。

3走前のJCでは状態抜群で指数80と上げた。ただ直線は伸びない内に寄れてしまったこともあり、馬場の良い外側を通ることができていたら3強の一角を崩すことができていただろう。

2走前の金鯱賞は指数75と落としたが、完調手前の前哨戦仕上げのためで度外視で良い。

前走のQE2世Cは2着と好走。海外競馬なので指数はないが、相手関係から指数80程度と推定する。

さて今回だが、休み明けでまだ完調手前。2走前の金鯱賞のようなイメージである。おそらくここを叩いて次でメイチといったところか。今回は指数76程度までを想定し抑え評価とする。

 

ウインマリリン79

近4走指数ベストは2走前の日経賞で79。

近4走指数は76→73→79→73。

4走前のエリザベス女王杯では指数76とベストを更新した。また、最内の経済コースを通った好騎乗であった。

3走前のAJCCでは指数73と落としたが、不良馬場は合わないので度外視で良い。

2走前の日経賞では追い切り抜群で上積みがあり指数79とベストを更新した。斤量53kgにも恵まれていた。

前走の天皇賞・春は斤量56kgに対応できず、指数73と落とした。

さて今回だが、基本的には叩き良化型だが、追い切りの動きは良くいきなりでもそこそこ走れそう。斤量も前走から1kg減の55kgとなるし、指数76程度を想定し抑え評価とする。

 

ウインキートス79

近4走指数ベストは2走前の目黒記念で79。

近4走指数は72→60→79→66。

4走前の湾岸Sで指数72とベストを更新しOP入りを決めた。

3走前の日経賞ではカレンブーケドールの斜行でラチにぶつかり失速し指数60の低値に終わった。度外視で良い。

2走前の目黒記念では指数79とベスト大幅更新。不利を受けた日経賞で能力が測れなかったが順調に成長分があったようだ。ただし、極端なスローペースを2番手追走で展開に恵まれた面が大きい。さらに、斤量52kgにも恵まれており、再現性は薄い。

前走の札幌記念では斤量3kg増の55kgを背負い指数66と落とした。ただ、完調手前でもあり度外視で良い。

さて今回だが、斤量据え置きの55kg。目黒記念の再現性はなく、指数73程度までを想定し消しとする。

 

ランブリングアレー78

近4走指数ベストは3走前の愛知杯で78。

近4走指数は70→78→75→77。

4走前のターコイズSでは終始外を回したことで指数70と平凡。

3走前の愛知杯では指数78とベスト更新。ここへ来て完全に本格化したと言える。

2走前の中山牝馬Sでは極悪の不良馬場の中、指数75と十分に能力を示した。愛知杯からは落ちているが、不良馬場を考えたら十分に評価できる。

前走のヴィクトリアマイルでは良馬場で指数77と能力を示した。

時計のかかる愛知杯でも、高速馬場のヴィクトリアマイルでも好走できており、条件を選ばない馬である。

さて今回だが、休み明けで叩いた方が良さそうであるが、追い切りの動きは良い。いきなりでもそこそこ走れるとみて、指数77程度を想定し対抗評価とする。

 

キングオブコージ77

指数ベストは前走の京都大賞典で77。

近4走指数は67→73→76→77。

5走前から2走前にかけては4連勝で指数も順調に伸ばしている。

2走前の目黒記念は、斤量54kgと後方待機からインを捌いた好騎乗もあり指数76で重賞勝利。

前走の京都大賞典では相手強化で連勝は止まったが、斤量3kg増の57kgに対応し指数77とベストを更新し能力を示した。

さて今回だが、骨折による長期休み明け。完調とは言えず、いきなり好走は難しいか。最大で指数75程度までを想定し消しとする。

 

ステイフーリッシュ76

近4走指数ベストは2走前の京都記念で76。

近5走指数は75→73→76→中止。

生涯ベストは2019年の京都記念で77l。

この馬の得意条件はタフな馬場でのスタミナ勝負である。

4走前の京都大賞典も、タフな馬場状態でスタミナが問われる展開となり指数75と好走。

3走前のAJCCも時計のかかる中山競馬場で指数73とそこそこ能力を発揮できた。

2走前の京都記念でも時計のかかるタフなレースで指数76と好走した。

前走の札幌記念では心房細動で競走中止

さて今回だが、そこそこ軽い馬場であり得意条件とは言えない。心房細動後のレースというのも不安であり、指数は最大で74程度までを想定し消しとする。

 

ロザムール76

近4走指数ベストは前走の七夕賞で76。

近4走指数は70→75→63→76。

4走前の中山金杯は逃げて指数70。

3走前の中山牝馬Sも逃げて指数75とベスト更新。ただし不良馬場かつ斤量52kgのためで再現性は薄い。

2走前の福島牝馬Sではディアンドルとの逃げ争いで逃げれず指数63と落とした。

前走の七夕賞ではマイペースで逃げて指数76とベスト更新。時計のかかる馬場も味方した。

さて今回だが、前に行きたい馬はレイパパレぐらいしかおらず、すんなりと逃げれそうではある。ただ、斤量は前走から1kg増であり、馬場も好走時からは軽くなる。ベスト更新は難しく、指数75程度までを想定し消しとする。

 

サトノソルタス75

近4走指数ベストは2走前の新潟大賞典で75。

近4走指数は69→70→75→69。

4走前の中日新聞杯では休み明けで完調ではなく指数69と低値。

3走前の日経新春杯では指数70と力負けだ。

2走前の新潟大賞典では状態抜群で、指数75とベストタイ。過去のベストは6走前の金鯱賞で完全に展開が向いての75で価値は無いが、今回は終始外を回してかつ折り合いにも苦労しながら、ハイペースを前で粘っての指数75であり価値は高い。このレースの好走からも前傾ラップのスタミナ比べが向いていると言えるだろう。

前走の鳴尾記念は間隔が詰まったこともあり指数69と落とした。

さて今回だが、4ヶ月弱の休み明け。レース間隔が開いた方が良いタイプであり、休み明けは歓迎。とは言え、新潟大賞典と比べると状態は平凡であり、斤量も当時から1kg増となる。今回は指数73程度までを想定し消しとする。

 

マウントゴールド74

近4走指数ベストは前走の七夕賞で74。

近4走指数は60→67→73→74。

2走前の都大路Sで指数73と好走。

前走の七夕賞でも指数74と好走した。いずれもOP特別レベルの指数であり、重賞では能力的に足りないか。

さて今回だが、上積みはないが、斤量が前走から1kg減るので斤量分の上昇は可能。ただそれでも最大75程度までを想定し消しとする。

 

セダブリランテス74

近4走指数ベストは3走前のディセンバーSで74。

近4走指数は64→74→69→59。

生涯ベストは2018年の中山金杯は指数77。

4走前の新潟記念は指数64と落としたが、3走前のディセンバーSで指数74と高値。ただし、これは2019年12月のレースである。

そこから1年半空いて、2走前の六甲Sでは指数69と落とした。

前走のエプソムCでも指数59と低値。

骨折や脚部不安でなかなかレースを使えておらず、実質的に参考にできる指数は近2走のみ。この2走を見る限り、現状の能力で重賞で好走するのは難しいと判断する。最大で70程度までと想定し消しとする。

 

アドマイヤアルバ73

近4走指数ベストは2走前の目黒記念で73。

近4走指数は63→64→73→59。

4走前〜3走前は指数64以下の低値。

2走前の目黒記念では指数73と好走したが、ドスローの展開と53kgの斤量に恵まれての指数で再現性は薄い。

前走の宝塚記念は斤量58kgで指数59の低値だ。

さて今回だが、目黒記念から斤量は3kg増の56kgを背負うし、展開的にも当時の再現性はない。最大で指数70程度を想定し消しとする。

 

ゴールドギア73

近4走指数ベストは2走前のメトロポリタンSで73。

近4走指数は56→67→73→68。

4走前のステイヤーズSでは指数56と落としたが後方待機で展開が合わず、3600mも長いので度外視で良い。

3走前の白富士Sでは指数67と低値だが、後方から差し遅れており度外視で良い。

2走前のメトロポリタンSでは同じく後方からのレースとなったが、捲り気味の早仕掛けが功を奏し指数73と好走した。

前走の目黒記念は先行有利レースを後方待機し、捲り気味に上がっていったが、差し届かず指数68の低値。

このように、後方から差し遅れることがほとんどで好走可能性は低い。仮に好走したとしても最大でメトロポリタンS並みの指数73程度を想定し消しとする。

 

アールスター72

近4走指数ベストは4走前の小倉大賞典で72。

近4走指数は72→65→68→取消。

生涯ベストは8走前の小倉記念で75。ただし53kgの軽斤量だった。

4走前の小倉大賞典では指数72と平凡。

3走前の日経賞は後方から差し遅れて指数65と低値。

2走前の七夕賞は指数68と低値だが、先行有利レースを後方から差し遅れており度外視でいい。

前走の小倉記念感冒で競走取り消しとなった。

さて今回だが、特に上積みはなく最大で小倉大賞典並みの指数72程度までを想定し消しとする。

 

ソッサスブレイ72

近4走指数ベストは2走前の関越Sで72。

近4走指数は60→69→72→68。

2走前の関越Sで指数72と好走したが、それ以降特に上積みはなし。今回も最大で指数72を想定し消しとする。

 

ブレステイキング70

近4走指数ベストは3走前の巴賞で70。

近4走指数は62→70→57→59。

生涯ベストは2019年のチャレンジCで指数74。

近4走はいずれも指数70以下の低値で条件戦レベル。今回も指数70以下を想定し消しとする。

 

まとめ

◎レイパパレ     想定指数80

○ランブリングアレー 想定指数77

△ウインマリリン   想定指数76

△グローリーヴェイズ 想定指数76

 

本命はレイパパレ。今回のメンバーで能力最上位であり状態も良好で死角はほぼなし。単勝1倍台で妙味はないが、対抗しうる馬は存在しない。対抗はランブリングアレーで馬場を問わず安定して重賞で好走している点を高く評価した。続いてウインマリリン、グローリーヴェイズら能力上位馬を評価するが、対抗抑えの3頭にほとんど能力差はない。

あとは、当日のオッズ、馬場、馬体重等を見て結論を出す。

2021年8月レース後短評

2021年8月予想レース

 

クイーンS

  • 函館開催ラスト1週前で馬場は荒れ気味。
  • 直前の雨と35.8-36.0-36.0と流れたラップもあり、底力が問われた一戦か。
  • 位置取りは問わずどこからでも地力があれば好走可能。

1着テルツェット

後方に位置取り直線ではロスなく馬群を捌く好騎乗。平均ペースで脚を溜めて直線で末脚を爆発させ、能力をフルで発揮できた。流れた展開は味方したが、それでも今回のメンバーでは能力上位か。

2着マジックキャッスル

中段に位置取りほとんどロスなく、能力を出し切った。8割仕上げだったこともあり、まだ上はあり。

3着サトノセシル

前走の2勝クラス勝利から、状態面の上積みがかなりあった。レースは後方で脚を溜めて流れた展開も味方し好走。能力は出し切った。

4着フェアリーポルカ

内を先行。雨でタフな馬場になったこと、持続ラップでタフな流れだったこともこの馬にとってはプラスであり、能力通り好走。

5着クラヴァシュドール

後方で脚を溜め、ロスなくインコースを回り、直線も最後まで伸びるも、ジリジリとした伸びで他馬に比べたら伸びは甘い。とは言え順当に能力は出し切った。末脚の甘さから今後も決め手は欠きそう。

6着ローザノワール

逃げて最後は脚が無くなるも6着と粘る。流れて厳しかったが、マイペースの単騎逃げで能力があれば逃げ切れる展開。今回は能力は出し切れた。

7着イカット

中段からロスなくインコースを選択しジリジリ船団に取り付くも、直線でフェアリーポルカに進路を蓋されブレーキがかかってしまった。この時点で残り100mであり、再加速して好走は不可能。凡走は度外視で良い。

8着ウインマイティー

後方待機から4コーナーで捲り気味に進出したが、最後まで脚を余すことができず、直線で伸びを欠いた(orレースを止めた)。コースロスも大きく、能力は出しきれておらず度外視可能。

9着シャムロックヒル

先行するも4コーナーで既に余力なく、能力通りで順当に力負け。

10着シゲルピンクダイヤ

先行するも4コーナーで既に余力なく力負け。タフな時計のかかる馬場は苦手なタイプであり、度外視可能。

11着ドナアトラエンテ

今回は状態良好だし、タフな馬場での好走実績もある馬だったが、今回は先行しで4コーナーで既に余力なく失速。今回は力負けも敗因が不明。初の洋芝が合わなかった可能性が一番考えられるか。

12着マイエンフェルト

最後方で競馬、直線で余力なく全く伸びれず力負け。

 

小倉記念

  • 小倉開幕週だが、土曜は雨で不良馬場、本レースは日曜で稍重まで回復。
  • 前回開催の影響もあり内は伸びず、完全な外伸び馬場。
  • 12.8 - 11.5 - 12.1 - 12.7 - 12.3 - 11.3 - 11.4 - 11.5 - 12.2 - 11.9で前後半61.4-58.3と後傾ラップだが、残り1000mから馬群が凝縮して、前は厳しい展開に。結果的にこのタイミングで動かず、後方にいた馬のワンツースリーで差し優勢レースとなった。
  • ラスト2Fでタフな馬場での地力が問われたレースか。

1着モズナガレボシ

最後方待機で直線は馬場の良い大外へ。中盤でペースが早くなって前が潰れたこともあり、展開は向いた。斤量53kgも味方し好走。様々な好走要因が重なり能力以上のパフォーマンスが出た。

2着ヒュミドール

後方3番手で競馬。4コーナーから大外ぶん回しで、直線は馬場の良い外へ。展開が味方したこともあるが、能力を出し切っての好走。

3着スーパーフェザー

後方2番手で競馬。上位2頭とは異なり、4コーナーではインコースを捲るように船団へ。早めに先頭に立ちそのまま3着へ雪崩れ込み。この馬も斤量と展開の恩恵が大きく、能力以上のパフォーマンスを発揮。

4着ダブルシャープ

後方4番手で競馬。この馬もスーパーフェザーと同じく馬場の内目を選択。コースロスなく早めに2番手に立ちそのまま4着へ雪崩れ込み。この馬も斤量と展開の恩恵が大きく、能力以上のパフォーマンスを発揮。

5着ショウナンバルディ

2番手で競馬。ラップが早くなったところで加速についていけず後退。最後は伸び平凡で離れた5着と凡走。前が残れない展開でこそあったが、早々に加速についていけていないことから状態落ちも気になるところ。今回は展開振りで能力を発揮できず度外視。

6着ファルコニア

先行し直線に入ったときは2番手。前が残れる展開ではなく凡走。さらに、これまでは軽めの馬場での好走実績しかなかったので、タフな力比べは試金石だったが、やはり高速馬場の方が良さそう。今回は度外視で良い。

7着ヴェロックス

先行し直線に入ったときは3番手。前が残れる展開ではなく凡走。さらに、この馬は上がりの出る高速馬場の方がパフォーマンスが高い馬であり、今回のような力比べは合わない。度外視で良い。

8着テーオーエナジー

先行したが残り5Fからの加速についていけず、そのまま後退。直線インコースでリカバリーするも直線の伸びも平凡で力負け。

9着グランスピード

緩めのペースで逃げることができたが、早めに突かれてロンスパ戦となり、前に厳しい展開に。展開不利で度外視で良い。

 

関屋記念

  • 良馬場で勝ち時計1分32秒7と平均的。
  • 前後半は46.6-46.1とやや後傾ラップだが、逃げたマイスタイルが離した単騎逃げということを考えるとスローペースか。中段より前にいないと厳しい展開だった。
  • 馬場は重くなく、とは言え、マイスタイルの早仕掛けでロンスパ気味になり、トップスピードの瞬発力勝負にもならなかった。瞬発力もタフさも平均的に問われたレースと言えるか。

1着ロータスランド

マイスタイルから離れた2番手を先行。成長分もあり、直線はマイスタイルをかわし先頭へ進出しそのまま逃げ切り重賞制覇。前有利な展開も味方したが、能力は出し切った。

2着カラテ

7番手で競馬し直線は外へ進出。末脚を発揮するもロータスランドは捉えられず2着まで。能力は発揮できた。展開を考えたらロータスランドより能力は上か。

3着ソングライン

カラテと同様。7番手で競馬し直線は外へ進出。末脚を発揮するも3着まで。能力は発揮できた。ただ、斤量を考えても物足りない。前走の好走を見る限り、ベストはトップスピードの瞬発力勝負であり、今回のようにロンスパで末脚が不発な展開はあまり向いていなかったか。とは言え、展開を考えたらカラテと同様今回メンバーではベストパフォーマンス。高速マイルor1400mでパフォーマンスUPを期待。

4着マイスタイル

逃げて先行有利のペースを刻みそのまま粘りこみ4着と好走。能力は出し切った。

5着グランデマーレ

後方で競馬し末脚発揮も5着まで。多少脚を余しており、度外視可能か。

6着クリスティ

先行競馬で直線は脚が無くなるまで競馬し、能力を出し切った。

7着シャドウディーヴァ

中段で競馬し直線も伸びたが、位置取り的に前に届くポジションではなく、多少脚を余した。度外視可能。

8着アンドラステ

中段で競馬し直線は大外へ。位置取り的に届くポジションではなく、多少脚を余しており、度外視可能。

9着パクスアメリカーナ

先行し直線では余力なくなるまで追い、能力を出し切っての力負け。1年4ヶ月ぶりのここを叩いてどこまで上積みがあるか。

10着アトミックフォース

先行し直線では伸びを欠き失速、能力は出し切り力負け。近走に比べパフォーマンスを落としているが、馬体を減らしてしまったこともあり、輸送失敗or調整失敗懸念も。

11着サトノアーサー

後方で競馬。直線伸びるも前を捉えられる位置ではなく、レースに参加できていない。度外視で良い。

12着ブランノワール

後方で競馬。直線伸びるも前を捉えられる位置ではなく、レースに参加できていない。度外視で良い。

13着ソッサスブレイ

後方で競馬。直線伸びるも前を捉えられる位置ではなく、レースに参加できていない。度外視で良い。

14着ハッピーアワー

後方で競馬。最内へコースロスなく進出するも、直線伸びず力負け。能力は出し切った。

15着ラセット

後方で競馬。直線で進路を探している内に残り200mを切りゲームセット。レースに参加できておらず、度外視で良い。

16着ベストアクター

中段で競馬。直線早々で失速し力負け。

17着ミラアイトーン

先行で競馬し早々に余力がなくなり力負け。

 

北九州記念

  • 雨の稍重馬場で勝ち時計1分8秒2とそこそこ時計のかかったレース。
  • 馬場は完全に外伸びでほぼ前場外へ進出する展開。
  • 前後半は33.2-35.0と前傾ラップ。前2頭は沈んだが、3番手の2頭のワンツーと前目にいないと勝負にならないレースだった。
  • 後ろからでは厳しくスピード勝負のタイムトライアルレース。

1着ヨカヨカ

3番手のベストポジションで競馬。直線も鋭く伸び、能力を出し切った。斤量の恩恵が大きいが、超高速馬場の前走からパフォーマンスを上げたこともあり、そこそこ時計のかかった方が良さそう。

2着ファストフォース

3番手のベストポジションで競馬。前走から斤量増に対応し好走。能力を出し切った。

3着モズスーパーフレア

ハイペースで逃げて、直線はコースロスを無くすため馬場の悪い内側をあえて選択。最後まで粘り3着。現状の能力は出し切ったと言える。

4着シゲルピンクルビー

中段で競馬。4コーナーやや内側に進出し船団にとりつき、直線はファストフォースの内を鋭く伸び4着と好走。斤量の恩恵も大きいが、現状の能力は出しきれた。

5着レッドアンシェル

ヨカヨカの後ろで競馬。鋭く伸びるも位置取り的に届かずも、伸びは他馬と一緒で能力は出し切ったか。58kgを背負った復帰戦としては上々か。

6着ボンセルヴィーソ

2番手追走で、モズスーパーフレアと同様コースロスのないインコースを選択。直線では粘りきれず6着と沈んだが、現状の能力は出しきれた。

7着ジャンダルム

後方で競馬。直線はかなり鋭く伸びるも、差しが届くレースではなくかなり脚を余した。ラスト1Fは最速であり、完全に度外視で良い。人気を落とした次走で狙える。

8着アスコルターレ

後方で競馬。直線伸びるもやや脚を余し気味であるが、ほぼ能力は出し切ったと言って良い。

9着エングレーバー

後方で競馬。4コーナーでインコースを選択しリカバリーするも直線の伸びは平凡。能力通りで力負け。

10着ボンボヤージ

先行し直線では余力なく力負け。能力は出し切った。

11着メイショウケイメイ

最後方で競馬。直線は伸びるも、差しが届くレースではなく脚を余した。多少は度外視可能。

12着ノーワン

後方で競馬。差し届くレースではなかったが、脚色は他馬と一緒であり、ほぼ能力を出し切ったと言って良い。

13着メイショウカリン

後方で競馬。差し届くレースではなかったが、脚色は他馬と一緒であり、ほぼ能力を出し切ったと言って良い。

14着アウィルアウェイ

後方で競馬し直線は伸びず力負け。敗因は雨。タフな馬場は得意な方ではあるが、雨で濡れた馬場は苦手なタイプ。今回は度外視で良い。また、馬体重2桁増で過去最高も気になるところ。追い切りは良さそうだったので成長分の可能性もあるが、今回は雨のための凡走で状態面は識別できず。

15着コンパウンダー

後方で競馬。4コーナーでインコースを選択しリカバリーするも直線の伸びは平凡。能力通りで力負け。

16着メイショウキョウジ

中段で競馬。差し届く位置ではないが、直線の伸びもなく力負け。

17着ファンタジステラ

先行しコースロスのないインコースを選択も、余力なく失速。力負け。

18着ロジクライ

中段で競馬。差し届く位置ではないが、直線の伸びもなく力負け。

 

札幌記念

  • 前後半59.9-59.6と平均ペース。瞬発力は問われず、800mのロンスパ戦で持続的なスタミナが問われた。
  • 今週の札幌は基本的に先行有利であり、本レースも直線では中段より前目にいないと厳しいか。

1着ソダシ

2番手追走し、残り800mを切った地点でトーラスジェミニが失速し先頭へ。そのまま800mのロンスパ戦を押し切り非常に強い勝ち方。オークスは距離が敗因だが、札幌の洋芝2000mも十分距離は問われるし、まずは距離2000mへの対応を示した。斤量の恩恵ももちろん大きいが、勝ち切るのは強い。

2着ラヴズオンリーユー

中段で競馬。ロンスパ戦よりも瞬発力勝負の方が得意なタイプであり、今回のレースはベストとは言えない。また、ラスト1Fは最速も、前を捉えられる位置ではなく、脚を余した。敗因明確で敗戦は度外視でよく、能力は今回のメンバー最上位。

3着ペルシアンナイト

前目で競馬し、ロンスパ戦も向いての好走。2ヶ月ちょっとの休み明けだが、状態も非常に良かった。順当に能力を出しきれた。

4着マイネルウィルトス

中段で競馬。直線は伸び平凡で5着まで。能力は出し切った。

5着ブラストワンピース

最後方で競馬。残り5Fから捲って船団へ。実質5Fのロンスパをしており、直線では余力なく失速。後方にいても勝負にならないので捲るのは良いが、今回は脚を最後まで持たせられず結果的には捲り失敗。度外視で良い。

6着ユーキャンスマイル

後方で競馬。差し届く位置ではないが、直線の伸びも平凡で力負け。現状の能力は出し切った。

7着アイスバブル

後方で競馬。差し届く位置ではないが、直線の伸びも平凡で力負け。現状の能力は出し切った。定量戦ではここまで。

8着ディアマンミノル

後方で競馬。差し届く位置ではないが、直線の伸びも平凡で力負け。現状の能力は出し切った。定量戦ではここまで。

9着ウインキートス

先行し直線では既に余力なく失速。力負けで現状の能力は出し切った。定量戦ではここまで。

10着トーラスジェミニ

逃げて残り4Fで捕まりそのまま失速。今回は明らかに状態落ちであり、度外視で良い。

11着サトノセシル

中段で競馬。4コーナーで既に余力なく失速。2戦続けて馬体重2桁増で今回は仕上がり不足か。度外視で良い。

 

キーンランドC

  • 札幌開催後半で時計がかかるようになっており、勝ち時計は1分9秒1。時計のかかる1200mに対応できることが好走条件。
  • 前後半は34.0-35.1とやや前傾ラップ。中段程度にいれば差しも届いて勝負になるレース。

1着レイハリア

追い切り絶好調で超絶上積みあり。抜群のスタートで逃げ、メイケイエールに競りかけられても冷静に前に行かせて、直線まで余力を残した。直線では前を捉えてそのまま1着。今回は斤量にも恵まれての好走でもあるので、次走が斤量増に対応できるかの試金石となる。今回、操縦性は良さそうで上手くペースに合わせてコントロールできていたので距離延長には対応できる可能性が高い。

2着エイティーンガール

過去の好走は全て時計のかかっているレースであり、今回のように1分9秒以上かかるレースは得意なタイプ。得意条件で好走できた。中段から差し脚を伸ばし、能力は出しきれた。

3着セイウンコウセイ

中段で競馬。直線は外へ進出し伸びた。現状の能力は出しきれた。

4着カイザーメランジェ

2番手追走で最後まで粘り切った。現状の能力は出し切った。

5着アストラエンブレム

後方で競馬。直線は良く伸びたが、物理的に届く位置ではなく5着まで。やや脚を余しており、多少は度外視可能か。

6着マイネルアルケミー

先行し最後まで粘りこむも6着まで。現状の能力は出し切った。

7着メイケイエール

道中で折り合いを欠いてしまい、途中から先頭へ。直線では既に余力なく失速し、力負け。敗因明確で度外視で良いが、1200mで折り合えないようだとなかなかに厳しい。

8着ヒロイックアゲン

中段で競馬し直線の伸びは平凡。順当に能力通り走った。

9着タイセイアベニール

最後方から競馬し、直線は最速の末脚を繰り出すも差し届く位置ではなかった。だいぶ脚を余しており度外視で良い。

10着ミッキーブリランテ

中段から伸び平凡で力負け。追い切りの動きは良かったが、追い切り関係なく休み明け走らない馬ということで、度外視で良い。ここを叩いて次走狙う。

11着ジョーアラビカ

後方で競馬し、直線は伸びるも物理的に届く位置ではなかった。とは言え、脚色は他馬とほぼ同じであり、能力は出し切っての凡走と言って良い。

12着シュウジ

後方で競馬し、直線は伸びるも物理的に届く位置ではなかった。とは言え、脚色は他馬とほぼ同じであり、能力は出し切っての凡走と言って良い。

13着ロードアクア

先行し直線は余力なく失速。現状の能力は出し切っての力負け。

14着ダイアトニック

先行し直線は余力なく失速。現状の能力は出し切っての力負け。久しぶりの一戦でまだまだ本調子ではないか。ここを叩いてどこまで上がるか。

15着カツジ

最後方で競馬し、直線は多少伸びるも物理的に届く位置ではなかった。とは言え、脚色は他馬とほぼ同じであり、能力は出し切っての凡走と言って良い。

16着ソロユニット

中段で競馬し残り600mの地点から既に余力なく失速。初芝で対応できなかったか、単に力負け。

2021京成杯オータムハンデキャップG3 全馬指数

今週は京成杯オータムハンデキャップを予想する。

中山1600mで行われるハンデG3だ。

 

指数一覧

  • 出走馬16頭の指数を算出した。近4走最大指数1位はカテドラル、コントラチェック、ステルヴィオ 、マルターズディオサの76。
  • 優勝想定ラインは76と設定する。ハンデG3としては平均レベルか。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 カテドラル      76

1位 コントラチェック   76

1位 ステルヴィオ     76

1位 マルターズディオサ  76

5位 カラテ        75

5位 スマイルカナ     75

5位 バスラットレオン   75

8位 マイスタイル     74

9位 スマートリアン    73

9位 グレナディアガーズ  73

9位 グランデマーレ    73

12位 カレンシュトラウス   71

12位 ベステンダンク     71

14位 アカノニジュウイチ   70

15位 レイエンダ       69

指数無し ワイドファラオ 近走ダート

 

f:id:keibashisuu:20210911003721p:plain

 

カテドラル76

近4走指数ベストは前走の中京記念で76。

近4走指数は75→74→69→76。

生涯ベストは10走前のマイルCSで76。3歳秋でピークを迎えたようでその後指数は更新できていないが、衰えてもいない。

4走前の東京新聞杯では後方からの差し競馬で指数75と好走した。

3走前のダービー卿CTでも後方からの差し競馬で指数74と好走した。

2走前の安田記念は斤量58kgに対応できず指数69と落とした。

前走の中京記念でも後方からの差し競馬で指数76と好走した。

このように斤量58kgの安田記念を除けば指数74〜76と安定傾向。差しが決まれば安定して好走が可能だ。ただし、今回は開幕週で前残り濃厚であり、展開が合わない可能性が高い。逆展開で指数は74程度までを想定し抑え評価とする。

 

コントラチェック76

近4走指数ベストは2走前のオーシャンSで76。

近4走指数は69→71→76→71。

生涯ベストは10走前のターコイズSで79。高速馬場のマイル戦を単騎楽逃げで能力を発揮できた。

ただ、10走前で極めて高いパフォーマンスを出して以降は低値続き。適性より長い距離のレースを使ったり折り合いを欠いたりと能力を発揮できないことが続いていた。

そんな中、2走前のオーシャンSではスムーズに先行でき、先行有利レースの恩恵もあって指数76と好走した。ただ展開利もあったし再現性は薄い。

さて今回だが、折り合いを欠きやすく馬群に入ると脆い馬であり、外に先行馬のバスラットレオン、マイスタイル、スマイルカナがいる点はマイナス。斤量もオーシャンSから2kg増の55.5kgを背負うし好走は難しいだろう。指数70程度を想定し消しとする。

 

ステルヴィオ76

近4走指数ベストは4走前の京王杯SCと3走前のスワンSで76。

近5走指数は76→76→67→ダート。

生涯ベストは2018年のマイルCSで80。3歳で80の高指数で古馬G1を制覇するあたり、かなり早熟傾向のようだ。

4走前の京王杯スプリングカップは、展開的に楽な競馬だったが、指数は76と平凡。

3走前のスワンSも指数は76と平凡だ。この時で指数76程度であり、ピークからは緩やかな減少傾向を描いている。

2走前の阪神Cでは指数67と大きく落とした。

前走はダートを使った。

そして今回、約7ヶ月ぶりのレースであり、ハンデ戦で斤量58kgを背負う。昨年からさらに下降している可能性が高いし、現状の能力で斤量58kgでは好走は難しい。指数70程度を想定し消しとする。

 

マルターズディオサ76

近4走指数ベストは2走前の高松宮記念で76。

近4走指数は66→75→76→72。

4走前の秋華賞は逃げて脚が無くなり指数66と低値。

3走前の阪神Cでは成長分ありで指数75とベストを更新した。

2走前の高松宮記念でも指数76とベスト更新。

前走のヴィクトリアMでは指数72と落とした。

阪神C、高松宮記念の高値を見る限りベストは1200〜1400m程度か。

さて今回だが、おそらく1分31秒台の高速馬場なのでマイル自体はそこまで気にする必要はないだろう。ただ全く仕上がっておらず、ここを叩いて次という感じだろう。今回は、指数70程度を想定し消しとする。

 

カラテ75

近4走指数ベストは3走前の東京新聞杯で75。

近4走指数は74→75→67→74。

4走前の3勝クラスでも指数74と跳ね上げオープン入りを決めた。指数74は3勝クラスにしては破格の指数で古馬オープン特別レベルである。ただし斤量は54kgの軽斤量だった。

3走前の東京新聞杯では成長分ありで、斤量2kg増に対応し指数75とベストを更新した。

2走前の安田記念では成長分はなく、斤量2kg増の58kgに斤量負けし指数67と大きく落とした。

前走の関屋記念では斤量56kgに戻り、指数74と好走した。

さて今回だが、状態は近走並みだが、斤量57kgを背負う。斤量分で指数73程度に落とすと想定し抑え評価とする。

 

スマイルカナ75

近4走指数ベストは3走前のターコイズSで75。

近4走指数は72→75→60→68。

生涯ベストは6走前の京成杯AHで指数76。

4走前のオーロCでは折り合いがつかず指数は72と平凡。

3走前のターコイズSでは指数75と好走した。

2走前のダービー卿CTでは、休み明けでややハイペースで息が続かず指数60と落とした。

前走のヴィクトリアMでは平均ペースだったが、最後まで脚を残せず指数68と低値。

さて今回だが、展開的には同型のバスラットレオン、マイスタイル、コントラチェックがいる。先行有利な開幕週とはいえ、競り合って消耗してはペース的に厳しい。適切なペースで折り合えたとしても、今回はターコイズSから斤量1kg増の55kgということもあり、指数は73程度までを想定し抑え評価とする。

 

バスラットレオン75

近4走指数ベストは3走前のニュージーランドTで75。

近4走指数は63→75→中止→49。

3走前のニュージーランドTで指数75と好走。3歳4月にしては高値だ。

2走前のNHKマイルは落馬で競走中止。

前走のダービーは指数49と低値も、距離が長かったためで度外視でいい。

さて今回だが、ニュージーランドTから斤量は2kg減の54kgとなる。指数は77程度まで伸ばすと想定し本命とする。マイスタイル、コントラチェック、スマイルカナら同型は多く、どうレースを進めるかは難しいが、おそらくこの馬が逃げるのだろう。ハイペースにはなるが、同型の中では能力最上位だし、十分に好走可能と判断する。

 

マイスタイル74

近4走指数ベストは前走の関屋記念で74。

近4走指数は45→72→40→74。

生涯ベストは8走前のスワンSで78。7走前のマイルCSでも指数76と好走しており、この時(5歳秋)が能力のピークだった。

ただその後の6戦は指数74以下の低値続き。

前走の関屋記念は指数74と直近では高値だが、先行有利レースを逃げての好走であり再現性は薄い。

今回は同型も多く前走のように恵まれることはなく、指数は73程度までを想定し抑え評価とする。

 

スマートリアン73

近4走指数ベストは2走前の谷川岳Sで73。

近4走指数は60→70→73→71。

近3走は指数70〜73と安定傾向。

2走前の谷川岳Sで指数73と平均的なOP特別レベルの指数だ。

今回上積みはないが、斤量はベスト時から1kg減であり、斤量分の上昇は可能。最大で指数74程度までを想定し抑え評価とする。持ち時計がなく、過去の好走も1600〜1800mであり高速マイルに対応できるかの試金石となる。とは言え、人気を考えたら妙味はある。

 

グレナディアガーズ73

近4走指数ベストは3走前の朝日杯FSで73。

近4走指数は58→73→72→70。

3走前の朝日杯FSで指数73とベストを更新しG1勝利。

ただしその後は、2走前のファルコンSで72、前走のNHKマイルで70と成長分はなく、斤量増で指数を落とした。

今回、休み明けだがそれなりに仕上がってはいるが、特に上積みがなさそうで指数は73程度までを想定し消しとする。能力が平凡な割に1番人気で妙味はなく、今回は見送り。

 

グランデマーレ73

近4走指数ベストは前走の関屋記念で73。

近4走指数は50→69→70→73。

2走前のストークSで指数70とベスト更新しOP入りを決めた。斤量は55kgだった。

前走の関屋記念は斤量56kgと1kg増だったが、成長分ありで指数73とベスト更新。前残りを差し遅れてやや脚を余し気味であり、能力的にはまだ上はある。

さて今回だが、追い切りはかなり動いているし前走からの上積みがありそう。斤量も前走から1kg減の55kgとなるし、指数は76程度まで伸ばすと想定し対抗評価とする。

 

カレンシュトラウス71

近4走指数ベストは2走前の丹波特別と前走の桑名Sで71。

近4走指数は61→62→71→71。

近2走は指数71と安定傾向で、前走の桑名Sの勝利でOP入りを決めた。

今回、特に上積みはないが、斤量が近2走から2kg減の55kgとなるので斤量分の上昇は可能か。指数74程度まで伸ばすと想定し3番手評価とする。

 

ベステンダンク71

近4走指数ベストは前走の米子Sで71。

近4走指数は62→65→59→71。

生涯ベストは2020年のマイラーズCで指数75。

近4走は指数71以下の低値続き。近走を見る限り、能力は下降線に入っており既に重賞で戦える力は無い。指数70以下を想定して消とする。

 

アカノニジュウイチ70

近4走指数ベストは前走のテレビU福島賞で70。

近4走指数は63→64→65→70。

4走前〜2走前は指数63〜65と安定傾向。

前走のテレビU福島賞で指数70とベスト更新し、OP入りを決めたが、差し優勢レースで展開に恵まれた面が大きく、再現性は薄い。

今回、斤量は前走から2kg減の53kgとなるので、斤量分の上昇は可能だが、展開フラットなら斤量減を考慮して指数70程度までを想定し消しとする。

 

レイエンダ69

近4走指数ベストは4走前の富士Sで69。

近4走指数は69→ダート→66→0。

生涯ベストは10走前の富士Sで指数77。ただ近4走は指数70以下と低値続き。現在の状態では好走は難しいだろう。指数70以下を想定して消しとする。

 

ワイドファラオ 指数なし

近走はダートのため芝での指数はない。

今回久しぶりの芝でいきなりの高速馬場になるが、スピードに対応できる可能性は低い。斤量57.5kgも厳しく、指数70以下を想定し消しとする。

 

まとめ

◎バスラットレオン 想定指数77

○グランデマーレ 想定指数76

▲カレンシュトラウス 想定指数74

△カテドラル 想定指数74

△スマートリアン 想定指数74

△カラテ 想定指数73

△マイスタイル 想定指数73

 

同型が多く展開的には厳しそうではあるが、同型の中では能力最上位であるバスラットレオンを本命とする。続いて、近走上昇傾向で今回も状態良好で上積みがあり、斤量も前走から減るグランデマーレを対抗にする。この2頭から入りたい。

2021セントウルステークスG2 全馬指数

今週はセントウルSを予想する。

中京1200mで行われる別定G2だ。

 

指数一覧

  • 出走馬17頭の指数を算出した。近4走最大指数1位はレシステンシアで80。
  • 優勝想定ラインは78と設定する。G2としては平均レベルか。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 レシステンシア    80

2位 ベストアクター    77

2位 ラウダシオン     77

4位 ジャンダルム     76

4位 カレンモエ      76

6位 クリノガウディー   75

6位 シャインガーネット  75

8位 ラヴィングアンサー  74

8位 ナランフレグ     74

8位 ピクシーナイト    74

8位 レッドアンシェル   74

8位 シゲルピンクルビー  74

13位 タイセイビジョン    73

14位 シャンデリアムーン   71

14位 ボンボヤージ      71

14位 メイショウチタン    71

17位 ジャスティン      57

 

f:id:keibashisuu:20210911003111p:plain

 

レシステンシア80

近4走指数ベストは3走前の阪急杯と2走前の高松宮記念で80。

近4走指数は74→80→80→75。

4走前のマイルCSでは指数74と平凡。

3走前の阪急杯で指数80と完全に本格化した。追い切りの動きが抜群だった。

2走前の高松宮記念でも指数80と据え置きでG1、2着と能力を示した。

前走のヴィクトリアマイルは距離1600mに対応できず指数75と落とした。現状は1200〜1400mがベストと言って良い。

さて今回だが、距離は1200mと合うが、状態はまだ完調手前。ここを叩いてスプリンターズS全力という感じだろう。今回はベストパフォーマンスまで無いだろうし、指数75程度を想定して抑え評価とする。今回は圧倒的人気だろうし配当妙味も無い。

 

ベストアクター77

近4走最大指数は3走前の阪急杯で77。

近4走指数は71→77→68→64。

4走前も3走前もいずれもベスト更新。3走前の阪急杯では指数77で重賞初挑戦初勝利となり6歳にして本格化した。しかし、これからというところで脚部不安で1年の休養となった。

休養明けとなった2走前の阪急杯では指数68と大きく落とした。

前走の関屋記念も指数64と平凡。

現状、1年以上前の指数の再現性はない。近2走程度の指数70以下を想定して消しとする。

 

ラウダシオン77

近4走指数ベストは2走前の京王杯SCで77。

近4走指数は76→71→77→52。

4走前のシルクロードSでは指数76とそこそこ好走した。

3走前の高松宮記念では指数71と落とした。

2走前の京王杯SCでは指数77と好走。指数ベストを更新した。

前走の安田記念では指数52と大敗した。

さてここまでの指数を見ると、好走と凡走を交互に繰り返しておりムラ傾向だ。近6走は全て休み明けの前哨戦で好走し、G1で凡走という流れだ。おそらく間隔を空ける必要がある馬なのだろう。今回は休み明けで能力を発揮できるだろうし、好枠も引いた。仕上がりが京王杯SCからやや見劣りするが、それでも指数76程度までを想定し4番手評価とする。今回は1分6秒台の決着になる可能性もあり、1200mの高速時計に対応できるかが鍵となる。そもそも1200mへシルクロードSしか走っていないが、持ち時計は1分8秒5であり、今回高速時計に対応できるかは試金石。

 

ジャンダルム76

近4走指数ベストは3走前の阪急杯で76。

近4走指数は73→76→75→72。

4走前の阪神Cで指数73と平凡。

3走前の阪急杯で指数76と跳ね上げベストを更新した。斤量は56kgだった。

2走前の春雷Sでも指数75と好走した。斤量は57kgだった。

前走の北九州記念では斤量57.5kgを背負い、さらに後方から差し遅れてレースに参加できておらず、度外視で良い。

今回は、斤量56kgに戻るので、ベスト時の指数76程度を想定し3番手評価とする。ラウダシオンと同様、1200mの高速時計に対応できるかが鍵となる。持ち時計は1分7秒3とあるので問題はなさそう。

 

カレンモエ76

近4走指数ベストは2走前のオーシャンSで76。

近4走指数は72→74→76→75。

4走前〜2走前はいずれもベスト更新。

2走前のオーシャンSでは指数76と高値であるが、先行馬で決まったレースで恵まれてはいる。

前走の函館SSも指数75と好走したが、近3走指数は74〜76と安定傾向で成長は頭打ちか。

さて今回だが、状態は近走に引き続き好調だが、特に上積みはなさそうで、近走並みの指数75程度を想定し抑え評価とする。デビューから全て1番人気と人気先行タイプの馬で妙味はない。(今回は流石に1番手人気ではないが)

 

クリノガウディー75

近4走指数ベストは2走前の鞍馬Sで75。

近4走指数は71→ダート→75→74。

生涯ベストは11走前の高松宮記念で78。これ以降のベストは指数75であり、高松宮記念1度きりの高値だ。

4走前の阪急杯では指数71と平凡。

3走前にダートを使った。

2走前の鞍馬Sでは指数75と好走、前走の安土城Sでも斤量57.5kgを背負い指数74と好走した。

さて今回だが、休み明けだが非常に状態は良さそうだし、近2走は中京競馬場で好走している点から舞台も良い。斤量も前走から1.5kg減の56kgであり、持ち時計1分7秒1があるのも良い。指数77程度に伸ばすと想定し本命とする。

 

シャインガーネット75

近4走指数ベストは前走の京王杯SCで75。

近4走指数は68→71→ダート→75。

6走前のファルコンSで74と3歳春という時期を考えても非常に高い指数がある。

近走は4〜2走前は指数71と平凡だが、前走の京王杯SCで指数75とベストを更新した。とは言え、ファルコンSから1ポイントのみの増加だ。

さて今回だが、特に上積みはなさそうで、前走並みの指数75程度を想定し抑え評価とする。初の1200mがいきなり高速馬場なので時計面で対応できるかどうかが試金石となる。

 

ラヴィングアンサー74

近4走指数ベストは2走前の北九州短距離Sで74。

近4走指数は73→71→74→71。

近4走は指数71〜74と安定傾向。今回も特に上積みはなさそうで、近走並みの指数74程度を想定し消しとする。

 

ナランフレグ74

近4走指数ベストは3走前の鞍馬Sで74。

近4走指数は71→74→71→68。

3走前の鞍馬Sでは指数74と好走も、他の3戦は指数71以下と低値。

今回、鞍馬Sと同じ中京1200m高速馬場で条件は合うので好走の可能性はあり、指数74程度を想定し消しとする。人気がなく差しが決まる馬場であれば妙味はありそう。

 

ピクシーナイト74

近4走指数ベストは前走のCBC賞で74。

近4走指数は67→68→62→74。

3走前のアーリントンCで指数68と当時のベストを更新。

2走前のNHKマイルでは指数を落とした。

前走のCBC賞で指数74とベスト更新。斤量53kgで軽斤量の恩恵もあった。

さて今回だが、前走から斤量は1kg増。前走から成長分もあるし斤量増に対応しつつ、指数75程度まで伸ばすと想定し抑え評価とする。

 

レッドアンシェル74

近4走指数ベストは4走前のスプリンターズSで74。

近4走指数は74→65→59→73。

生涯ベストは5走前の北九州記念で76。

4走前のスプリンターズSでも指数74と好走した。

3走前の京阪杯は指数65、2走前の高松宮記念は指数59と落とした。

前走は半年の休み明けで斤量58kgを背負った割には指数73と好走した。

今回は、休み明けの前走を叩いた上積みもありそうだし、斤量も前走から2kg減の56kgとなることで、指数76程度に伸ばすと想定し対抗評価とする。

 

シゲルピンクルビー74

近4走指数ベストは前走の北九州記念で74。

近4走指数は68→50→70→74。

4走前のFレビューで指数68とベスト更新。

3走前の桜花賞では距離が長く指数50と落とした。

Fレビューで高速時計で勝利していることからも適性は1400mまでの可能性が高い。

2走前の函館SSでは距離1200mへの短縮で指数70と好走した。ただし斤量50kgの割には物足りない。

前走の北九州記念は斤量52kgで指数74とさらにベストを更新した。

さて今回だが、斤量は据え置きで、状態は良好でありさらに上積みあり。指数ベストを更新し、指数75程度を想定し抑え評価とする。

 

タイセイビジョン73

近4走指数ベストは前走のCBC賞で73。

近4走指数は70→72→70→73。

近走は指数70〜73で安定傾向。前走のCBC賞は後方から差し遅れているので、展開次第では上げる可能性はあるが、それでも今回のメンバーでは能力的に足りないだろう。指数は最大で74程度を想定し消しとする。

 

シャンデリアムーン71

近4走指数ベストは前走のUHB賞で71。

近4走指数は65→ダート→69→71。

2走前のしらかばSで指数69で3勝クラス勝利。斤量は54kgだった。

前走のUHB賞は指数71とベスト更新も斤量は52kgと恵まれていた。

今回は斤量54kgであり、2走前の指数69程度を想定し消しとする。

 

ボンボヤージ71

近4走指数ベストは前走の北九州記念で71。

近4走指数は65→64→70→71。

2走前のマレーシアCを指数70で勝利しOP入りを決めた。斤量は55kgだった。

前走の北九州記念は、指数71とベストを更新したが、斤量52kgと恵まれていた。

今回は斤量54kgと前走から2kg増であり指数は70程度までを想定し消しとする。

 

メイショウチタン71

近4走指数ベストは2走前の安土城Sで71。

近4走指数は68→69→71→62。

生涯ベストは5走前の阪急杯で指数74。

ただその後指数は伸びず、近4走は指数71以下の低値。

今回も近走並みの指数71程度を想定し消しとする。

 

ジャスティン57

近4走指数ベストは2走前の函館SSで57。

近4走指数はダート→ダート→57→ダート。

2走前の函館SSで芝レースに対応できず指数57と低値。

今回も高速馬場であり、対応できる可能性は低いだろう。指数70以下を想定し消しとする。

 

まとめ

◎クリノガウディー 想定指数77

○レッドアンシェル 想定指数76

▲ジャンダルム 想定指数76

☆ラウダシオン 想定指数76

△レシステンシア 想定指数75

△カレンモエ 想定指数75

△ピクシーナイト 想定指数75

△シゲルピンクルビー 想定指数75

 

能力最上位のレシステンシアが完調手前であり、上位は大混戦となった。上位はほとんど能力差はないので、当日の馬場、馬体重、オッズなどを見て妙味のありそうなところから、買い目を決めたいところだ。

現時点では、近走中京で連続好走しており、今回の状態も良好なクリノガウディーから入りたい。