【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

【指数競馬】準OP・OP・重賞予想

指数で準OP・OP・重賞の芝レースを予想します

感謝とお知らせ

このブログを始めて3ヶ月弱になりますが、トータルページビューも11000ページを超えまして、本当にありがとうございます。

5日ほど投稿できていない今日ですら見にきてくれる方がいて本当に嬉しいです。

 

早速ですが、今後のブログ運営に関する報告です。

 

このブログの管理人である私ですが、この度、大学を卒業して新社会人となりました。

その結果、ブログ執筆に掛けられる時間がかなり少なくなってしまいました。

 

私も、この競馬予想記事を書くことは趣味のひとつだったので、なんとか書き続けたいと思っていたのですが、先週の4レースの回顧記事もまだ書けていないどころか、今週の対象レースの特別登録も見れていない現状です。

 

実際、各レースにおいて、最短でも予想に1時間、一次予想記事の執筆に2時間、回顧記事の執筆に1時間ほどかかってきました。

これが、週5レースにもなると、25時間かかる計算になり、この時間を確保するのは不可能になってしまいました。

 

そこで、ブログを続けられないのは非常に残念ですが、全対象レース(芝・古馬・1600万条件以上の格)の投稿を、仕事に慣れるまでは休止しようと思います。

これからしばらくは、週1レース未満などのできる範囲で投稿していく予定です。

と言うことで、今後の投稿予定を次のように整理します。

 

今後の投稿予定

・先週の対象4レースの回顧記事。

・週1レース未満の、一次予想記事、回顧記事。

・全対象レースの指数だけ公開(未定、Twitterで?)

ツイッターによる全対象レースの最終予想(印と買い目)

・各月の指数ランキングおよび馬券成績

twitter.com

 

あくまで、予想記事、回顧記事を書く時間がないだけで、個人的な予想は続けるので、買い目は公開していく予定です。

指数も公開できたら良いなと思います。

 

投稿が大幅に減ってしまうので、このブログを見るのをやめる方がほとんどかなと思います。

今まで、訪問していただき、本当にありがとうございました。

これからも見ていただける方、少しでも投稿できるように頑張るのでよろしくお願いします。

2019船橋ステークス(1600万)・一次予想(出走馬確定時点)

今回は、3/31(日)に中山競馬場で行われる、「船橋ステークス(1600万)」の一次予想を行います。

 

外回り1200mで行われる定量戦です。

現在、出走馬確定時点で、14頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/30(土)

ダービー卿チャレンジトロフィー 中山 GIII

3/31(日)

御堂筋ステークス 阪神 1600万

船橋ステークス  中山 1600万

大阪杯      阪神 GI

 

他の記事は投稿済みなので、気になるレースがあったらご覧になってみてください。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 フレッチア     70

2位 レーヴムーン    69

3位 ショウナンアエラ  68

3位 アイファープリティ 68

3位 ダイトウキョウ   68

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

6位 ボーダーオブライフ 67

6位 イサチルホープ   67

8位 オデュッセウス   66

8位 ライトオンキュー  66

8位 パーリオミノル   66

8位 フクノグローリア  66

12位 タケショウベスト 65

12位 コパノディール  65

14位 ブロワ      61

 

レースレベル

準OPとしては平均レベルぐらい。

優勝想定ラインは71、当落線は68に設定しておきます。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

馬場・展開分析

先々週は雨が降って一気にタフな馬場へなりました。

そして、先週は少し回復しましたが、依然としてタフな馬場。

 

今週は、雨が降らなかったのでさらに回復するでしょうが、どの程度かは実際に見てみないと分からない。

さらに、今週からもBコース替わりもあってなおさら見てみないと分からない。

高速馬場もあり得るし、あまり回復せずにタフな馬場もあり得るので、ここで仮定しても意味ないだろう。

そこで、一次予想では、馬場は考慮せずに予想し、馬場は最終予想で反映させる。

 

展開に関して

逃げる可能性がありそうなのは、イサチルホープ、ショウナンアエラ、ブロワ。

どれが逃げても平均ペースぐらいだろう。

短距離の平均ペース想定なので先行有利で予想する。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

フレッチア ベスト指数70

ベストは2走前。

前走は68と落としたが、不利を受けたからである。

不利を受けた影響で、位置取りも悪化し折り合いもつかなかった。

不利がなければ70以上は出せているだろう。

と言うことで、実質2走続けて70以上なので、準OPを勝てる力は持っている。

本命。

 

レーヴムーン ベスト指数69

ベストは2走前。

2走前は、インを突いた好騎乗だった。

他の3走は66以下の低値。

後方からの競馬になるので、2走前のようにハマるのは稀で、凡走時のように差し届かないレースになる可能性が高いだろう。

消し。

 

ショウナンアエラ ベスト指数68

ベストは3走前。

近2走は続けて61の低値なので消しでいいだろう。

 

アイファープリティ ベスト指数68

ベストは前走だが、そこから3kg増。

今回と同斤量の2走前は60と低値。

消し。

 

ダイトウキョウ ベスト指数68

ベストは2走前。

最後方から追い込んできて差し届かず、というレースがほとんど。

この脚質だと勝ちまでは厳しいが、毎回確実に脚を使って掲示板ぐらいは確保してくれるので、抑えてもいい。

 

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

ボーダーオブライフ  ベスト指数67

ベストは2走前。

また、近4走は65ー67の安定傾向。

当落線を上回る見込みはないので消し。

 

イサチルホープ ベスト指数67

前走がベストだが、そこから2kg増では指数を上げるのは無理。

消し。

 

オデュッセウス ベスト指数66

前走がベストだが、そこから2kg増では指数を上げるのは無理。

消し。

 

ライトオンキュー ベスト指数66

近2走続けて66。

基本的には成長中の馬だが、前走は上がりだけの瞬発力勝負が得意ではないのか指数を伸ばせなかった。

前走を度外視して成長中と判断すれば、買える。

ただ、2kg増もありそこまで評価はできない。

 

パーリオミノル ベスト指数66

ベストは2走前。

この指数では足りないし、前走も62と落としているので消し。

 

フクノグローリア ベスト指数66

ベストは3走前。

それでも足りないし、近2走はさらに落としているので消し。

 

タケショウベスト ベスト指数65

ベストは前走と3走前。

足りないので消し。

 

コパノディール ベスト指数65

ベストは2走前。

足りないので消し。

 

ブロワ ベスト指数61

ベストは4走前。

足りないので消し。

 

総括 

本命はフレッチア。

抑え候補が、ダイトウキョウ、ライトオンキュー。

当落線をクリアできそうな馬がこれだけしかいない。

当落線を下げてもいいが、そこまで低レベルになると、どんな馬にも展開次第でチャンスが巡ってくるので、相手探しが難しい。

 

また、ダイトウキョウは追い込み馬なので信頼できないし、ライトオンキューは不透明な成長分を考慮しての抑え。

と言うことで、これらの2頭にそこまで比重をかけれない。

 

なので、フレッチアの単勝だけでいいかなと思う。

一応、2倍ぐらいにはなると思うし、8割ぐらいは勝てると思う。

期待値は1.6なので、回収率160%以下を目標にしている人は普通に買える。

私は200%を目標にしてるので、買いたくないが、このレースに限ってはこれ以上の期待値を出せる馬券が思いつかないので買わざるを得ないか。

 

馬場状態、オッズ、調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています。

最終予想まで見たいという方はフォローするか、当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

船橋ステークス」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

2019ダービー卿チャレンジT(GIII)・一次予想(枠順確定時点)

今回は、3/30(土)に中山競馬場で行われる、「ダービー卿チャレンジトロフィーGIII)」の一次予想を行います。

 

外回り1600mで行われるハンデ戦です。

現在、枠順確定時点で、16頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/30(土)

ダービー卿チャレンジトロフィー 中山 GIII

3/31(日)

御堂筋ステークス 阪神 1600万

船橋ステークス  中山 1600万

大阪杯      阪神 GI

 

他の記事も随時投稿していくので気になるレースがあったらご覧になってみてください。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 カツジ       80

2位 ヒーズインラブ   76

2位 ドーヴァー     76

2位 ギベオン      76

5位 ロードクエスト   75

5位 プリモシーン    75

5位 ハクサンルドルフ  75

5位 マイスタイル    75

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

9位 ダイワキャグニー  73

9位 エイシンティンクル 73

9位 ヤングマンパワー  73

12位 フィアーノロマーノ 72

13位 キャプテンベリー  71

13位 ダイアトニック   71

15位 ジョーストリクトリ 70

16位 マルターズアポジー 68

 

レースレベル

そこそこのメンバーが集まった。

GIIIとしては、平均以上のレベルと言っていいでしょう。

 

優勝想定ラインは76、当落線は74に設定しておきます。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

馬場・展開分析

先々週は雨が降って一気にタフな馬場へなりました。

そして、先週は少し回復しましたが、依然としてタフな馬場。

 

今週は、雨が降らなかったのでさらに回復するでしょうが、どの程度かは実際に見てみないと分からない。

さらに、今週からもBコース替わりもあってなおさら見てみないと分からない。

高速馬場もあり得るし、あまり回復せずにタフな馬場もあり得るので、ここで仮定しても意味ないだろう。

そこで、一次予想では、馬場は考慮せずに予想し、馬場は最終予想で反映させる。

 

展開に関して

マルターズアポジーが逃げて、ハイペースを刻むのが最も考えられる展開だろう。 

縦長になれば、先行馬がベストポジションになるだろうし、馬群ごとハイペースになれば差しも決まるだろう。

この辺も、実際に前が有利なのか、差しが決まる馬場なのかを確認してからでないと予想のしようが無い。

 

と言うことで、今回の一次予想ではあまり馬場・展開に拘らず、能力重視の予想となる。

馬場・展開は最終予想で反映させる。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

カツジ ベスト指数80 

ベストは4走前。

ただ、近3走は72以下の低値。

相手なりにそこそこ追い込んで来て届かない競馬がほとんどである。

今回、マルターズアポジーのハイペースは良いだろうし、差しが決まりやすい馬場なら買っておいても良いかもしれないが、基本的には消し。

 

ヒーズインラブ ベスト指数76 

ベストは2走前。

前走は変則追いと言うこともあって、仕上がっていなかったのか馬体重も増えてしまっていたし、指数を73まで落としている。

それを度外視して、2走前を評価すれば普通に買える。

 

ドーヴァー ベスト指数76

2走前に調教が一変して、71。

そして、前走は展開も味方につけて76と、6歳になって強くなっている。

買い。

 

ギベオン ベスト指数76

ベストは2走前。

2走前は展開も向いていた上に、そこから1.5kg増。

指数通りの評価は打てないので抑えまで。

 

ロードクエスト ベスト指数75

ベストは2走前。

前走は73だが、詰まっていなければ75ぐらいはあっただろう。

と言うこと能力は十分。

だだ、今回も多頭数だし、直線が短いので、詰まっている内にレースが終わると言うリスクはある。

直線の長いコースや小頭数でこそ力を発揮しやすいので、今回のような、直線の短いコースの他頭数戦では抑えぐらいで良いだろう。

 

プリモシーン ベスト指数75

ベストは3走前だが、斤量は51kgだった。

今回と同斤量の2走前、前走では、73、72と低値。

あまり成長も感じられないし、消しで良いだろう。

 

ハクサンルドルフ ベスト指数75

ベストは4走前。

3走前も74で走っている。

ただ、近2走は68以下の低値。

レース内容としては、後方から追い込んで届かない感じ。

基本的にレースに参加できずに終わる馬なので、相当差し有利馬場でなければ消しで良いだろう。

 

マイスタイル ベスト指数75

近4走は73→65→75→69とムラのある指数。

ただ、3走前は暴走逃げして潰れているだけだし、前走は位置が取れずにレースに参加していないだけ。

このように、敗因がはっきりしているので、今回は普通に買える。

鞍上強化もあるので、買い目には入る。

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

ダイワキャグニー ベスト指数73

ベストは4走前。

他の3走は71以下の低値。

この馬も、最近は位置が取れず、レースに参加できずに終わるレースが多い。

相当、差しが決まる馬場でなければ消しでいい。

 

エイシンティンクル ベスト指数73

ベストは2走前。

前走は休み明けで65と凡走。

前走叩いて、今回どうかと言う感じ。

ただ、それにしても前走負けすぎだし、当落線以下の馬の上昇を見込んで買うほど買いたい理由はない。

 

ヤングマンパワー ベスト指数73

ベストは2走前。

他の3走は66以下の低値で、安定感もないので消しでいい。

 

フィアーノロマーノ ベスト指数72

ベストは前走。

そこから、2kg減なので抑えまであるかもしれない。

 

キャプテンベリー ベスト指数71

ベストは2走前。

足りないので消し。

 

ダイアトニック ベスト指数71

前走ベスト更新。

近4走を見ると、64→65→67→71と成長中である。

成長分もあるし、3kg減もあるので、4,5ポイント上げて来ることもあり得る。

買い。

 

ジョーストリクトリ ベスト指数70

ベストは前走。

足りないです。消し。

 

マルターズアポジー ベスト指数68

ベストは前走。

スローで逃げた方がまだ可能性があると思うが、結局それができないのだろう。

消し。

 

総括 

最近の馬場傾向が変わりやすいことと、Bコース替わりもあって、馬場がどうかをここで予想しても意味ないので、能力重視の一次予想とした。

現時点で買いたい馬は、

ヒーズインラブ、ドーヴァー、ロードクエスト、マイスタイル、ギベオン、フィアーノロマーノ、ダイアトニックなどである。

現時点では、馬場も読めないので本命は打てないが、この6頭を中心に馬券を組み立てる感じだろう。

 

馬券は

馬連  ◎ー◯▲△△△

三連複 ◎ー◯▲ー◯▲△△△

などを想定しています。

 

馬場状態、オッズ、調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています。

最終予想まで見たいという方はフォローするか、当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

ダービー卿チャレンジトロフィー」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

2019大阪杯(GI)・一次予想(特別登録時点)

今回は、3/31(日)に阪神競馬場で行われる、「大阪杯(GI)」の一次予想を行います。

 

内回り2000mで行われる定量戦です。

現在、特別登録時点で、15頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/30(土)

ダービー卿チャレンジトロフィー 中山 GIII

3/31(日)

御堂筋ステークス 阪神 1600万

船橋ステークス  中山 1600万

大阪杯      阪神 GI

 

他の記事も随時投稿していくので気になるレースがあったらご覧になってみてください。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 キセキ       85

2位 ペルシアンナイト  81

2位 ブラストワンピース 81

2位 ステルヴィオ    81

5位 サングレーザー   80

5位 エアウィンザー   80

7位 アルアイン     78

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

8位 マカヒキ      77

8位 ムイトオブリガード 77

10位 スティッフェリオ  76

11位 ダンビュライト   75

11位 ワグネリアン    75

11位 ステイフーリッシュ 75

15位 エポカドーロ    74

 

レースレベル

GI級の基準である80オーバーが6頭もいます。

GIとしては平均以上のレベルと言っていいでしょう。

優勝想定ラインは82、当落線は78に設定しておきます。

上位が強いので上位混戦タイプのレースとでも呼んでおきます。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

馬場・展開分析

先々週は雨が降って一気にタフな馬場へなりました。

そして、先週は雨が降らなかったので、高速馬場になりました。

今週も雨が降らないので、高速馬場濃厚ですが、最近は馬場が変わりやすいので当日の馬場を見て確認する必要があります。

 

展開に関して

キセキが逃げて、道中緩まないスピード勝負に持ち込むでしょう。

高速馬場でその展開になると、一瞬の瞬発力が必要なレースにはならないです。

脚を溜めて瞬発力で勝負するタイプよりも、前目につけてレース全体をスピードで押し切れるタイプの馬を狙いたいところです。

 

こんな感じで、ひとまずここでは、先週に引き続き「高速馬場」で想定しました。

ただ、あくまで一次予想をする上での仮定であるので、馬場が変わっていたら、展開予想をやり直して、最終予想で反映させます。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

キセキ ベスト指数85

ベストは2走前のジャパンカップ

ジャパンカップのようなレコード決着の「超」高速馬場になれば、この馬には最も向くでしょう。

逆に、前走の有馬記念のように距離が問われるタフなレースになれば普通に凡走します。

ただ、疲労もあったでしょうし、もっと凡走すると思っていたので、5着まで粘れたのは予想外の好走でした。

 

今回に関しては、ジャパンカップの時のような「超」が付くほどの高速馬場ではないと思います。

超高速馬場でないなら2000mはこの馬には長いですし、最後の急坂もマイナスです。

ただ、前走あの馬場で5着まで粘れた点を評価すると、「超」高速馬場出なくても割と走れるのかなと思います。

 

指数は1位ですが、割と走れる程度でベストは出せないと考えると、本命を打つかどうかは迷うところです。

ひとまず、重視の一角にしておきます。

 

ペルシアンナイト ベスト指数81 

ベストは3走前のマイルチャンピオンシップです。

マイルCSの時は、富士ステークス5着→マイルCS2着で、着順を上げてきましたね。

指数も75→81と上げています。

他にも2018年の中山記念5着→大阪杯2着。

2017年の富士ステークス5着→マイルCS1着なども同じです。

こんな感じで、この馬はGIの前哨戦は全然仕上げて来ないし、勝ちにもきません。

 

そして、前走の金鯱賞4着も大した仕上げで来ず、指数74で、まさにそんな感じ。

今回は普通に仕上げてくるでしょうから、80オーバーは出せると想定し、買っておきます。

 

ブラストワンピース ベスト指数81

ベストは前走の有馬記念

有馬記念から2kg増えますし、高速馬場の2000mも微妙かなと思いますが、基本的には成長中ですし、買っておきます。

 

ステルヴィオ ベスト指数81

ベストは2走前。

近3走を見ると、距離は1800m、1600m、1800mで指数は78→81→77です。

前哨戦と本番で指数を上昇させるというのもあると思います。

ただ、個人的には、「マイラーだからマイルCSで指数を跳ね上げた」という認識も持っていて、今回の距離延長はマイナスだと思います。

 

ただ今回は、高速馬場ならば、多少の距離延長でもやれるかもしれないので、抑えぐらいには入れておきたいところです。

 

サングレーザー ベスト指数80

近4走の指数は80→77→80→外。

77の時は直線詰まってますので、詰まってなければ80ほどだろうと思います。

ということで、安定して80付近を出せる馬ですので、馬券には入ってきます。

 

エアウィンザー ベスト指数80

2走前がベストで、前走が79ですから安定して高指数を出せそうです。

馬券には入ってきます。

 

アルアイン ベスト指数78

近4走は78→78→78→72

前走を除けば非常に安定しています。

ただ、78を出した時はかなり状態も良かったですし、78が限界かなと思います。

この指数では、このメンバーでは3着が精一杯でしょう。

一応当落線ギリギリですが、前走では指数を落としてますし、上位勢も当然仕上げてきますので、消していいかなと思います。

 

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

マカヒキ  ベスト指数77

ベストは4走前。

指数的にも足りないですし、高速馬場もマイナスです。

ついでに、後方待機では用無しかなと思います。

消し。

 

ムイトオブリガード ベスト指数77

ベストは3走前。

高速馬場はいいですけど、指数が足りないです。

ベスト時から2kg増もあるので消しでいいでしょう。

 

スティッフェリオ ベスト指数76

前走ベスト更新も、この指数では足りないです。

消し。

 

ダンビュライト ベスト指数75

ベストは前走。

足りないです。消し。

 

ワグネリアン ベスト指数75 

ベストは前走。

どの程度上昇分があるかは不透明ですが、80オーバーはないと思います。

休み明けですし、相当状態が良くなければ消しです。

 

ステイフーリッシュ ベスト指数75

前走ベスト更新ですが、上昇分は1ポイント。

微増では足りないですね。

消し。

 

エポカドーロ ベスト指数74

近4走では前走がベスト。

ただ、前走より皐月賞の方が強かったですね。

叩いた上積みもあるかと思いますが、基本的にオルフェーブルは早熟という認識なので、買いません。

 

アクションスター ベスト指数65

ベストは4走前。消し。

 

総括 

高速馬場のスピード勝負という想定です。

印を打つのは指数上位6頭まででいいかなと思います。

キセキ、ペルシアンナイト、ブラストワンピース、ステルヴィオ、サングレーザー、エアウィンザーの6頭です。

この中から調教や馬場状態をみて、本命を決めたいところです。

また、この中から1,2頭消せたらいいなとも思っています。

 

馬券は

三連複 ◎ー◯▲ー◯▲△△△ or ◎ー◯▲△△ー◯▲△△

三連単 ◎→◯▲→◯▲△△△

などを想定しています。

 

馬場状態、オッズ、調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています。

最終予想まで見たいという方はフォローするか、当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

大阪杯」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

2019御堂筋ステークス(1600万)・一次予想(特別登録時点)

今回は、3/31(日)に阪神競馬場で行われる、「御堂筋ステークス(1600万)」の一次予想を行います。

 

外回り2400mで行われるハンデ戦です。

現在、特別登録時点で、10頭が出走予定となっています。

 

さて、今週の対象レース(芝・古馬・準OP以上)はこちらです。

3/30(土)

ダービー卿チャレンジトロフィー 中山 GIII

3/31(日)

御堂筋ステークス 阪神 1600万

船橋ステークス  中山 1600万

大阪杯      阪神 GI

 

他の記事も随時投稿していくので気になるレースがあったらご覧になってみてください。

 

さて、予想法ですが、能力指数(過去の指数)をベースに馬場傾向、展開、調教、枠順、などのすべての要素を加味して、今回どの程度の能力が出せるか(未来の指数)を考察していくという方法になります。

 

この記事では、

1,全馬指数一覧

2,レースレベル

3,馬場・展開分析

4,1頭ごとの見解

5,総括

と書いていきます。

 

指数一覧

近4走のベスト指数を上位から並べていきます。

指数順位 出走馬 近4走ベスト指数 

1位 アフリカンゴールド 77

2位 プリンスオブペスカ 72

3位 マイハートビート  71

4位 シルヴァンシャー  70

ーーーーーーーーーーーーーー

基本的に当落線

ーーーーーーーーーーーーーー

5位 スティルウォーター 68

5位 プロフェット    68

7位 メイショウキトラ  67

7位 ヴァントシルム   67

9位 ウインブルーローズ 57

指数なし タガノグルナ 近走ダートのため

 

レースレベル

準OP勝ち馬の平均指数は70ぐらいだが、それをクリアしている馬が4頭もいる。

すなわり、準OPとしてはハイレベルだろう。

優勝想定ラインは73としておく。

 

そこから、4ポイント下の69までを当落線としておく。

 

今回は少頭数で、指数もバラけているので、能力差もあって割とわかりやすいレースになるだろうか。

(参考までに、GIが80以上、GIIが77から78程度、GIIIで75ぐらい、OPで72から73ぐらい、準OPで70ぐらい)

 

馬場・展開分析

先々週は雨が降って一気にタフな馬場へなった。

そして、先週は雨が降らなかったので、高速馬場になった。

今週も雨が降らないので、高速馬場濃厚だが、最近は馬場が変わりやすいので当日の馬場を見て確認する必要がある。

 

ひとまずここでは、先週に引き続き「高速馬場」で想定しておくが、あくまで一次予想をする上での仮定である。

馬場が変わっていたら、最終予想で反映させる。

 

展開に関して

・逃げ馬不在

・長距離戦

・スタートしてすぐ登り坂というコース形態

なのでほぼ間違いなくスローになる。

 

そして、最後は「瞬発力勝負」か「早仕かけのロンスパ戦」のどちらかである。

下級レースの長距離戦で、外回りで直線も長いので、「瞬発力勝負」になるのが普通そうだが、今回は捲りそうな馬がそこそこいる。

例えば、プリンスオブペスカは前走捲りに成功している。

シルヴァンシャーやプロフェットも早仕かけのロンスパ戦を誘発したことがある。

ということで、今回も何かしらが早めに動くことでロンスパ戦になる可能性もある。

 

モレイラみたいな早仕かけ大好き騎手が有力馬に乗っていれば、ロンスパ戦決め打ちでいいと思うんですが、日本人騎手が結局動かないなんてことも多いにありそうで、今回は決め打ちできる状況にない。

ということで、どっちになるかは、正直よく分からないので、どちらかに決め打ちしません。

 

すなわち、瞬発力に秀でた馬も、持続力に優れた馬もどちらも評価しますが、最終的には能力重視で買います。

 

1頭ごとの見解

近4走ベスト指数上位から1頭ごとに見ていきます。

 

アフリカンゴールド ベスト指数77

ベストは3走前で、1000万条件にしては破格の指数をマークしました。

指数は圧倒的で、能力はあるのですが、それを発揮できるかは別の話です。

近2走を見るととても本命は打てません。

 

ただ、近2走よりはメンバーレベルも落ちますし、少頭数で逃げ馬不在なので、逃げちゃってもいいと思います。

とにかく、馬群に入らずに、マイペースでスムーズに運ばせてあげれば能力を発揮できる可能性が高いでしょう。

能力はあるので抑え以上の印は打ちたいところ。

 

プリンスオブペスカ ベスト指数72

ベストは前走で、これも1000万条件にしては破格の指数。

2走前までは大した指数を出していなかったのですが、前走急に覚醒したような走り。

ハーツクライ産駒の晩成型かなと思います。

この指数が出せれば当然勝ち負けなので、普通に重視します。

 

マイハートビート ベスト指数71

ベストは前走。

近4走は68(54kg)→70(54kg)→69(56kg)→71(56kg)です。

斤量を考慮したら順調に成長していますね。

今回、2ポイント以上の上昇で、プリンスオブペスカを上回りますし、指数1位のアフリカンゴールドは信頼感がないので、自動的にこの馬が本命になるでしょう。

また、先行できることもいいですね。

 

シルヴァンシャー  ベスト指数70

ベストは前走。

この馬も、1000万条件でありながら、準OP級の指数を出した上がり馬です。

成長分を考慮したら本命まであってもいいかとも思いましたが、2kg増と鞍上弱化で評価を落とし、重視までという感じでしょうか。

鞍上に関しては、前走モレイラ騎手が早仕かけロンスパ戦を見事に決めましたが、基本的には後方待機の馬です。

今回は戸崎騎手なので、後方でじっとして位置取りの差で凡走なんてこともありそうですね。

 

---------------------------------------

以下は指数的には買い要素はないので、展開、馬場、調教、成長分、斤量などによる上積みがなければ消しの対象です。

 

スティルウォーター  ベスト指数68

ベストは前走。

能力的にはこのメンバーでは一枚落ちますので、後方で脚を溜めて瞬発力にかける競馬をするしかないですね。 

ただ、指数68では足りないので消しでいいでしょう。

 

プロフェット ベスト指数68

ベストは4走前だが、近3走は60以下の低値。

近3走は普通に力負けという感じがするので消し。

 

メイショウキトラ ベスト指数67

ベストは4走前。

それも含めて近4走は62から67。

普通に足りないので消しか。

 

ヴァントシルム ベスト指数67

前走ベスト更新で67。

前走は2ポイント上昇させてきたので、今回も同じ上昇分ならギリギリ当落線の69まで。

指数上位4頭に次ぐ5番手評価なので、ギリギリ抑えるかもしれない。

 

ウインブルーローズ ベスト指数57

近4走は56ー57で安定傾向。

足りないので消し。

 

タガノグルナ 指数なし 近走ダートのため

芝で未勝利なので買わなくていい。

 

総括 

現時点では、本命は能力上昇中で大きく崩れることのなさそうなマイハートビート。
対抗は前走覚醒したプリンスオブペスカ。

次点で能力はあるが不安要素もあるアフリカンゴールドや、シルヴァンシャー。

5番手がギリギリ当落線圏内のヴァントシルム。

ヴァントシルムは馬券期待値的に買い目には入らないかもしれないが、基本的にこの5頭で馬券を組み立てる感じ。

 

絶対能力はずば抜けているアフリカンゴールドや、今回の上昇分が不透明なプリンスオブペスカ、シルヴァンシャーなどがいる上に、マイハートビートは一番人気だろうから、単系の馬券は買わない。

あくまで、大きく崩れることのない点を評価したということである。

 

馬券は現時点では

馬連  ◎ー◯▲△(△)

三連複 ◎ー◯▲△(△)ー◯▲△(△)

などを想定している。

 

馬場状態,オッズ,調教なども考慮しつつ、最終的な印と買い目は当日に発表するので、当日午後の最終予想をご覧ください。

 

最終予想はTwitterで投稿しています.

最終予想まで見たいという方はフォローするか,当日にアカウントを検索してみてください。

馬体重が出てから最終予想を投稿します。

アカウント名は「@K16005」、ユーザー名は「K1600」としています。

http://twitter.com/K16005

 

「御堂筋ステークス」の現時点での出走予定馬の評価は以上です。

レース後には回顧記事も書くのでよかったら見てみてください.

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

高松宮記念 回顧

高松宮記念の回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちら。 

keibashisuu.hateblo.jp

 

予想と結果

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

 

◎アレスバローズ

◯ダノンスマッシュ

ロジクライ

△ナックビーナス

△ミスターメロディ

レッツゴードンキ

 

単勝  ◎               100円

馬連  ◎ー◯  100円

ワイド ◎ー◯       200円

馬単  ◎→◯  100円

三連複 ◎ー◯ー4頭 各100円

三連単 ◎→◯ー4頭 各100円

1組を1300円として購入

 

最終予想の意図

◎アレスバローズ

今回のような高速馬場はベスト条件。

低レベルなので北九州記念の指数で足りる。

 

◯ダノンスマッシュ

能力は抜けているが、時計の裏付けがないので、1人気で本命にするほど信頼できないので対抗まで。

 

ロジクライ

ルメール×メイチ

 

△ナックビーナス

先行馬で指数上位

 

△ミスターメロディ

スピード性能抜群

 

レッツゴードンキ

後方からだが、インを着けば3着まではあるか。

 

そして結果が、

1着 ミスターメロディ  △

2着 セイウンコウセイ  無

3着 ショウナンアンセム 無

4着 ダノンスマッシュ  ◯

5着 ティーハーフ    無

ということで外れです。

 

レース回顧

まず今の馬場状態について。

高速馬場で内有利馬場。

先週行われた芝刈りの影響とA→Bコース替わりの影響が顕著に出ましたね。

 

レースラップは、

12.0 - 10.1 - 11.1 - 11.4 - 11.2 - 11.5

前半3Fー後半3Fが33.2ー34.1です。

モズスーパーフレアが逃げて、2F目は結構飛ばしています。

ただ、モズスーパーフレアが本来の力を出せれば決して逃げきれないペースではなかったと思いますね。

 

数字的には0.9秒の前傾ですが、このコースにしては平均ペースでしょう。

 

レースレベルはGIとは呼べないほどの低レベルです。

勝ち馬のミスターメロディの指数は77です。

この指数だとせいぜいGIIクラスでしょうね。

モズスーパーフレアが勝ったオーシャンステークスで78。

ダノンスマッシュが勝ったシルクロードステークスはロスがありながら77。

ですから、ミスターメロディがスムーズに運べて77では、GIでは物足りないですね。

しかし、大本命の2頭がこけたので、この指数でも仕方ないです。

 

ちなみに、過去3年と比べたら、最も時計は出ていますが、馬場も全然違うので、指数は最も低いです。

 

このレースで言えることは以下です。

・高速馬場、内有利馬場

・GIとは呼べないほどの低レベル

 

内有利についてはもう少し書いておこうと思います。

今回、内有利がかなり顕著で4コーナーで内側かつ中団より前に居た馬がかなりの恩恵を受けました。

実際残り400m地点で、そのベストポジションにいたのは、前から順に

モズスーパーフレア(15着)

セイウンコウセイ(2着)

ミスターメロディ(1着)

ラインスピリット(10着)

ラブカンプー(18着)

ショウナンアンセム(3着)

実際これぐらいしか勝ち負けできる位置にいなかったと思いますね。

 

あとは、開始20秒ぐらいの時点で、ダノンスマッシュが内に斜行してアレスバローズとナックビーナスが不利を受けていますが、その余波で後続馬群が分断されちゃった感もありますね。

これもあって勝てる位置に入れなかった馬も多いですね。

 

それでは1頭ごとの回顧を行なっていきます。

 

今回の馬券的な敗因は、

・◎アレスバローズが9着

・◯ダノンスマッシュが4着

に敗れたことですね。

これも含めて、GIなので全馬の回顧を行なって行きます。

 

1着 ミスターメロディ △

この馬の過去のベストは2走前の阪神カップで指数は76でした。

今回は77ということでベストを更新してきました。

まあ、4歳で成長分やメイチ具合なども考えたら、1ポイント上昇は平凡ですね。

 

あと、今回は内有利の高速馬場ですから、スピード性能を活かしたいこの馬にはかなり向いていました。

2走前も前が止まらない特殊馬場で、内枠で先行したため、かなり恩恵を受けました。

つまり、好走時は馬場の恩恵を受けていますが、前走の阪急杯などの馬場の恩恵がない力勝負では普通に凡走します。

すなわち、能力で走ったというよりは馬場と内枠の恩恵で好走できたということです。

 

馬場が完全に向いての77ですからやはり低いですね。

GI馬ですが評価できないです。

馬場の恩恵が無ければ普通に凡走する馬でしょうね。

 

今回に関しては、モズスーパーフレアとダノンスマッシュ以外はGI級の馬がいない上に、その2頭が凡走(後述)ですから、展開利と枠の利で勝っちゃったという話でした。

 

2着 セイウンコウセイ 無 

近走は安定感こそありませんが、もともとGIを勝った馬です。

2017年の高松宮記念を勝った時の指数は80ありますので、能力はあります。

能力のある馬が、内先行有利馬場の恩恵を受けたら当然上位に来れますね。

ただ、この馬のベストは少々時計のかかる馬場ですから、その分と劣化分もあってGI勝利時のような指数は出せませんでした。

 

GI級の指数こそ出せる馬場ではなかったですが、乗り方一つで勝ちまでありましたね。

直線内を開けてしまったために、ミスターメロディにスペースが空いてしまったので、内を締めて入れば勝っていたでしょうね。

 

あとは、スタートが抜群でしたね。

前走ブリンカーを付けて暴走逃げしたのが、効いたんでしょうね。

 

3着 ショウナンアンセム 無

近4走のベスト指数は72でメンバー間で最下位です。

今回は指数76ですから、近4走に比べたら4ポイント以上上昇していることになります。

その理由を書きます。

まず、この馬は近4走こそMAX 72の低値ですが、9ヶ月前のパラダイスステークスでは、馬場の恩恵を受けて76という高指数をマークしています。

今回も、馬場の恩恵を受けてるので、馬場と展開が向けば76ほどは出せるということですね。

ただ、近4走の指数からはどうしても買い目に入れれませんでした。

内有利の馬場とは言え、ここまで顕著になるとも思いませんでしたからね。

というわけで、後付けで好走の理由は理解できましたが、これをレース前に予想するというのはかなり難易度が高いです。

この馬を、理詰めで取れる人は回収率500%ぐらいのレベルの人でしょうね。

 

4着 ダノンスマッシュ ◯

今回の指数は76。

ベストから1ポイント落としてきました。

これまではインベタで直線だけ外に出すという競馬でしたが、今回は13番枠ということもあり終始外を回す競馬でした。

今回はこのコース取りで負けたようなものなので、上位3頭とは位置取りの差だけですね。

それでいて、大した着差じゃないので、内伸び馬場の恩恵を受けられずにこの結果なら、パフォーマンスだけで見たらこの馬が最も強いです。

馬券的な敗因としては、顕著な内伸びを見抜けなかったということです。

 

5着 ティーハーフ 無 

先ほど勝てる位置にいたのは6頭と書きましたが、その次点でティーハーフレッツゴードンキが良い位置にいました。

内にいたのは良かったのですが、後ろ過ぎて勝ち負けできる位置ではありませんでした。

ですが、18頭中7番手ぐらいには良いポジションだったので、着狙いには十分な位置でしたね。

そんなこんなで、高速馬場で、前を捉えることはできず5着までという感じですね。

ただ、指数的にも生涯ベストなので後方で脚をためてベストな競馬ができましたね。

ただ、前にいたらおそらく脚が溜まらずに潰れてそうですから、掲示板で十分でしょう。

 

6着 レッツゴードンキ  △

後方からは届かないが、内を突けば3着までという感じで抑えました。

ほぼ想定通りの走りをしてくれましたね。

ただ、結局は6着なので、内を突いても3着は厳しかったということで、少々判断を誤った形になりました。

また、ティーハーフと同じで後方からでしたが、外を回した馬に比べたら良い位置でしたね。

 

7着 デアレガーロ 無 

滅茶苦茶凄い脚で追い込んでるのですが、あの位置からでは当然勝ち負けになりませんね。

 

8着 ロジクライ △

後方から外を回しては厳しいですね。

あとは、直線詰まってしまいましたね。
ただ、詰まりが解消されても対して伸びてないので、スピード負けという感じでしょうか。

この馬のベストパフォーマンスは富士ステークスで、これは高速馬場のマイルです。

マイルの高速がベストならば、スプリントで高速なら少しスピードが足りないということですね。

スプリントならもう少し時計がかかる方が良さそうです。

 

9着 アレスバローズ ◎

ダノンスマッシュの斜行を受けてから、かかりまくってしまってレースにならなかったですね。

ダノンスマッシュ北村友一、危な過ぎです。

落馬してもおかしくありません。

これ普通に騎乗停止にしてもらわないといけないですよ。

 

枠的にもベストですし、好位で運べていたので斜行の煽りが無ければ、間違いなく勝ち負けでした。

結果的に低レベルレースで、北九州記念の指数(78)で足りてますからね。

馬券的には、不利で凡走なので仕方ないです。

狙いは良いはずです。

 

10着 ラインスピリット 無

勝ち負けできる位置にいた6頭中の1頭です。

その位置から、10着までに沈んだのは、スピード性能が無いためです。

この馬のベスト指数はスプリンターズステークス3着ですから、今回のような高速な時計勝負は守備範囲じゃなかったということです。

 

11着 ダイメイフジ 無

位置取りが後ろ過ぎてレースに参加できていません。

そもそも能力も足りないですけどね。

 

12着 ペイシャフェリシタ 無

能力も足りないですし、位置取り的にもレースに参加できていません。

 

13着 ヒルノデイバロー 無

能力も足りないですし、位置取り的にもレースに参加できていません。

 

14着 ナックビーナス 無

不利を受けたのももちろんあります。

ただ、1番の敗因は、あれだけ大外を回してしまったことですね。

枠的にどうすることもできませんが。

少なくとも今回の馬場では、何度やっても4枠より内しか勝てないでしょうね。

 

15着 モズスーパーフレア 無

前走あれほど走っておいて、中3週で来るはずないですね。

消して正解でしょう。

敗因は反動が大半ですが、一応レースぶりも振り返っておきましょう。

 

セイウンコウセイが抜群のスタートをきり、ラブカンプーもこの馬より内でいいスタートを切ったので、なかなか逃げれませんでした。

2F目で先頭に立てましたが、そのために2F目が10.1秒というハイラップになりました。

それでいて、直線が長いですから、厳しかったですね。

 

この馬は、直線の短いスプリンターズステークスで狙いたいですね。

 

16着 ダイメイプリンセス 無

冬場は走らないですし、位置が取れないですから、普通にこんなもんでしょう。

 

17着 スノードラゴン 無

もちろん能力は足りないのですが、一応レースを振り返ると、

ダノンスマッシュの不利を受けたアレスバローズにビックリして位置がズルズル下がって行きました。

能力が足りないとは言え、内伸び馬場でそれを活かしていい競馬になればいいなと思っていたので、あの斜行は本当に余計でした。

 

18着 ラブカンプー 無

馬が昨年の夏から完全に終わっちゃってますね。

スタートは良いので、600mのレースとかに出れば良いんじゃないですかね(適当)。

 

総括 

ここまでに色々書いてきましたが、

まとめると、内伸びが予想以上に顕著だったということです。

こんな、位置取りだけのレースじゃ無くて、もっと力勝負が見たいですよ。

 

今週は、このレース含め5レース中1レース的中。

週間では、1組5700円→7300円で、回収率128%

月間では、1組18600円→9820円で、回収率52%

年間では、1組61100円→98710円で、回収率161%

 

今月の14連敗はきつかったがなんとか止めることができてよかった。

ラスト1週で月間100%まで戻したいところ。

 

来週の予定

3/30(土)

ダービー卿チャレンジトロフィー 中山 GIII

3/31(日)

御堂筋ステークス 阪神 1600万

船橋ステークス  中山 1600万

大阪杯      阪神 GI

です。平日に一次予想を投稿します。 

 

ツイッターはこちらから。

http://twitter.com/K16005、アカウント名K1600

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

六甲ステークス 回顧

六甲ステークスの回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちら。 

keibashisuu.hateblo.jp

 

予想と結果

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

 

◎サトノフェイバー

△ストーミーシー

△プロディガルサン

アップクォーク

△ソーグリッタリング

 

馬連  ◎ー4頭     各100円

馬単  ◎→4頭     各100円

三連複 ◎ー4頭ー4頭 各100円

1組を1400円として購入

 

最終予想の意図

◎サトノフェイバー

1年以上ぶりだが、順調に追い切りを消化してきて上積みを感じた。

他のどの馬よりも能力を出せると判断し本命。

 

そして結果が、

1着 ソーグリッタリング △

2着 プロディガルサン  △

3着 サトノフェイバー  ◎

4着 クリノヤマトノオー 無

5着 ナイトオブナイツ  無

 

ということで三連複があたりです。

73倍だったので、1400円→7300円という結果でした。

 

レース回顧

まず今の馬場状態について。

先週はタフな馬場でしたが、今週は高速馬場に近い軽めの馬場でしたね。

最近は馬場がコロコロ変わるので、当該週のレースで確認しときましょう。

 

レースラップは、

12.6 - 10.9 - 11.8 - 12.1 - 11.8 - 11.1 - 11.7 - 11.9

前半4Fー後半4Fが47.4ー46.5です。

レースは流れていますが、ラップは後傾ですからスローということでいいでしょう。

そして、上がり最速の馬の上がりが33.5秒で1、2着ですから、瞬発力勝負を得意とする馬が好走できるレースだったということです。

 

レースレベルはOP特別としては平均より少し高め。

勝ち馬のソーグリッタリングの指数は74です。

そして、4着以下は離されていますので、上位3頭が高いレベルで走っています。

 

このレースで言えることは以下です。

・スローの瞬発力勝負

・レベルは平均的なOP特別以上

 

それでは1頭ごとの回顧を行なっていきます。

 

今回、馬券は当たりましたが、

サトノフェイバーが2着なら馬連、1着なら馬単も当たっているので、3着に破れた理由についても書いていこうと思います。

 

1着 ソーグリッタリング △

一次予想で書いたと思いますが、3走前の準OPを高い指数で勝ち上がっています。

その後OP2戦は通用しませんでしたが、休み明けは走る馬なので、休みを挟んでリフレッシュした状態なら、3走前よりも指数を上げる可能性があると思い印を打ちました。

結果その見解の通りで、浜中騎手もいい騎乗で見事に勝利しました。

 

◎サトノフェイバーより上位に来た理由

サトノフェイバーは頑張っていますが、この馬がそれ以上に走ったということです。

好走理由は上記に書きましたが、指数を上げるかもしれないというのはあくまで可能性の話でした。

実際、近2走は指数を落としているのが現状ですので、△評価にとどまったということです。

 

2着 プロディガルサン △ 

近4走では最も指数を出しました。

好走理由は、スローの瞬発力勝負が得意だからです。

過去にも、東京新聞杯2着などの好走時は瞬発力勝負でしたからね。

 

◎サトノフェイバーより上位に来た理由

印に関しては、

近走の指数が平凡なプロディガルサンより上昇見込みのあるサトノフェイバーの方を評価したということです。

結果に関しては、展開面で脚を溜めることができたプロディガルサンに利があったということです。

 

3着 サトノフェイバー ◎ 

1年以上ぶりですが、順調に追い切りを消化していて上積みを感じたため本命としました。

実際に上昇分を正確に測れたわけではありませんが、このメンバーのOP特別ぐらいならいきなり通用する仕上がりだと思いました。

 

結果、瞬発力勝負に利があった2頭が指数を上げたため、敗れましたが、この馬もかなり強い内容です。

上位2頭は瞬発力を発揮していますが、この馬は先行して脚を溜めることが出来ない中でスピードで押し切っての3着です。

つまり、展開的には上位2頭ほど向いていないのに、この着差ですから、着差以上に強いです。

同じ位置にいたアップクォークも決して弱い馬ではないですが、脚が溜まらなかったことで大敗していますからね。

 

しかも、休み明けでOP特別をいきなり好走できるのですから、今後が楽しみです。

 

4着 クリノヤマトノオー 無 

一番人気ですが、切って正解だったようです。

やはり、高速馬場よりタフな馬場向きという従来の見解通りでした。

高速馬場では後方から差し届かないですね。

一応キレを発揮できてはいるようですが、他馬が止まるようなタフなレースの方が力を発揮できるでしょう。

 

直線若干詰まっていますが、17頭立てですからそれも想定内です。

詰まるリスクを考えて、期待値的に馬券から外す選択になりました。

まあ、詰まったとは言え少しだけなので、詰まっていなくても3着は無さそうですけどね。

 

5着 ナイトオブナイツ  無

物理的に届かない位置取りから、それなりに追い込んで、ギリギリ掲示板に入る。

これは、この馬にとってはいつも通りのことです。

ここ6走は全て4着か5着ですからね。

そういう競馬しかできないということです。

 

6着 ストーミーシー △ 

やはり高速馬場なら走りますね。

最後すごい追い込みでした。

上がりタイム補正を入れたら、サトノフェイバーと同指数です。

 

後方でレースに参加できず、直線も詰まって追えず、残り100m地点でレース映像に映らなくなってしまいました。

その時点でクリノヤマトノオーとは目算で3〜4馬身差ほどありました。

それが、結局ゴール時は、3/4馬身差です。

クリノヤマトノオーもそれなりの脚で追い込んでいますから、この馬はかなり異常な末脚を発揮したことがわかります。

あまり伝わらないかと思いますが、かなりすごいんですよ。

映像に残しておいて欲しかったです。

 

詰まっていなくて、脚を残さず使い切ったら頭まであったと思います。

ただ、結局はそんな完璧にハマることなんて、なかなか無いんですけどね。

 

とりあえず、直線の長い高速馬場に出てきたら抑えておいた方がいいです。

いつか穴を開けることを期待しています。 

 

11着 アップクォーク △

2走前の準OPが高指数です。

今回それに似た高速馬場ということで抑えましたが、凡走でした。

2走前との違いは、スローの瞬発力勝負とは言え、今回の方が2走前より流れたということです。

今回は、2走前よりはレースが流れたことで、脚が溜まらなかったのが敗因です。

2走前はもっとスローでしたからね。

 

結局、どスローの瞬発力勝負がベストなんでしょう。

あとは、出遅れているので無理に前に行かずに、中段ぐらいでじっとしていれば、まだよかったですけどね。

出遅れたのにジリジリ上げたら当然脚は溜まりません。

 

総括 

上位2頭はスローの瞬発力勝負に利があった。

あとは、展開的には向かないはずのサトノフェイバーが、休みだけであれほど走れたことを評価したい。

 

今週は、このレース含め5レース中1レース的中。

週間では、1組5700円→7300円で、回収率128%

月間では、1組18600円→9820円で、回収率52%

年間では、1組61100円→98710円で、回収率161%

 

今月の14連敗はきつかったがなんとか止めることができてよかった。

ラスト1週で月間100%まで戻したいところ。

 

来週の予定

3/30(土)

ダービー卿チャレンジトロフィー 中山 GIII

3/31(日)

御堂筋ステークス 阪神 1600万

船橋ステークス  中山 1600万

大阪杯      阪神 GI

 

です。平日に一次予想を投稿します。 

 

ツイッターはこちらから。

http://twitter.com/K16005、アカウント名K1600

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

美浦ステークス 回顧

美浦ステークスの回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちら。 

keibashisuu.hateblo.jp

 

予想と結果

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

 

ジェシー

◯レーツェル

△クレッシェンドラヴ

△シンギュラリティ

△サンティー

 

馬連  ◎ー◯ 

馬単  ◎→4頭 

三連複 ◎ー◯ー3頭

三連単 ◎→◯→3頭

1組を1000円として購入

 

最終予想の意図

ジェシー

能力上位かつ成長中

◯レーツェル

成長中の無敗馬

 

そして結果が、

1着 クレッシェンドラヴ △

2着 シンギュラリティ  △

3着 サンティール    △

4着 ルーカス      無

5着 レーツェル     ◯

 

ということでハズレです。

 

レース回顧

まず今の馬場状態について。

 

先週は高速馬場でしたが、土曜日に降った雨の影響で今週はかなりタフな馬場でした。

ちょっと雨が降っただけでかなりタフになるほど馬場が変わりやすいですね今は。

 

レースラップは、

12.5 - 11.1 - 12.1 - 12.4 - 11.8 - 11.8 - 11.9 - 12.2 - 11.9 - 12.5

前半5Fー後半5Fが59.9ー60.3です。

数字的にはほぼevenです。

ただ、タフな2000m戦である上に、前半はかなり上り坂がありますから、実質ハイペースでしょう。

実際、離して逃げた3頭は潰れてしまいましたからね。

 

また、レースレベルは準OPとしては平均より少し高め。

勝ち馬のクレッシェンドラヴの指数は71です。

4着までは好走と言えるでしょう。

 

このレースで言えることは以下です。

・実質ハイペースでベストポジションは中団より後ろ。

・レベルは平均以上。

 

それでは1頭ごとの回顧を行なっていきます。

 

今回、馬券が外れた原因は、

・◎ジェシーが凡走

・◯レーツェルが凡走

 

ということでこれらの凡走理由を中心に書いていきます。

 

1着 クレッシェンドラヴ △ 

晩成タイプで指数上昇中であったこと。

タフな馬場があっていることから印を打ちました。

このタフな馬場で、能力を出し切っての好走です。

前3走がペースを引き締めてくれたのもよかったと思います。

 

2着 シンギュラリティ △ 

初の準OPで指数的には足りないですが、相手なりに走るので相手強化で指数も上昇させてくるので抑えました。

やはり、相手強化でパフォーマンスを上げてきて指数ベストを更新しました。

ただ、なかなか勝ちきれないので、上のクラスに行けないうちに、終わっちゃう可能性もありますね。

以外と重賞でも相手なりに走ったりするかも。

 

3着 サンティール △ 

ほぼ指数の範囲内の走り。

これまでは高速馬場での好走が目立ちましたが、今回のタフな馬場でもしっかり脚を貯めていつも通り走れていました。

 

4着 ルーカス 無  

今回は休み明けでどれほど走るか不透明でしたが、これぐらい走れれば、このクラスでやれる目処はついたかなと思います。

 

5着 レーツェル ◯

能力上昇分を考慮に入れて対抗にしました。

一応指数はベストを更新したのですが、思ったほど伸ばせませんでした。

4番手にいて展開的に厳しかったのもあると思います。

先行した中では唯一粘っていますから、成長分はあります。

 

9着 ジェシー ◎ 

タフな馬場は過去に走っているので問題はない。

今回はハイペースで潰れたということ。

完全に騎乗ミスのレース運びで馬場を読めていないとしか思えない。

あとは、もっとレース間隔を開けて走った方がいいというのもあっただろうか。

 

総括  

馬場的にもタフだし、展開的にもレースが流れてタフになった。

後方で脚を溜めて最後まで伸びることができた馬が上位に来れるレースとなった。

 

今週は、このレース含め5レース中1レース的中。

週間では、1組5700円→7300円で、回収率128%

月間では、1組18600円→9820円で、回収率52%

年間では、1組61100円→98710円で、回収率161%

 

今月の14連敗はきつかったがなんとか止めることができてよかった。

ラスト1週で月間100%まで戻したいところ。

 

来週の予定

3/30(土)

ダービー卿チャレンジトロフィー 中山 GIII

3/31(日)

御堂筋ステークス 阪神 1600万

船橋ステークス  中山 1600万

大阪杯      阪神 GI

 

です。平日に一次予想を投稿します。 

 

ツイッターはこちらから。

http://twitter.com/K16005、アカウント名K1600

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

淀屋橋ステークス 回顧

淀屋橋ステークスの回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちら。 

keibashisuu.hateblo.jp

 

予想と結果

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

 

◎メイショウカリン
△ブライティアレディ

△アッラサルーテ

△ワンアフター

△ミラアイトーン

 

馬連  ◎ー4頭     各100円

三連複 ◎ー4頭ー4頭 各100円

1組を1000円として購入

 

最終予想の意図

◎メイショウカリン

近3走安定傾向で軸向き

 

そして結果が、

1着 ミラアイトーン     △

2着 ラベンダーヴァレイ 無

3着 キアロスクーロ   無

4着 ワンアフター    △

5着 メイショウカリン    ◎

 

ということでハズレです。

 

レース回顧

まず今の馬場状態について。

 

先週はタフな馬場でしたが、今週は高速馬場に近い軽めの馬場でしたね。

最近は馬場がコロコロ変わるので、当該週のレースで確認しときましょう。

 

レースラップは、

12.2 - 10.8 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.8

前半3Fー後半3Fが34.2ー34.5です。

数字的にはほぼevenですが、短距離なのでこのラップだとややスローでしょう。

 

また、レースレベルは準OPとしては低め。

これはメンバーレベルから考えても妥当。

勝ち馬のミラアイトーンの指数は69です。

そして、2着以下は離されていますので、ミラアイトーン以外はかなりの低レベルです。

 

このレースで言えることは以下です。

・ややスローの先行有利

・レベルは低め

 

スローの先行有利なので前にいないと勝ち負けできません。

ただ、最前にいた3頭は大敗していますが、これらはシンプルに弱いだけです。

この3頭を無視すると、1着馬が一番前、2着馬が二番手ということになります。

そして、3着にはインを突いてきた馬が来ています。

すなわち、前にいるか、後方からでもインをつくかしないと勝ち負けできません。

後方から外を回していては物理的に届かないです。

 

それでは1頭ごとの回顧を行なっていきます。

 

今回、馬券が外れた原因は、

・印を打った馬たちが凡走した

と解釈します。

低レベルレースなので無印の2,3着馬が好走したとは考えません。

ということで印を打った馬の凡走理由を中心に書いていきます。

 

1着 ミラアイトーン △ 

前にいた3頭は弱いので無視すると、この馬が最前の絶好位にいたことになります。

そして、前走休み明けからの上積みもありますし、キャリアの浅さから指数を伸ばす余地もまだまだありました。

ということで、指数を伸ばしてきて自己ベストをマークしたので、この低レベルレースでは圧勝でしたね。

 

2着 ラベンダーヴァレイ 無 

前の3頭を無視すると実質2番手の好位を取れました。

それでも、大した指数ではないです。

他の印を打った馬が凡走して2着に繰り上がった感じ。

ただ、新人の岩田騎手はいい騎乗でした。

 

3着 キアロスクーロ 無 

この馬は最後方からイン突きを決めての3着です。

ただ、それでも前にいた2頭には届かない位置です。

そして指数はやはり平凡です。

 

そして、3着にこそ来ていますが、先行有利が分かりきっているので馬券的には買えないです。

このようなイン突きが決まることもありますが、期待値的には買わなくていいでしょう。

 

4着 ワンアフター △  

最後方から外を回して、4着までが精一杯という感じ。

最後は完全に脚を余してしまった。

もっと前で競馬しないと厳しい。

 

5着 メイショウカリン ◎ 

近4走で最低の指数。

安定感が売りだったのに、今回はだめだった。

敗因は、位置取りが後ろ目だったことだろう。

前が前が止まらなかったので位置取りがそのまま着順に直結した感じ。

 

ほぼ位置取りのせいと言えるが以下の可能性も少しはあるだろう。

 

安定していた馬がここまで凡走するとなると、状態落ちを疑う。

近3走が安定していたということは、逆にいうと近3走はほぼ全力を出し切ったと言える。

すなわち、準OPに上がって相手強化の中で、全力で3走消化した後で、お釣りがなかったのではないだろうか。

 

7着 アッラサルーテ △ 

全然走れなかった。

引退レースで−12kgの究極仕上げかと思ったが、別にそういう意図はなかったようだ。

むしろ、適正馬体重から逸れたぶん、走れる状態に無かった。

 

12着 ブライティアレディ △

直線最後方でレースに参加していなかった。

 

総括 

スローの先行有利で、位置取りと着順の相関が高いレースとなった。

印を打った馬は、ミラアイトーン以外好位を取れなかったのが厳しかったか。

 

今週は、このレース含め5レース中1レース的中。

週間では、1組5700円→7300円で、回収率128%

月間では、1組18600円→9820円で、回収率52%

年間では、1組61100円→98710円で、回収率161%

 

今月の14連敗はきつかったがなんとか止めることができてよかった。

ラスト1週で月間100%まで戻したいところ。

 

来週の予定

3/30(土)

ダービー卿チャレンジトロフィー 中山 GIII

3/31(日)

御堂筋ステークス 阪神 1600万

船橋ステークス  中山 1600万

大阪杯      阪神 GI

 

です。平日に一次予想を投稿します。 

 

ツイッターはこちらから。

http://twitter.com/K16005、アカウント名K1600

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280

日経賞 回顧

日経賞の回顧記事を書いていきます。

 

一次予想(全馬指数と全馬見解)はこちら。 

keibashisuu.hateblo.jp

 

予想と結果

さて、ツイッターhttp://twitter.com/K16005、アカウント名K1600)で公開した最終予想は以下でした。

 

◎エタリオウ

◯メイショウテッコン

▲ルックトゥワイス

△サクラアンプルール

 

馬単  ◎→3頭     3点各100円

三連単 ◎→3頭→3頭 6点各100円

1組を900円として購入

 

最終予想の意図

◎エタリオウ

能力が段違い

 

そして結果が、

1着 メイショウテッコン   ◯

2着 エタリオウ       ◎

3着 サクラアンプルール △

4着 ハッピーグリン   無

5着 ゴーフォザサミット 無

 

ということでハズレです。

 

レース回顧

まず今の馬場状態について。

当日の雨で稍重表記でした。

その結果、先週の高速馬場に比べるとタフな馬場になっていました。

 

レースラップは、

7.0 - 11.8 - 12.5 - 12.3 - 12.6 - 13.1 - 12.9 - 13.1 - 11.9 - 11.6 - 11.8 - 11.6 - 12.0

メイショウテッコンが逃げて、ドスローのラップを刻みました。

残り5Fでエタリオウに突かれたところで、抜かせまいとペースを上げていますので、ラスト5Fのロンスパ戦になっています。

 

これは、完全にキタサンブラックのときのようなレースですね。

 

また、レースレベルはGIIとしては、平均レベル。

勝ち馬のメイショウテッコンの指数は78です。

ただ、上位がバラバラに入線していますので、重賞レベルで戦えるのはせいぜい3着までぐらいですね。

 

このレースで言えることは以下です。

・どスローの5Fロンスパ戦

・上位はGII平均レベル

 

それでは1頭ごとの回顧を行なっていきます。

 

今回、馬券が外れた原因は、

・エタリオウがメイショウテッコンに負けたこと

ですので、この点について詳細に書いていきます。

 

1着 メイショウテッコン ◯

調教がめちゃくちゃよかったことと近2走は敗因がはっきりしていることもあり、指数を伸ばしてくるだろうと判断しました。

ただ、出遅れ癖もありますし、エタリオウとの力関係も考えた結果対抗となりました。

 

レースを振り返ると、スタートが決まり、どスローに落とすことができました。

そして、残り1000mまで誰もつついてくることはなく、つついてきたのはエタリオウとデムーロ騎手だけでした。

他の日本人騎手が武豊騎手の逃げに抵抗しないのはよくある光景ですね。

 

それは置いといて、エタリオウが突いてきた時点で、この馬が勝てる流れでした。

この馬は当然、瞬発力勝負よりスタミナを活かすロンスパ戦の方が向いていますので、エタリオウに突かれなくてもペースを上げたことでしょうが、どちらにせよこの馬のペースになるように武豊騎手がレースを支配していたということです。

 

瞬発力勝負に利があるエタリオウが早めに仕掛けてくれたら、当然抜かせるはずもありません。スタミナ比べならメイショウテッコンに利がありますからね。

そのように、得意のロンスパ戦に持ち込んで、エタリオウ含め後続を完封したということです。

 

結果、調教がよかったことと、レースを支配して最も力を出せるレースになったことで、指数ベストを4ポイント更新して、勝利できました。

 

2着 エタリオウ ◎ 

菊花賞の指数が79、圧倒的でした。

今回は休み明けの前哨戦で、調教もそこまでよかった訳ではないです。

ただ、ベストほど出せなくても、今回は能力が違うと判断し、頭固定の本命にしました。

結果、指数を落としての凡走でしたが、その理由は以下です。

 

・調教が良くはない

稍重のタフな馬場

これまでの好走は高速馬場のみだけだったので、今回はマイナスでした。

・ロンスパ戦

瞬発力勝負が得意な馬にとって、5Fロンスパ戦は向いていませんでした。

しかも、5Fロンスパ戦をこの馬自身が誘発しちゃってますからね。

ちょっとデムーロ騎手がこの馬を過信しすぎたというか、メイショウテッコンのスタミナを舐めすぎていたというか。

ただ、この馬が仕掛けなくてもメイショウテッコンは4Fロンスパ戦ぐらいは刻んだとは思いますが、その展開でキレでぶっさす競馬をした方がまだ分があったかなという印象です。

 

3着 サクラアンプルール △ 

近4走ベストタイの指数。

内枠を引いてロスのない競馬ができれば、近4走ベストタイほどは出せますね。

ただ、ここが限界。

全盛期(2017年札幌記念)ほどの能力はないです。

 

4着 ハッピーグリン 無  

指数の範囲内の走りです。

上位バラバラになっての入線ですので4着という着順に価値はないです。

 

5着 ゴーフォザサミット 無 

近4走ベストタイですがこんなもんです。

明け4歳なのに4走前と指数が変わらず成長は見せていません。

ただ、ハーツクライ産駒なのでまだまだ晩成という可能性もあるでしょう。

 

6着 ルックトゥワイス ▲ 

調教もよかったです。

今回、最後まで伸びていて、上がり2位で6着ですから、位置取りが後ろ過ぎたということです。

ロンスパ戦のスタミナ比べになって後方からでは分がないですね。

 

総括 

メイショウテッコンとエタリオウが逆になってしまって外れたんですけど。

その原因が、メイショウテッコンが好調教かつベストな展開。

エタリオウが調教が平凡かつ最も向かない展開になったということです。

 

調教はもちろん考慮して印を打ってますので、この調教の差でもエタリオウが勝ちきれると判断したのです。

ただ、展開面は、考えうる限り最悪の展開になってしましました。

 

ただ、この最悪の展開は

馬単  ◯→◎

三連単 ◯→◎→2頭

の300円を追加することでカバーできるので、予想できなければダメだったと思います。そこまで難易度の高い展開予想ではないですからね。

 

エタリオウを過信し過ぎてしまった結果、最悪の展開を想定するという考えにも至らなかったことを反省します。

人気馬は疑うことから始めなければいけませんね。

 

ということで、メイショウテッコン×武豊騎手が

キタサンブラックのようなラップを刻み後続を完封したというレースでした。

 

来週の予定

3/30(土)

ダービー卿チャレンジトロフィー 中山 GIII

3/31(日)

御堂筋ステークス 阪神 1600万

船橋ステークス  中山 1600万

大阪杯      阪神 GI

 

です。平日に一次予想を投稿します。 

 

ツイッターはこちらから。

http://twitter.com/K16005、アカウント名K1600

ブログランキングはこちら。

https://blog.with2.net/link/?1992280